秋田県の中小企業「ものづくり革新」を徹底サポート。最大800万円の補助金制度とは?

助成金、補助金、公的融資、etc.
この記事は約8分で読めます。

中小企業の皆様は、製造業の発展と競争力強化のため、大切な支援制度であるものづくり革新総合支援事業について知っておく必要があります。この事業では、中小企業が新商品開発や生産性向上、販路開拓などの取り組みに対して補助金が支給されます。今回のブログでは、この補助金制度の概要や対象者の条件、補助対象経費の種類などについて詳しく解説していきます。

ものづくり革新総合支援事業とは

manufacturing

ものづくり革新総合支援事業は、秋田県が実施している補助金制度です。この事業は、製造業の中小企業が競争力を高め、新たな価値を創造するための支援を目的としています。

ものづくり革新総合支援事業では、ハードウェアとソフトウェアの両面から支援が行われます。中小企業者が新商品の開発や生産、販路の拡大、生産方式の改善など、製造に関連するさまざまな活動に取り組む際に、補助金を提供します。

この事業では最大800万円の補助金が支給されます。さらに、経営革新計画やデジタル技術の活用など特定の条件を満たすと、補助金の上限額が追加されることもあります。

ものづくり革新総合支援事業に応募するには、事業計画の策定や目標の設定など一定の要件を満たす必要があります。事前相談シートの提出、書類審査、プレゼンテーションによる審査が行われます。

秋田県の製造業の発展を支える重要な取り組みであり、中小企業にとっては経営の強化や新たな事業展開の可能性を広げる貴重な機会となります。次のセクションでは、補助金の概要について詳しく説明します。

補助金の概要

business

補助金プログラムには、以下の特徴と条件があります。

補助率

  • 補助率は経費の2/3までです。つまり、経費の2/3を補助金として受け取ることができます。

補助上限額

  • 補助金の上限は1,000万円です。したがって、補助対象経費の総額が1,000万円を超えた場合でも、補助金の上限は1,000万円です。

補助下限額

  • 補助金の下限は200万円です。つまり、補助対象経費の総額が200万円未満の場合でも、最低でも200万円の補助金を受け取ることができます。

補助金の対象は、秋田県内に事業拠点を有し、かつ、1年以上の事業実績がある中小企業者です。

また、補助金の申請者は以下の条件を満たす必要があります。
– 3年~5年の事業計画を持っていること
– 付加価値額と給与支給総額の目標を設定していること

さらに、申請者は以下のいずれかの事業活動に従事している必要があります。
– 新商品の開発又は生産、販路の開拓
– 新たな生産方式の導入
– 改善指導等に基づく生産性の改善

事業の実施にあたっては、商工団体や金融機関等の支援機関からの協力や支援を受けることも求められます。

補助金の交付期間は、補助金交付決定から12か月です。

補助金の採択は、書類審査に加えて申請者によるプレゼンテーションも行われます。

補助金の申請に際しては、事前相談が必須であり、事前相談シートの提出が必要です。

補助金の申請には、申請書や事業計画書、財務諸表などの書類が必要となります。

補助金の対象経費には、機械装置・システム構築費、専門家経費、原材料費、外注費、知的財産権関連経費、販売促進費、研修・資格取得費、旅費、小規模改修費などが含まれます。それぞれの経費には上限額が設定されており、補助対象となる経費の総額の一部を上限とします。

補助金の募集は複数回行われます。

以上が補助金の概要です。詳細な情報や申請に関する手続きについては、秋田県の公式ホームページをご参照ください。

補助対象者と要件

business

補助対象者の条件

補助対象者とは、以下の条件をすべて満たす中小企業者です。

  • 県内に事業拠点を有し、かつ、県内で1年以上の事業実績がある中小企業者
  • 3年~5年の事業計画を策定していること

補助要件と目標設定

補助を受けるためには、以下の2つの経営指標の目標設定が必要です。

1. 付加価値額
– 営業利益、人件費及び減価償却費の合計額である付加価値額が、計画期間が終了するまでに、年率平均3%以上向上するような目標を設定

2. 給与支給総額
– 役員又は従業員に支払う給料、賃金及び賞与のほか、給与所得とされる手当の合計額である給与支給総額が、計画期間が終了するまでに、年率平均1.5%以上向上するような目標を設定

