京都の中小企業を力強く後押し! AI・IoTで生産性向上モデル創出支援事業補助金のすべて

助成金、補助金、公的融資、etc.
この記事は約6分で読めます。

生産性向上は企業にとって大きな課題です。京都府では、中小企業の生産性と付加価値の向上を支援するため、「生産性向上モデル創出支援事業補助金」を設けています。この補助金は、AI・IoT・ロボットなどのテクノロジーの導入を促進し、中小企業の成長と発展を後押しする取り組みです。今回は、この補助金の概要から申請手続き、審査基準まで詳しくご紹介します。

生産性向上モデル創出支援事業補助金とは

technology

生産性向上モデル創出支援事業補助金は、中小企業の生産性と付加価値の向上を支援する京都府の補助金です。この補助金は、AI・IoT・ロボットなどのテクノロジーの導入を促進することで、中小企業の成長と発展を支援する取り組みです。

目的

この補助金は、人口減少や国内市場の縮小といった課題に対応し、中小企業の生産性を高めるモデル事業の創出を目指しています。

対象企業

製品開発や生産、営業などの事業活動を行う拠点を有する中小企業が対象です。

補助内容

補助率は最大15%であり、補助金の上限額は1,500万円です。

応募要件

補助金を申請するためには、以下の要件を満たす必要があります。

  • AI・IoT・ロボットなどのテクノロジーの導入による生産性と付加価値の向上に取り組む中小企業であること
  • 京都府内に事業活動を行う拠点を有していること

申請方法

補助金の申請方法や詳細な内容については、京都府のホームページなどで確認することができます。また、申請に関する疑問や相談については、商工労働観光部ものづくり振興課に問い合わせることができます。

生産性向上モデル創出支援事業補助金は、中小企業の成長と発展を支援する重要な取り組みです。補助金の利用によって企業の生産性を向上させることができるため、興味のある方はぜひ申請を検討してみてください。

補助金の概要

technology

補助金についての概要を以下にまとめます。

補助金の目的

この補助金は、人口減少や国内市場の縮小に対応するため、モデル事業の支援を目的としています。主な目的は、企業の生産性を向上させ、競争力を強化することです。

補助金の対象事業

この補助金は、中小企業が対象となります。対象となるのは、AI・IoT・ロボット技術を活用して製品開発や生産、営業などの事業活動を行う企業です。これにより、生産性や付加価値が向上することが期待されます。

補助金の支給内容

補助金は最大1500万円まで支給されます。補助率は最大で15%となりますが、具体的な補助額は企業の取組内容によって異なります。

補助金の申請手続き

補助金の申請方法や必要書類については、問い合わせ先にお問い合わせください。申請期間は2024年3月25日から2024年5月17日までとなっています。

以上が、補助金の概要です。詳細な内容については、正式募集案内をご確認ください。

補助対象事業の類型

business

本補助金の対象となる事業は、以下の3つの類型に分けられます。

(1) 社内改善型

社内改善型の事業は、自社の経営課題の解決に向けた取り組みをモデル事業として実施します。具体的には、社内の業務プロセスや効率を改善するための取り組みや新しい働き方の導入などが含まれます。

(2) 特定業種アプローチ型

特定業種アプローチ型の事業は、特定の業種に特化した働き方改革や生産性向上の取り組みを行います。例えば、物流業界における物流効率の向上やIT技術の導入による業務効率化などが該当します。

(3) 他者支援型

他者支援型の事業は、自社や自団体が持つ技術や知識、労働力を活用して他者の課題解決に貢献するためのモデル事業です。例えば、地域の中小企業の生産性向上支援や新たなビジネスモデルの提案などが対象となります。

以上の3つの類型に該当する事業を実施し、生産性や付加価値の向上を図ることにより、補助金の支援を受けることができます。どの類型の事業を選択するかは、自社の課題や目標に合わせて検討しましょう。

応募要件と手続き

business

本事業への応募には、以下の要件を満たす必要があります。

応募要件

  • 本事業と同様の内容や経費の補助を、過去または現在、仙台市や他の公的機関から受けていないことが必要です。

提出書類

以下の書類の提出が必要です。

  1. 応募申込書(様式第2号):1部
  2. 企画提案書(様式第3号):1部
  3. 経費見積書(積算内訳を添付した任意の様式):1部
  4. 企画提案者の概要が分かる資料(会社案内など):1部
  5. 定款または寄付行為(法人格を有しない場合は運営規約など)の写し:1部
  6. 履歴事項全部証明書(商業・法人登記簿謄本など)の写し:1部
  7. 直近の決算書またはこれに類する書類:1部
  8. 仙台市税の滞納がないことの証明書(または、現在の主たる事業所所在市町村の市町村税の納税証明書):1部
  9. 納税証明書(法人税及び消費税・地方消費税について未納税額のないことの証明書):1部

