地方で夢を叶える!最新の移住支援と助成金を徹底解説

助成金、補助金、公的融資、etc.
この記事は約9分で読めます。

最近の地方移住の人気の高まりを受けて、本ブログでは地方での生活やビジネスチャンスについて詳しく解説します。都市部の喧騒から離れた地方ならではの魅力や、地方自治体による様々な移住支援策、起業を目指す際の支援制度などを紹介しています。地方移住に関心のある方は、本ブログを通して地方での新しい生活スタイルを見つけられるかもしれません。

1. はじめに

countryside

地方での起業や移住は、現代社会で注目されているテーマの一つです。都市部に比べて利点が多い地方での生活や起業に興味を持っている方も多いかもしれません。

1.1 地方での生活の魅力

地方での生活には多くの魅力があります。例えば、

  • 自然環境が豊かで、美しい景色を楽しむことができます。
  • 都市部に比べて低い生活費で暮らすことができます。
  • 地域の人々との交流が活発で、人間関係を築きやすいです。
  • 都会の喧騒から離れて、ゆったりとした暮らしを享受できます。

1.2 地方でのビジネスの可能性

地方での起業には、様々なビジネスの可能性があります。例えば、

  • 地域の特産品や観光資源を活かしたビジネスを展開することができます。
  • 地方のニーズや課題に対応したサービスを提供することができます。
  • 地域の産業を育てるために、新しい技術やアイデアをもたらすことができます。

地方での起業は、地域の発展に貢献するだけでなく、自身のビジネスを築くチャンスでもあります。地域の魅力やビジネスの可能性を探りながら、地方での新たなスタートを切ることをおすすめします。

2. 地方での生活のメリット

nature

落ち着いた自然環境での暮らし

地方での生活の最大の魅力は、自然環境が周囲に広がっていることです。都会では味わえないほどの自然があり、ゆったりとした暮らしを楽しむことができます。周りに虫や爬虫類が多いかもしれませんが、それは自然が豊かである証拠です。通勤ラッシュや夜間の騒音とは無縁で、夜は早く暗くなりますが、逆に美しい星空が広がります。日々の小さなストレスから解放され、生活だけでなく心の余裕も持つことができます

地域コミュニティの活発さ

地方では、昔ながらのご近所づきあいが根付いています。地域全体が家族のような関係で結ばれており、助け合うことが当たり前です。例えば、お互いに作った農作物を分け合ったり、子育てを手伝ってもらったりすることが普通です。生活面での支え合いにより、共に生活していくことが魅力です

低い物価と生活コストの抑えられ具合

地方では住居や地元の食材などの価格が安く、日々の生活コストを抑えることができます。特に、住居に関わる費用の差が顕著です。同じサイズの物件で比較すると、都市部と比べて約3分の1の費用になることもあります。最低賃金も都市部と比較すると低くなるため、贅沢な生活は送れないかもしれませんが、毎月の固定費が削減されることは大きな魅力です

地元の新鮮な食材の豊富さ

自然に囲まれた地方は、地元で採れる新鮮な野菜や海産物が豊富です。都市部では手に入りにくい希少な食材や高価なものも、地方では比較的手ごろな価格で手に入ります。また、地方ならではの伝統的な料理や味付けも楽しむことができ、料理や食材への新たな刺激も期待できます。

3. 地方への移住を支援する国の制度

rural

国が提供する支援制度を活用することは、地方への移住を検討する際におすすめです。首都圏から地方への移住を支援するため、国はさまざまな制度を設けています。以下では、国が提供する主な移住支援制度について紹介します。

A. 移住や起業の支援制度

国では、移住を希望する人や起業を考える人に対して、支援制度を実施しています。具体的な支援内容としては、移住後の生活を支えるための補助金や助成金があります。さらに、起業を希望する人には起業資金の一部を交付する支援制度もあります。

B. 住宅ローンの支援制度

地方での住宅購入を希望する人に対して、国は住宅ローンの支援制度を提供しています。この制度では、住宅ローンの金利補助や返済期間の延長など、住宅購入を支援するための措置があります。地方移住者の住宅購入をサポートし、地方での安定した生活を実現する手助けをしています。

