風評被害を克服!ブルーツーリズム推進支援事業の全貌を徹底解説

助成金、補助金、公的融資、etc.
この記事は約4分で読めます。

 

 

はじめに

「ブルーツーリズム推進支援事業」は、ALPS処理水の海洋放出をきっかけにした風評被害を軽減し、海の魅力を再発見し、国内外からの観光客を引き寄せることを目的としています。このブログでは、事業の概要から具体的な支援内容、対象地域に至るまで、詳細にわたって解説していきます。

事業の概要

tourism

目的と背景

この支援事業は、ALPS処理水の海洋放出に伴う風評対策として設けられました。目的は、海の魅力を活かしたブルーツーリズムを推進し、国内外からの誘客と観光客の定着を図ることにあります。

東日本大震災以降、被災地域では観光産業の再興が喫緊の課題となっています。特にALPS処理水の海洋放出決定は、新たな風評被害の原因となり得るため、この事業を通じて積極的な情報発信と魅力的な観光コンテンツの提供が期待されます。

支援内容と対象

支援内容は、海水浴場の受入環境整備、海の魅力を体験できるコンテンツ充実、海にフォーカスしたプロモーション、ブルーフラッグ認証取得支援など多岐に渡ります。

対象地域は、岩手県、宮城県、福島県および茨城県の市町村、観光協会、観光地域づくり法人(DMO)です。これらの地域では、ブルーツーリズムを通じて地域経済の活性化が期待されています。

支援対象事業の具体例

beach

海水浴場の受入環境整備

海水浴場の受入環境整備では、設備や施設の改修をサポートします。この取り組みにより、より多くの観光客が快適に海水浴を楽しめるようになります。

また、この整備を通じて、安全な海水浴環境の提供だけでなく、地域特有の魅力を活かした施設作りが期待されています。

海の魅力体験コンテンツの充実

ダイビングやシュノーケリング、カヤックといった海洋レジャー体験の充実をサポートします。これらの活動を通じて、海の楽しさを深く知る機会を提供します。

さらに、地域固有の海の文化や歴史を紹介するコンテンツの開発も支援の対象となります。これは、観光客にとって魅力的な体験となるでしょう。

期待される効果

tourism

観光客の増加

魅力的なブルーツーリズムの推進により、国内外からの観光客の増加が期待されます。特に、海洋活動を中心とした観光は、新たな顧客層の獲得に繋がるでしょう。

観光客の増加は、地域経済の活性化に直結します。宿泊施設や飲食店、土産物店など、地元産業にとって大きな利益となることが期待されます。

地域の魅力再発見

この事業を通じて、地域住民自身が改めて自地域の魅力に気づく機会となります。地元の自然や文化資源を再評価し、保全意識の高まりに繋がることが期待されます。

また、地域が一丸となってブルーツーリズムを推進することで、地域の連携と結束が強まると考えられます。

応募方法とスケジュール

schedule

公募期間と申請方法

応募期間は令和6年1月11日から令和6年3月8日までです。詳細な応募方法は、観光庁の公式ウェブサイトで確認することができます。申請に際しては、提出書類を整えることが重要です。

また、申請書の提出後、確認のために電話での連絡が求められる場合があります。提出期限に注意して、計画的に申請作業を進めましょう。

採択と実施スケジュール

公募締切後、審査を経て5月初旬に採択されたプロジェクトへの内定通知が行われます。その後、中旬に正式な交付決定と公表が予定されています。

実施期間は、交付決定後から令和7年3月21日までとなっており、計画的なプロジェクトの進行が求められます。事業完了後は、成果報告書の提出が必須となります。

課題と対策

ocean

風評被害への対応

ALPS処理水の海洋放出に伴う風評被害は、この事業の大きな課題です。積極的な情報発信と、科学的根拠に基づいた公正な情報提供が必要です。

また、地域住民や観光客との対話を通じて理解を深め、不安感を払拭することも重要です。信頼を築くことが、観光客の増加に直結します。

持続可能な観光の実現

ブルーツーリズムを推進する上で、環境との共生は重要なテーマです。海洋レジャー活動が自然環境に与える影響を最小限に抑える必要があります。

エコツーリズムの概念を取り入れ、自然保護に配慮したアクティビティの提供が求められるでしょう。観光と環境保全の両立をめざします。

まとめ

「ブルーツーリズム推進支援事業」は、海の魅力を再発見し、地域経済の活性化と風評被害への対策を意図しています。支援対象事業の具体例から期待される効果、応募方法と実施スケジュールまで幅広い取り組みがあります。

海を中心とした観光は、地域住民と観光客が共に楽しめる持続可能な産業となり得ます。この事業を通じて、新たなブルーツーリズムの形が形作られ、多くの人々に海の新しい魅力が伝わりますように。

 

よくある質問

Q1: 「ブルーツーリズム推進支援事業」の目的は何ですか?

A1: 「ブルーツーリズム推進支援事業」の目的は、ALPS処理水の海洋放出に伴う風評被害を軽減し、海の魅力を再発見し、国内外からの観光客を引き寄せることです。

Q2: どの地域が支援の対象ですか?

A2: 支援対象地域は岩手県、宮城県、福島県および茨城県の市町村、観光協会、観光地域づくり法人(DMO)です。

Q3: 具体的な支援内容は何ですか?

A3: 支援内容は海水浴場の受入環境整備、海の魅力を体験できるコンテンツ充実、海にフォーカスしたプロモーション、ブルーフラッグ認証取得支援など多岐にわたります。

Q4: どの期間に応募できますか?

A4: 応募期間は令和6年1月11日から令和6年3月8日までです。詳細な応募方法は、観光庁の公式ウェブサイトで確認することができます。


メール通知の配信を停止したい場合は、以下から解除手続きを行っていただけますと幸いです。


 


スタッフ大募集しています⇩
アフィリエイター
営業スタッフ
ウェビナー講師
テレアポスタッフ
営業事務
社会保険労務士
中小企業診断士


コメント欄でやりとりしよう!

質問/相談/実例/感想/など何でもok!
グループで討論すれば定着率10倍!
人に教えると18倍!
(わかった)を(できた)に変えよう。
圧倒的な手数で圧倒的な成果を!

この記事で少しでもお役に立てたなら幸いです。
ご意見、ご感想など、ぜひお聞かせください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事を書いた人

ハイタッチ・マーケティングブログ編集責任者
AIマーケティングイノベーター
毎日4時間の勉強を続けるマーケティングオタク
趣味は東南アジア節約旅行

=============================================================
発行責任者:ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合
発行者住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿1-36-2 新宿第七葉山ビル3F
運営事務局:050-5536-6444
E-mail :info@hmllp.org
HP :https://www.hmllp.org/
取扱サービス
公式X(旧Twitter)
公式YouTubeチャンネル
公式TikTok
=============================================================


Copyright(C) ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合