観光地の未来を守る!持続可能な観光促進への切り札「受入環境整備事業」

助成金、補助金、公的融資、etc.
この記事は約8分で読めます。

持続可能な観光は地域資源の保全と観光地の活性化を両立させるための重要な取り組みです。本ブログでは、持続可能な観光を実現するための国の支援事業である「受入環境整備事業」の概要、補助対象者と補助率、具体的な事業内容、申請手続きと審査基準について詳しく解説します。観光関係者の皆さまに有益な情報をお届けできれば幸いです。

持続可能な観光の意義と重要性

sustainable tourism

持続可能な観光の重要性とその意義について考えてみましょう。持続可能な観光は、現在世界中で注目されている課題であり、観光関係者が一丸となって取り組むべきものです。なぜなら、持続可能な観光はインバウンド旅行の回復や国内交流の促進を支え、我が国が魅力的な旅行先となるために不可欠な要素であるからです。

持続可能な観光の意義は、地域資源の保全・活用とオーバーツーリズムの未然防止にあります。観光地域には自然環境や文化など、その土地ならではの貴重な資源が存在します。これらを持続的に活用することは、地域の魅力を向上させるだけでなく、地域経済の振興にも繋がります。しかし、オーバーツーリズムが発生すると混雑やマナー違反などの問題が生じる可能性があります。そのため、持続可能な観光の推進は、こうした問題を未然に防ぐために非常に重要です。

持続可能な観光の推進には、観光庁が開発・公表した「日本版持続可能な観光ガイドライン(JSTS-D)」を活用することがあります。また、受入環境整備事業が行われています。この事業では、オーバーツーリズムの未然防止や地域資源の保全・活用に貢献するための整備が行われ、地域と旅行者の両方がメリットを享受できる持続可能な観光の推進が目指されています。

観光関係者が一体となって持続可能な観光の推進に取り組むことは、地域の魅力向上や観光業の発展につながります。さらに、持続可能な観光地を訪れる旅行者にとっても、より充実した旅行体験が得られ、魅力的な旅行先となるでしょう。持続可能な観光の重要性を理解し、具体的な取り組みを行うことは、地域の発展と持続可能な社会の実現に向けた重要な一歩です。

受入環境整備事業の概要

tourism

受入環境整備事業は、持続可能な観光の促進を目指して行われる観光庁の取り組みです。地域の受け入れ環境の整備やオーバーツーリズムの防止を支援することを目的としています。

この受入環境整備事業には、以下のような具体的な内容が含まれています:

地域における受入環境整備促進事業:

この事業では、地方公共団体、DMO(Destination Management Organization)、民間事業者などを対象に、観光の持続可能性を向上させるための受入環境整備を支援します。補助率は1/2または1/3であり、オーバーツーリズムの未然防止に資する受入環境整備には補助率2/3が適用されます。

インバウンド先進車両導入支援事業:

この事業では、地方公共団体を対象に、インバウンド旅行者の受入環境を向上させるための先進車両の導入をサポートします。補助率は1/2です。

インバウンド安全・安心対策推進事業:

この事業では、民間事業者、地方公共団体、DMOなどを対象に、気候変動や災害時における観光施設や医療機関の対応能力の強化を目指し、訪日外国人旅行者の安全と安心をサポートします。補助率は1/2であり、一部対象事業には上限500万円の補助もあります。

宿泊施設の受入環境整備:

この事業では、宿泊事業者を対象に、受入環境の整備を支援します。補助率は1/2であり、上限は500万円です。

以上が受入環境整備事業の概要です。この事業を通じて、持続可能な観光を実現するための受入環境の整備や安全・安心対策が推進されることになります。

補助対象者と補助率

tourism

本補助金は以下の対象者に補助を行います。

  • 地方公共団体
  • 観光地域づくり法人(DMO)
  • その他の持続可能な観光の促進に向けた受入環境整備事業を実施する者(民間事業者等)

補助対象事業者と整備計画策定者は必ずしも同一でなくても構いません。また、一つの計画申請において複数の補助対象事業者でも問題ありません。

補助率は補助対象経費の半分です。補助金交付後に発生した経費の50%が補助金として支給されます。ただし、国や他の団体からの既に受け取ることが確定している補助金、または交付の可能性がある場合は、基本的には補助金の対象外となります。

補助金クラウドは中小企業庁の経営革新等を支援する機関であり、補助金獲得支援も行っています。当機関では90%以上の採択率を誇っており、安心してご相談ください。

補助対象者と補助率の詳細については、補助金交付要領や補助金利用の流れの資料をご確認ください。必要な書類の作成や申請手続きについても、専門の担当者がサポートします。

持続可能な観光を促進し、観光地の受入環境を整備するため、補助金を有効に活用しましょう。

具体的な事業内容

tourism

当団体の具体的な事業内容は、地域観光新発見事業とインバウンド消費の拡大・質向上推進事業です。これらの事業を通じて、持続可能な観光の促進と地方への観光客誘致を目指しています。

地域観光新発見事業

地域観光新発見事業では、地方公共団体、DMO、民間事業者が協力し、地域の観光資源を活用した多様なコンテンツの創造と販路開拓、情報発信を行います。具体的な取り組みとして、以下の活動を行います:

  • 新たな観光コンテンツの創造と、事業終了後の販売開始
  • 既に構築された観光コンテンツの販売と情報発信の強化

インバウンド消費の拡大・質向上推進事業

インバウンド消費の拡大・質向上推進事業では、国・地方公共団体や民間企業の協力を得て、特別な体験やイベントの提供を支援します。具体的な取り組みとして、以下の活動を行います:

  • 観光資源を活用して、未公開や非混雑エリアでの特別な体験の提供
  • インバウンド規模3,000名以上の大規模な特別体験・イベントの開催
  • 高付加価値化のための高品質体験コンテンツの提供
  • 地方で実施されるコンテンツにおいては、地域の自然や文化を活かした地方プレミアム体験コンテンツの提供

以上が、当団体が実施する具体的な地域観光新発見事業とインバウンド消費の拡大・質向上推進事業の内容です。これらの事業を通じて、持続可能な観光の促進と地方への観光客誘致を目指しています。ご興味がある方はぜひご参加ください。

申請手続きと審査基準

tourism

申請手続きと審査基準について説明いたします。

申請手続きの流れ

  1. 整備計画を提出する前に、観光庁の外客受入担当参事官室に連絡する必要があります。
  2. 「整備計画」と「要望書」を提出します。
  3. 観光庁から計画認定の通知と補助金額の内示があります。
  4. 交付申請書を提出します。
  5. 交付決定通知書が交付されます。
  6. 完了実績報告書と自己評価を提出します。
  7. 補助金の額が確定した後、支払請求書を提出します。
  8. 支払いが行われます。
  9. 自己評価の提出が必要です。

詳細な申請手続きや必要書類については、観光庁のホームページをご参照ください。

応募期間は、令和6年4月26日(金)~令和6年6月21日(金)です。予算がなくなり次第、募集終了となりますので注意しましょう。

審査基準

申請された事業には以下の審査基準が適用されます。

  1. 補助対象事業
    – 持続可能な観光の促進に向けた受入環境整備の取り組み
    – 観光施設等における危機管理対応能力強化・訪日外国人患者の受入機能強化の取り組み
    – 滞在・移動空間の快適性や利便性の向上の取り組み

  2. 審査基準
    – 本事業の遂行に必要な経費として明確に特定できる使用目的
    – 補助金交付後に契約・発注により発生した経費
    – 契約・支払金額が証拠書類や見積書等によって確認できる経費

申請された事業が上記の審査基準を満たしている場合、補助金の交付が決定されます。申請者は審査基準に基づいて適切な事業計画を立案し、申請手続きを行う必要があります。

以上が申請手続きと審査基準の概要です。詳細な内容や注意事項については、観光庁のホームページをご参照ください。

まとめ

持続可能な観光の実現には、地域の受入環境の整備と、観光客の安全・安心の確保が重要です。本補助金事業は、地方自治体やDMO、民間事業者が一体となって取り組むことで、魅力的な観光地の形成と持続可能な地域づくりに寄与するものと期待されます。申請手続きや審査基準などを十分に理解し、計画的な事業実施に取り組むことが重要です。持続可能な観光の推進により、地域の活性化と観光産業の発展が期待できるでしょう。

よくある質問

持続可能な観光の重要性は何ですか?

持続可能な観光は、地域資源の保全・活用とオーバーツーリズムの未然防止に重要な役割を果たします。これは、地域の魅力向上や地域経済の振興につながり、旅行者にも充実した旅行体験をもたらします。持続可能な観光の推進は、地域の発展と持続可能な社会の実現に向けて重要な一歩となります。

受入環境整備事業にはどのような内容が含まれていますか?

受入環境整備事業には、地域における受入環境整備促進事業、インバウンド先進車両導入支援事業、インバウンド安全・安心対策推進事業、宿泊施設の受入環境整備などが含まれています。これらの事業を通じて、持続可能な観光を実現するための受入環境の整備や安全・安心対策が推進されます。

補助対象者と補助率はどのようになっていますか?

補助対象者は地方公共団体、観光地域づくり法人(DMO)、その他の持続可能な観光の促進に向けた受入環境整備事業を実施する者(民間事業者等)です。補助率は補助対象経費の半分で、補助金交付後に発生した経費の50%が支給されます。ただし、国や他の団体からの既に受け取ることが確定している補助金は対象外となります。

申請手続きと審査基準はどのようになっていますか?

申請手続きのフローには、整備計画の提出、観光庁からの計画認定と補助金額の内示、交付申請書の提出、補助金の支払いなどが含まれます。審査基準は、補助対象事業の適合性や経費の使途目的の明確性、証拠書類による確認可能性などが設定されています。申請者は審査基準に基づいて適切な事業計画を立案し、申請手続きを行う必要があります。


出典元:観光庁 令和6年度持続可能な観光の促進に向けた受入環境整備事業の公募を開始します


スタッフ大募集しています⇩
アフィリエイター
営業スタッフ
ウェビナー講師
テレアポスタッフ
営業事務
社会保険労務士
中小企業診断士


コメント欄でやりとりしよう!

質問/相談/実例/感想/など何でもok!
グループで討論すれば定着率10倍!
人に教えると18倍!
(わかった)を(できた)に変えよう。
圧倒的な手数で圧倒的な成果を!

この記事で少しでもお役に立てたなら幸いです。
ご意見、ご感想など、ぜひお聞かせください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事を書いた人

ハイタッチ・マーケティングブログ編集責任者
AIマーケティングイノベーター
毎日4時間の勉強を続けるマーケティングオタク
趣味は東南アジア節約旅行

=============================================================
発行責任者:ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合
発行者住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿1-36-2 新宿第七葉山ビル3F
運営事務局:050-5536-6444
E-mail :info@hmllp.org
HP :https://www.hmllp.org/
取扱サービス
公式X(旧Twitter)
公式Facebookページ
公式Instagram
公式YouTubeチャンネル
公式TikTok
=============================================================


Copyright(C) ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合