宮城県ものづくり企業へ! AIで生産性大幅アップ、補助金でスムーズ導入

助成金、補助金、公的融資、etc.
この記事は約7分で読めます。

生産性向上やコスト削減は企業にとって大きな課題ですが、AI・IoTなどの先進技術の導入が有効な解決策となります。宮城県では、ものづくり中核企業のAI・IoT導入を後押しする補助金制度があり、積極的な活用が期待されています。この補助金制度の詳細について、ブログでご紹介します。

宮城県ものづくり中核企業AI・IoT先進技術導入補助金とは

manufacturing

宮城県ものづくり中核企業AI・IoT先進技術導入補助金は、宮城県が提供する補助金です。この補助金は、ものづくり中核企業の生産性向上や省力化を支援するため、AI・IoTなどの先進技術を導入する際の経費を補助するものです。

製造業を主な事業として営む中小企業や小規模企業で、宮城県に本店または主たる事業所を有している企業が対象です。また、地域未来牽引企業であり、一定基準の売上高を満たすことも要件の一つです。

補助金の目的は、AI・IoTなどの先進技術を利用して、生産現場の生産性向上や省力化を図ることです。具体的には、技術開発や導入によって生産効率を向上させる取り組みが求められます。また、宮城県内のIT関連企業との連携によるシステム開発も重視されます。

補助金の対象経費には以下のものが含まれます。

  1. AI・IoT技術の導入に必要な設備や機器
  2. 導入に伴う社内教育や研修費用
  3. システム開発や導入にかかる外部費用

補助率は、県内のIT関連企業と連携して実施する場合と県外のIT関連企業と連携して実施する場合で異なります。また、補助限度額は最低300万円から最大1000万円までの範囲で設定されています。

以上が宮城県ものづくり中核企業AI・IoT先進技術導入補助金の概要です。補助金の申請や相談には公募期間が設定されており、ナビットではサポートを行っています。興味のある方はぜひ申し込んでみましょう。

対象者と要件

manufacturing

宮城県ものづくり中核企業AI・IoT先進技術導入補助金の対象者となるためには、以下の要件を満たす必要があります。

対象者要件

対象となるのは、中小企業基本法(昭和38年法律第154号)に規定される中小企業者または小規模企業者です。具体的な要件は以下の通りです。

  1. 宮城県内に本店または主たる事業所を有すること:対象となる企業は、宮城県内に本店または主たる事業所を設置している必要があります。

  2. 製造業を主たる事業として営む者であり、宮城県内に生産拠点(工場等)を有すること:対象となる企業は、製造業を主たる事業として営んでおり、宮城県内に生産拠点を持っている必要があります。

  3. 地域未来牽引企業であること(経済産業大臣により選定されていること):対象となる企業は、経済産業大臣によって地域未来牽引企業として選定されている必要があります。

  4. その他知事が認める者であり、直近3期の決算で平均して売上高が5億円以上であること:対象となる企業は、知事が認めた中小企業者または小規模企業者であり、直近3期の決算で平均して売上高が5億円以上である必要があります。

※ 対象者要件の一部が変更となっていますので、詳細は公式ウェブサイトをご確認ください。

対象者要件を満たす中小企業者または小規模企業者の事業者が、補助金の交付対象となります。これにより、宮城県内のものづくり中核企業の生産現場において、AI・IoT先進技術の導入や開発が支援されます。

※知事が認める者の詳細は公式ウェブサイトの「補助金交付対象経費一覧表(別表第4条関係)」に掲げられています。

以上が、対象者と要件についての詳細です。次に、対象となる事業内容についてご説明します。

対象となる事業内容

manufacturing

本補助金の対象となる事業は、以下の要件を全て満たす必要があります:

  1. 生産現場の生産性向上や省力化: 生産現場の生産性を向上させるためには、AIやIoTなどの先進技術を活用した技術開発や導入が重要です。具体的には、技術開発や導入により生産効率を向上させることが求められます。

  2. 技術開発及び導入等: AIやIoTを活用したシステム開発や導入に取り組むことが対象です。また、宮城県内のIT関連企業(県内IT関連企業)と連携して実施することも要件とされています。

以下は、対象となる具体的な事業例です:

  • AI・IoTを活用した製品の品質不良分析
  • AI・IoTを活用した製品需要予測システムの構築および製造管理
  • AI・IoTを活用したロボットシステムの構築

生産現場の生産性を向上させるためには、AIやIoTなどの先進技術を活用した技術開発や導入が重要です。また、宮城県内のIT関連企業との連携も奨励されています。これらの要件を満たす事業に対して補助金が交付されます。