C. 就職支援制度

地方で就職を希望する人にも、国では支援制度を提供しています。具体的な支援内容としては、地方の求人情報を提供するマッチングサイトや、就職活動に必要な費用の助成などがあります。これにより、地方での就職活動や転職を円滑に進めることができます。

D. 子育て支援制度

地方で子育てをする人にも、国は支援制度を提供しています。子供の教育や保育の費用を軽減するための補助金や助成金があります。また、地方自治体も子育て支援施設の整備や地域交流イベントの開催など、子育て環境の整備に力を入れています。

これらの支援制度を活用することで、地方での移住生活をスムーズにスタートすることができます。応募条件や支援金の金額は制度ごとに異なるため、具体的な情報は国のホームページや関連サイトを参考に確認しましょう。地方への移住を考えている方は、ぜひ国が提供する支援制度を積極的に活用してみてください。

4. 地方自治体による移住支援

housing

地方自治体では、地域の活性化や人口減少対策として、さまざまな移住支援制度を展開しています。以下に、地方自治体が行っている移住支援の一部を紹介します。

住宅支援

多くの自治体では、住宅支援を実施しています。具体的な支援内容としては、住宅建築費やリフォーム費用の補助金、賃貸住宅の家賃補助、空き家改修の奨励金などがあります。ただし、支援額や要件は地域によって異なるため、申請前に事前確認が必要です。

就職・起業支援

地方自治体では、就職や起業をサポートする制度も提供されています。求人情報の提供や就職激励金、起業支援金の交付など、さまざまな支援策が実施されています。特定の業種や職種への就職を促進する取り組みも行われています。

子育て支援

子育てを支援する制度も、地方自治体で取り組まれています。結婚祝金や子育て応援手当、保育料の補助などが提供されています。また、子育て施設の整備や充実を図るために、補助金や助成金が提供されている自治体もあります。

教育支援

地方自治体では、教育環境の充実や教育費の支援など、教育に関する支援も行っています。高校や大学への通学費補助や奨学金制度、学校施設の整備などが実施されています。地域の子どもたちの教育環境向上に力を入れている自治体も多いです。

地方自治体による移住支援制度は、地域の特性や課題に応じてさまざまな形で展開されています。移住を検討する際には、自身の目的や希望に合った支援制度を探し、詳細な情報を確認することが重要です。最新の情報は地域の担当窓口や公式ホームページから入手することをおすすめします。地方自治体の移住支援は、地域の活性化や新たな人材の確保にとって重要な役割を果たしています。

5. 起業を目指す人のための支援制度

startup

起業を目指す人にとって、費用の面での支援は非常に重要です。幸いにも、日本では様々な支援制度が存在しています。以下では、起業を目指す人のための主な支援制度を紹介します。

5.1 日本政策金融公庫の融資制度

日本政策金融公庫では、新しく事業を始める人を対象に融資を行っています。融資限度額は最大で7,200万円であり、その内訳は設備資金が3,600万円、運転資金が3,600万円です。返済期間は設備資金が最長20年、運転資金が最長7年となっており、元金の支払いを先延ばしにする措置期間も2年間あります。利率は基準利率が適用されますが、一定の条件を満たす場合は特別利率が適用されることもあります。

5.2 各地方自治体の支援制度

各地方自治体でも移住や起業を支援するための制度が設けられています。以下に、一部の自治体が提供している支援制度の例を挙げます。

5.2.1 愛知県「あいちスタートアップ創業支援事業費補助金」

  • 対象経費:人件費、設備費、原材料費、広報費など
  • 補助上限:200万円

5.2.2 千葉市「千葉市創業支援補助金」

  • 対象経費:創業時に必要な経費、事業活動に関わる経費など
  • 補助上限:30万円

各地方自治体が独自の支援制度を設けているため、起業や移住を検討している地域には特別な制度があるかどうかを確認することが重要です。

5.3 地方おこし協力隊

地方おこし協力隊は、移住によって地域を活性化させ、その地域への定住を目指す活動を行うための制度です。任命期間は1年以上3年以内であり、地方おこし協力隊に参加することで、起業や事業に関するノウハウを身につけることができます。また、ビジネスサポート事業などの支援や隊員OGやOBからのアドバイスも受けることができます。

5.4 中途採用等支援助成金(UIJターンコース)

