価格設定とマーケティングの秘密: 最適な戦略でビジネスを成功へ導く

product(製品 or サービス)
この記事は約5分で読めます。





はじめに

価格設定とマーケティングはビジネスにおいて非常に重要な要素であり、製品やサービスの価格設定は顧客や競合、製品、流通、広告などの要素と整合的に行われなければなりません。この記事では、価格設定の方法やマーケティング戦略、消費者心理について解説していきます。

価格設定の方法

pricing

価格設定の方法には、コスト志向型価格設定法、需要志向型価格設定法、競争志向型価格設定法、心理的価格設定法があります。それぞれの方法で、消費者をターゲットにした戦略から、企業の利益最大化を追求するための戦略まで様々です。

コスト志向型価格設定法

コスト志向型価格設定法は、製造コストに利益幅を加えた価格を設定する方法です。コストプラス法やマークアップ法がこの方法に該当します。自動車関連や食品関連の製造メーカーがよく使う方法であり、費用が正確に計算されている場合に確実に一定の利益が得られるというメリットがあります。しかし、競合の価格が考慮されず、市場の需要と販売価格がマッチングしない可能性があるデメリットもあります。

例えば、製造コストが1000円の商品を、利益率30%を追求する場合、価格は1300円に設定することになります。この方法では、確実に利益を確保することができますが、競争が激しい市場では市場の動向を把握していないと、適切な価格設定ができないリスクがあります。

需要志向型価格設定法

需要志向型価格設定法は、消費者の需要と供給を要素として価格を設定する方法です。需要が高い商品やサービスでは、価格を高く設定しても消費者は購入する意欲があります。その一方で、需要が少ない商品やサービスでは、価格を低く設定しても消費者に魅力を感じさせる必要があります。

この方法のメリットは、価格と需要のバランスを考慮することで、売上高が最大化される可能性が高いことです。デメリットは、常に市場調査を行うことが必要であり、市場の変化に柔軟に対応しなければならないため、労力がかかる点です。

競争志向型価格設定法

競争志向型価格設定法は、競合他社の価格データを基準に自社製品の価格を意図的に低く設定する方法です。価格に敏感な顧客に対しては効果的ですが、競争が激しい場合や利益率が低下する可能性があるため、小さな小売店では維持が難しい戦略と言えます。

例えば、競合の製品が2500円で販売されている場合、自社の製品を2300円で販売することで、価格の違いで消費者の注目を集めることができます。しかし、利益率が低くなるため、購買セグメントや戦略をうまく使い分ける必要があります。

心理的価格設定法

心理的価格設定法は、消費者の心理を利用して価格を設定する方法です。一般的には、端数価格や名声価格法が該当します。これらの方法は、消費者の購買意欲を高めるだけでなく、価格競争を緩和する効果もあります。

例えば、商品価格が1999円の場合、2000円と見られることで消費者の購買意欲が下がる可能性があるため、端数である1999円に設定することで、価格の差を認識させにくくする効果があります。この方法は、特にBtoCのビジネスにおいて効果的です。

新製品のプライシング戦略

pricing strategy

新製品の投入時には、思い切った低価格や高い価格を設定することもあります。ペネトレーション・プライシングとスキミング・プライシングが主な戦略です。それぞれの戦略は、市場環境や企業の目標、競争相手の状況に応じて選ばれます。

ペネトレーション・プライシング

ペネトレーション・プライシングは、初期段階で低い価格を設定し、市場シェアを獲得する方法です。この戦術は来客数を増やすことや顧客情報を集めることに有効です。また、競合が少ない初期段階で低価格であれば、消費者が新製品に対して安心感を持つことができます。

例えば、スマートフォン市場では競争が激しいため、新製品を投入する際に低価格を設定し、市場シェアの獲得を目指す場合があります。しかし、価格設定があまりに低いと収益性が悪くなるため、適切なバランスが求められます。