以下は、事業期間による経営指標の目標値の一例です。

  • 3年の場合: 付加価値額が9%以上、給与支給総額が4.5%以上
  • 4年の場合: 付加価値額が12%以上、給与支給総額が6%以上
  • 5年の場合: 付加価値額が15%以上、給与支給総額が7.5%以上

補助を受けるための要件

補助を受けるためには、以下の要件を満たす必要があります。

  • 製造にかかる事業活動に取り組むこと(新商品の開発又は生産、販路の開拓、新たな生産方式の導入、改善指導等に基づく生産性の改善)
  • 商工団体や金融機関等の支援機関から支援や協力を得られること
  • 秋田県内に所在する事業拠点において取り組むこと

以上の要件を満たす中小企業者は、補助対象者として申請することができます。申請の際には、事前相談が必須となっているので、事前に相談シートを提出してください。

補助対象経費の種類

business

補助対象となる経費は多岐にわたります。以下に主な種類をご紹介します。詳細は、募集要項をご確認ください。

機械装置・システム構築費(必須)

この費用は必須の項目であり、補助金の対象となります。機械装置やシステムの構築にかかる費用が含まれます。

専門家経費

専門家の助言やコンサルティングにかかる経費です。経営改善や技術導入に関して専門家のアドバイスを受けることで、効率的な経営や製造プロセスの改善が可能となります。

原材料費(※1)

製品の製造に使用する原材料の調達費用が含まれます。補助対象となる経費の総額の2分の1を上限とし、補助金は100万円までの範囲で支給されます。

外注費(※1)

製造プロセスの一部を外部の業者に委託する際にかかる費用が含まれます。補助対象となる経費の総額の2分の1を上限とし、補助金は100万円までの範囲で支給されます。

知的財産権等関連経費

知的財産権に関連する費用が含まれます。特許や商標の取得費用、ライセンス料などが該当します。知的財産権の取得や保護にかかる費用を補助することで、製品や技術の独自性を確保することができます。

販売促進費(※2)

製品の販売促進活動にかかる費用が含まれます。広告宣伝費やマーケティング活動に関連する経費を補助対象とします。補助対象経費の総額の5分の1を上限とします。

研修・資格等取得費

従業員の研修や資格取得に関する費用が含まれます。研修や資格取得により従業員のスキルアップや専門知識の習得を促進します。

旅費

事業活動に必要な出張や移動に関する費用が含まれます。出張手当、交通費、宿泊費などがこのカテゴリーに含まれます。

小規模改修費(※3)

製造プロセスや設備の改善に関する費用が含まれます。補助対象となる経費の総額の2分の1を上限とし、補助金は100万円までの範囲で支給されます。

以上が補助対象経費の主な種類です。経費の申告に際しては、各経費の上限や限度額に留意してください。

申請手続きと審査方法

business

申請手続きは以下のステップに従って進めてください。

事前相談の提出(必須)

申請前に必ず事前相談を行ってください。事前相談シート [13KB] を提出し、担当者と相談の日程を決めます。事前相談シートは随時受け付けていますので、早めに提出してください。

採択申請書類の提出

以下の書類を提出してください。

  • 採択申請書(様式第1号)
  • 事業計画書(様式第2号、別紙1~4)
  • 誓約書
  • 支援機関確認書
  • 直近3期分の財務諸表(貸借対照表、損益計算書、販売費及び一般管理費内訳書、製造原価報告書)
  • 現在事項全部証明書(個人の場合は住民票の写し)
  • 補助対象経費の積算根拠となる参考見積書
  • 会社案内等会社の概要がわかるもの