提出期限と提出方法

  • 応募書類の提出期限は、令和6年5月17日(金曜日)17時までとなっています。
  • 郵送又は持参。

これらの要件を満たし、正確な書類を提出することで、本事業への応募が可能となります。提出期限や提出方法には厳守してください。

選考プロセスと審査基準

business

選考プロセスとしては、以下の手順で進められます。

書類審査による1次選考

・応募者が多数の場合には、まず書類審査が行われます。
・提出された応募書類や企画提案書などが審査され、一次選考のための受託候補者が選定されます。

プレゼンテーションによる2次選考

・1次選考を通過した受託候補者には、プレゼンテーションの機会が与えられます。
・プレゼンテーションによって、具体的な事業内容や提案の魅力、実現可能性などが評価されます。

審査会による最終選考

・プレゼンテーションを行った受託候補者の中から、審査会によって最終的な受託者が選ばれます。
・審査会では、応募内容の優秀さやビジネスの実現可能性、費用対効果などが総合的に評価されます。

審査基準としては、以下の要素が考慮されます。

  1. 提案の内容と魅力:受託候補者の事業提案の独創性や創造性、市場への適合性などが評価されます。
  2. 実現可能性:提案された事業の実現可能性や計画の具体性、適切なスケジュール・予算の設定などが評価されます。
  3. 事業計画の持続性:事業の持続的な発展や成長性、長期的なビジョンや戦略の有無が評価されます。
  4. 資金使途の適正性:提案された予算や経費の使途が適切かどうか、費用対効果が高いかどうかが評価されます。
  5. 経営実績と信頼性:事業者の経営実績や信頼性、過去の実績や実績の有無が評価されます。

以上の選考プロセスと審査基準を踏まえ、最終的な受託者が選定されます。選考結果については、令和6年1月18日(木曜日)に通知される予定です。

まとめ

生産性向上モデル創出支援事業補助金は、中小企業の生産性と競争力を高めることを目的とする重要な取り組みです。本補助金は、AI・IoT・ロボット技術の活用による生産性向上を支援し、企業の成長と発展を後押ししていきます。対象となる3つの事業類型から、自社の課題や目標に合ったモデル事業を選択し、応募要件を満たして申請することで、最大1500万円の補助金が得られる可能性があります。厳しい選考プロセスを経て最終受託者が決定されますが、事業の独創性や実現可能性、費用対効果などが高く評価された企業が選ばれることが期待されます。この補助金を活用することで、中小企業の生産性向上と新たなモデル事業の創造が進むことが期待されます。

よくある質問

補助金の対象企業はどのような企業ですか?

中小企業の中で、AI・IoT・ロボット技術を導入して製品開発や生産、営業などの事業活動を行う企業が対象となります。生産性や付加価値の向上を図る企業が補助金の申請対象です。

補助金の支給額はどのくらいですか?

補助金の支給額は、補助率が最大15%で上限が1,500万円となっています。実際の補助額は、企業の取り組み内容によって異なります。

補助金の申請にはどのような書類が必要ですか?

補助金の申請には、応募申込書、企画提案書、経費見積書、企業概要書、定款や登記簿謄本、決算書、納税証明書などの書類が必要です。期限と提出方法を確認しましょう。

補助金の選考プロセスはどのようになっていますか?

選考プロセスは、まず書類審査による1次選考、次にプレゼンテーションによる2次選考、そして最終的に審査会で受託者が決定されます。審査基準には提案内容の魅力や実現可能性、事業の持続性などが含まれます。


スタッフ大募集しています⇩
アフィリエイター
営業スタッフ
ウェビナー講師
テレアポスタッフ
営業事務
社会保険労務士
中小企業診断士


コメント欄でやりとりしよう!

質問/相談/実例/感想/など何でもok!
グループで討論すれば定着率10倍!
人に教えると18倍!
(わかった)を(できた)に変えよう。
圧倒的な手数で圧倒的な成果を!

この記事で少しでもお役に立てたなら幸いです。
ご意見、ご感想など、ぜひお聞かせください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事を書いた人

ハイタッチ・マーケティングブログ編集責任者
AIマーケティングイノベーター
毎日4時間の勉強を続けるマーケティングオタク
趣味は東南アジア節約旅行

=============================================================
発行責任者:ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合
発行者住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿1-36-2 新宿第七葉山ビル3F
運営事務局:050-5536-6444
E-mail :info@hmllp.org
HP :https://www.hmllp.org/
取扱サービス
公式X(旧Twitter)
公式Facebookページ
公式Instagram
公式YouTubeチャンネル
公式TikTok
=============================================================


Copyright(C) ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合