中途採用等支援助成金は、東京圏からの移住者を雇い入れる事業者に対して助成金を支給する制度です。助成の対象となる経費には募集や採用パンフレットの作成費用や印刷費用、自社ホームページの作成費用、就職説明会や面接会の実施費用などが含まれます。助成額の上限は100万円までです。

5.5 フラット35・地方移住支援型

地方移住支援型の「フラット35」は、住宅ローン「フラット35」の借入金利を引き下げる制度です。移住先の自治体によって利用条件が異なり、当初5年間の金利が年0.3%引き下げられます。移住先の自治体が住宅金融支援機構と連携している場合に利用することができます。

5.6 マイホーム借上げ制度

移住・住みかえ支援機構(JTI)が提供するマイホーム借上げ制度では、JTIが自宅を借り上げて転貸し、賃料収入を保証してくれます。これにより、安定した収入を得ながら起業や住み替えの資金として活用することができます。

起業支援制度は他にも多数ありますので、個々の目的や条件に合わせて吟味し、最適な支援制度を活用することが重要です。費用を抑えながら起業の夢を実現するために、ぜひ支援制度を活用してみてください。

まとめ

地方での起業や移住は、魅力的な選択肢の一つです。自然に恵まれ、生活コストが抑えられ、地域コミュニティとの絆も深い地方の魅力は大きいでしょう。国や地方自治体が提供する様々な支援制度も、移住や起業を後押ししてくれます。移住や起業を検討する際は、自身の目的や希望に合った支援制度をしっかりと確認し、自己実現の機会として活用することをおすすめします。地方での新しい可能性を見出し、ワークライフバランスの良い豊かな生活を送ることができるかもしれません。

よくある質問

地方での生活の魅力はどのようなものがありますか?

地方での生活には、豊かな自然環境や低い生活コスト、地域コミュニティの活発さ、新鮮な地元食材の豊富さなど、多くの魅力があります。都会の喧騒から離れてゆったりとした暮らしを楽しめるだけでなく、地域の人々との強い絆も築くことができます。

地方への移住を支援する国の制度にはどのようなものがありますか?

国が提供する支援制度には、移住や起業に関する補助金や助成金、住宅ローンの金利補助、地方での就職活動支援、子育て支援など、多様な制度があります。これらの制度を活用することで、地方での移住生活をスムーズにスタートさせることができます。

地方自治体による移住支援にはどのようなものがありますか?

地方自治体では、住宅支援、就職・起業支援、子育て支援、教育支援など、さまざまな移住支援制度を展開しています。具体的には、住宅建築費の補助、求人情報の提供、起業支援金の交付、保育料の補助、学校施設の整備など、地域の特性に合わせた支援策が実施されています。

起業を目指す人にはどのような支援制度がありますか?

起業を目指す人向けの主な支援制度には、日本政策金融公庫の融資制度、地方自治体の創業支援補助金、地方おこし協力隊制度、中途採用等支援助成金、フラット35の地方移住支援型、マイホーム借上げ制度などがあります。これらの制度を活用することで、起業時の資金面での支援を受けられます。


スタッフ大募集しています⇩
アフィリエイター
営業スタッフ
ウェビナー講師
テレアポスタッフ
営業事務
社会保険労務士
中小企業診断士


コメント欄でやりとりしよう!

質問/相談/実例/感想/など何でもok!
グループで討論すれば定着率10倍!
人に教えると18倍!
(わかった)を(できた)に変えよう。
圧倒的な手数で圧倒的な成果を!

この記事で少しでもお役に立てたなら幸いです。
ご意見、ご感想など、ぜひお聞かせください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事を書いた人

ハイタッチ・マーケティングブログ編集責任者
AIマーケティングイノベーター
毎日4時間の勉強を続けるマーケティングオタク
趣味は東南アジア節約旅行

=============================================================
発行責任者:ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合
発行者住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿1-36-2 新宿第七葉山ビル3F
運営事務局:050-5536-6444
E-mail :info@hmllp.org
HP :https://www.hmllp.org/
取扱サービス
公式X(旧Twitter)
公式Facebookページ
公式Instagram
公式YouTubeチャンネル
公式TikTok
=============================================================


Copyright(C) ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合