選考による審査

審査は書類審査のみで行われます。審査委員会が提出された申請書類を審査し、採択・交付の可否を決定します。審査結果は申請者全員に通知されます。

申請者への通知

採択が決定した事業に関する情報(法人番号、事業者名、事業実施場所など)は、ホームページ等で公表されます。

書類修正の連絡

申請内容に不備がある場合は、担当者から修正依頼の連絡があります。修正が必要な場合は、募集締切までに修正を行ってください。募集締切を過ぎて修正ができない場合、申請が受け付けられないことになりますのでご注意ください。

以上が申請手続きの流れです。申請者は事前相談を行い、正確な申請書類を準備することが重要です。また、申請書類の提出後は審査が行われ、採択された事業者には交付の通知があります。申請内容に不備がある場合は修正を行う必要がありますので、早めに対応するようにしてください。申請の成功をお祈りしています。

詳細な申請方法や提出が必要な書類については、募集要項を参照してください。申請手続きに関する詳しい情報は、秋田県のホームページ等で確認することができます。手続きの正確さと迅速な対応が求められるので、早めに準備を進めてください。申請の成功を心からお祈りしています。

まとめ

ものづくり革新総合支援事業は、秋田県の製造業中小企業の競争力を高め、新たな価値創造を支援する重要な取り組みです。最大800万円の補助金が提供され、新商品開発や販路拡大、生産性向上などに活用できます。補助対象者の要件や補助金の使途、申請手続きについて詳しく説明しましたが、事前相談の実施や財務諸表の提出など、申請には事前の準備が必要不可欠です。中小企業の皆さまには、この事業を最大限に活用して、ものづくりの革新と事業の飛躍的な発展を遂げていただきたいと思います。

よくある質問

ものづくり革新総合支援事業とはどのような事業ですか?

ものづくり革新総合支援事業は、秋田県が実施する補助金制度で、製造業の中小企業が競争力を高め、新たな価値を創造するためのものです。ハードウェアとソフトウェアの両面から支援が行われ、最大800万円の補助金が支給されます。

補助金の対象となる企業はどのような要件を満たす必要がありますか?

補助金の対象となるのは、秋田県内に事業拠点を有し、1年以上の事業実績がある中小企業者です。また、3年~5年の事業計画の策定と、付加価値額および給与支給総額の目標設定が求められます。

補助対象となる経費にはどのようなものがありますか?

主な補助対象経費には、機械装置・システム構築費、専門家経費、原材料費、外注費、知的財産権関連経費、販売促進費、研修・資格取得費、旅費、小規模改修費などが含まれます。それぞれに上限額が設定されています。

申請手続きと審査方法はどのようになっていますか?

申請には事前相談の提出が必須で、その後に採択申請書類を提出します。審査は書類審査のみで行われ、採択された事業者には交付の通知が来ます。申請内容に不備がある場合は修正依頼があるので、早めに対応する必要があります。

出典元:令和6年度ものづくり革新総合支援事業の募集について | 美の国あきたネット (akita.lg.jp)

 


メール通知の配信を停止したい場合は、以下から解除手続きを行っていただけますと幸いです。


 


スタッフ大募集しています⇩
アフィリエイター
営業スタッフ
ウェビナー講師
テレアポスタッフ
営業事務
社会保険労務士
中小企業診断士


コメント欄でやりとりしよう!

質問/相談/実例/感想/など何でもok!
グループで討論すれば定着率10倍!
人に教えると18倍!
(わかった)を(できた)に変えよう。
圧倒的な手数で圧倒的な成果を!

この記事で少しでもお役に立てたなら幸いです。
ご意見、ご感想など、ぜひお聞かせください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事を書いた人

ハイタッチ・マーケティングブログ編集責任者
AIマーケティングイノベーター
毎日4時間の勉強を続けるマーケティングオタク
趣味は東南アジア節約旅行

=============================================================
発行責任者:ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合
発行者住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿1-36-2 新宿第七葉山ビル3F
運営事務局:050-5536-6444
E-mail :info@hmllp.org
HP :https://www.hmllp.org/
取扱サービス
公式X(旧Twitter)
公式YouTubeチャンネル
公式TikTok
=============================================================


Copyright(C) ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合