補助金の詳細や対象経費については、公式ウェブサイトをご確認ください。

補助対象経費の種類

technology

補助金の交付対象となる経費は、以下の種類が対象となります。

システム開発費

  • AI・IoTなどの先進技術を活用したシステムの開発に要する費用が補助対象となります。

機械装置費

  • 製造現場の生産性向上や省力化を目的とした機械装置の導入に要する費用が補助対象となります。

工具器具費

  • 生産現場における作業効率向上や品質管理を目的とした工具や器具の導入に要する費用が補助対象となります。

外注費

  • システム開発や製造作業の一部を外部の専門業者に委託する際の費用が補助対象となります。

技術指導受入費

  • AI・IoTなどの先進技術を導入する際に必要な技術指導を受けるための費用が補助対象となります。

人件費

  • 補助対象事業にかかる人件費が補助対象となります。これには技術者や作業員の給与や賞与、社会保険料などが含まれます。

その他の経費

  • 上記に該当しないが補助対象事業に直接関連する経費が補助対象となります。

なお、補助対象経費の詳細については、宮城県ものづくり中核企業AI・IoT先進技術導入補助金交付要綱の別表第4条関係をご確認ください。

補助金を受ける際には、上記の経費の取扱いに注意してください。補助金交付額が下限の300万円を下回った場合、経費の一部でも補助金は支払われませんので、経費の計画や管理には十分な留意が必要です。

補助率と補助限度額

technology

宮城県ものづくり中核企業AI・IoT先進技術導入補助金には、補助率と補助限度額の規定があります。このセクションでは、それらについて説明します。

補助率

補助金の申請において、AI・IoTを活用したシステム開発などを行う場合、県内のIT関連企業との連携か県外のIT関連企業との連携であるかによって、適用される補助率が異なります。

  • 県内IT関連企業との連携の場合:補助される経費のうち、最大で3分の2が補助されます。
  • 県外IT関連企業との連携の場合:補助される経費のうち、最大で2分の1が補助されます。

ただし、補助率が2/3の場合は、補助対象となる事業費は450万円以上必要です。また、補助率が1/2の場合は、補助対象となる事業費は600万円以上必要です。

補助限度額

補助金の交付においては、補助限度額の下限と上限が設定されています。

  • 下限:3,000千円
  • 上限:10,000千円

補助金の交付額は、補助率と補助対象となる経費に基づいて計算されますが、計算結果が3,000千円未満または10,000千円を超える場合でも、補助金は下限および上限内で支払われます。

以上が宮城県ものづくり中核企業AI・IoT先進技術導入補助金の補助率と補助限度額の概要です。効果的な取り組みを行うためには、経費の計画立案や申請手続きに留意する必要があります。

応募方法

募集期間内に、交付申請書と関係書類を宮城県経済商工観光部新産業振興課へ提出します。以下は、募集時期及び採択決定時期のスケジュールです。

募集時期:令和6年4月12日(金曜日)~令和6年6月28日(金曜日)
採択決定時期:令和6年7月下旬~8月上旬

まとめ

宮城県ものづくり中核企業AI・IoT先進技術導入補助金は、製造業を主とする中小企業や小規模企業を対象に、生産現場の生産性向上や省力化を図るために設けられた補助金制度です。AI・IoTなどの先進技術の導入や開発に要する経費の一部が補助されるため、地域の中核的なものづくり企業の競争力強化につながることが期待されます。補助金の活用には一定の要件がありますが、公募期間内に申請することで、優れたICT活用の取り組みを後押しすることができるでしょう。ものづくり企業の皆様におかれましては、ぜひこの補助金制度を活用して、宮城県内の産業振興に貢献していただければと思います。

よくある質問

補助金の対象となる企業は?

製造業を主たる事業として営む中小企業や小規模企業で、宮城県に本店または主たる事業所を有し、地域未来牽引企業に選定されており、直近3期の決算平均売上高が5億円以上の企業が対象となります。

補助金の対象となる事業内容は?

生産現場の生産性向上や省力化を目的とし、AIやIoTなどの先進技術を活用した技術開発や導入が対象となります。また、宮城県内のIT関連企業との連携で実施することも要件となっています。

補助対象となる経費の種類は?

システム開発費、機械装置費、工具器具費、外注費、技術指導受入費、人件費などが補助対象経費として認められます。ただし、詳細な取扱いについては公式ウェブサイトをご確認ください。

補助率と補助限度額はどのようになっているか?

補助率は、県内IT関連企業との連携の場合は最大3分の2、県外IT関連企業との連携の場合は最大2分の1となっています。補助限度額は300万円から1000万円の範囲で設定されています。


出典元:宮城県ものづくり中核企業AI・IoT先進技術導入補助金の募集について


スタッフ大募集しています⇩
アフィリエイター
営業スタッフ
ウェビナー講師
テレアポスタッフ
営業事務
社会保険労務士
中小企業診断士


コメント欄でやりとりしよう!

質問/相談/実例/感想/など何でもok!
グループで討論すれば定着率10倍!
人に教えると18倍!
(わかった)を(できた)に変えよう。
圧倒的な手数で圧倒的な成果を!

この記事で少しでもお役に立てたなら幸いです。
ご意見、ご感想など、ぜひお聞かせください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事を書いた人

ハイタッチ・マーケティングブログ編集責任者
AIマーケティングイノベーター
毎日4時間の勉強を続けるマーケティングオタク
趣味は東南アジア節約旅行

=============================================================
発行責任者:ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合
発行者住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿1-36-2 新宿第七葉山ビル3F
運営事務局:050-5536-6444
E-mail :info@hmllp.org
HP :https://www.hmllp.org/
取扱サービス
公式X(旧Twitter)
公式Facebookページ
公式Instagram
公式YouTubeチャンネル
公式TikTok
=============================================================


Copyright(C) ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合