スキミング・プライシング

スキミング・プライシングは、初期段階で高い価格を設定し、需要が高く競合が少ない間に収益を上げる方法です。革新的な製品や高品質な製品にこの戦略を適用することが多いです。高価格にもかかわらず、消費者がその商品の価値を認識できると、ブランドイメージが向上し、消費者のロイヤリティも高まります。

例えば、新しい技術を搭載した高級スマートフォンなどでは、その機能や性能をアピールし、高い価格を設定することで利益を最大化します。しかし、長期的には競合製品が登場したり、需要が減少したりすることに対応するために、価格を下げる戦略を適用することもあります。

BtoB企業と価格設定

pricing

BtoB企業において、価格設定は相手企業の経済合理性が基準となります。企業は稟議書にロジカルに顧客価値を説明できる価格設定が必要です。顧客価値を正しく計算するためには、営業効率化やコスト削減効果、利益創出効果などを考慮し、顧客価値を定量化することが重要です。

アライドアーキテクツの事例

アライドアーキテクツは、SaaS型プロダクツを提供しており、他社との価格競争に参加しないことで、年間平均契約金額を数倍にまで高めることができました。価格競争に参加することは、競合にリプレイスされやすい、顧客のコミットが下がる、利益を出しにくい体質になるなどのデメリットがあるため、アライドアーキテクツは価格競争を避けることを選択しました。

アライドアーキテクツの事例から学ぶことができるのは、価格設定は競争相手や顧客価値に応じて変えるべきであるということです。競争相手が多く、価格競争が激しい市場では、独自の価値提案を持ち、顧客価値を最大限に引き出すことが重要です。

まとめ

価格設定とマーケティングはビジネス成功の鍵となる要素であり、適切な戦略を選択することが重要です。本記事では、価格設定の方法や新製品のプライシング戦略、BtoB企業の事例を中心に解説しました。価格設定は、市場状況や競合状況、顧客価値を考慮して柔軟に対応することが求められます。適切な価格設定を行うことで、企業は利益の最大化、市場シェアの拡大、商品・サービスへの信頼獲得につなげることができます。


よくある質問

Q1: 価格設定において最も重要な要素は何ですか?

A1: 価格設定において最も重要な要素は、顧客や競合状況、製品やサービスの特徴、流通経路、広告などの要素との整合性です。

Q2: 価格設定の方法はどのように分類されますか?

A2: 価格設定の方法は、コスト志向型、需要志向型、競争志向型、心理的価格設定法の4つに分類されます。

Q3: ペネトレーション・プライシングとは何ですか?

A3: ペネトレーション・プライシングは、新製品の投入時に低価格を設定し、市場シェアを獲得する戦略です。

Q4: BtoB企業において価格設定する際に考慮すべき点はありますか?

A4: BtoB企業において価格設定する際には、相手企業の経済合理性や顧客価値を考慮し、顧客価値をロジカルに説明できる価格設定を行う必要があります。


メール通知の配信を停止したい場合は、以下から解除手続きを行っていただけますと幸いです。


 


スタッフ大募集しています⇩
アフィリエイター
営業スタッフ
ウェビナー講師
テレアポスタッフ
営業事務
社会保険労務士
中小企業診断士


コメント欄でやりとりしよう!

質問/相談/実例/感想/など何でもok!
グループで討論すれば定着率10倍!
人に教えると18倍!
(わかった)を(できた)に変えよう。
圧倒的な手数で圧倒的な成果を!

この記事で少しでもお役に立てたなら幸いです。
ご意見、ご感想など、ぜひお聞かせください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事を書いた人

ハイタッチ・マーケティングブログ編集責任者
AIマーケティングイノベーター
毎日4時間の勉強を続けるマーケティングオタク
趣味は東南アジア節約旅行

=============================================================
発行責任者:ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合
発行者住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿1-36-2 新宿第七葉山ビル3F
運営事務局:050-5536-6444
E-mail :info@hmllp.org
HP :https://www.hmllp.org/
取扱サービス
公式X(旧Twitter)
公式Facebookページ
公式Instagram
公式YouTubeチャンネル
公式TikTok
=============================================================


Copyright(C) ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合