訪日外国人の安全を守る「インバウンド安全・安心対策推進事業」の極意

助成金、補助金、公的融資、etc.
この記事は約8分で読めます。

訪日外国人旅行者にとって快適で安全な旅行環境を整備することは、日本の観光産業の発展に重要な課題です。本日は、観光庁が実施している「インバウンド安全・安心対策推進事業」について、事業の概要、補助対象者と補助率、重要性、具体的な取り組みなどについて詳しく解説します。この事業を活用することで、観光施設や医療機関がインバウンド対応を強化し、魅力的な観光地としての地位を確立することができます。

1. インバウンド安全・安心対策推進事業とは

tourism

インバウンド安全・安心対策推進事業は、訪日外国人旅行者が災害や緊急事態に遭遇しても安全で安心な旅行環境を提供するための取り組みです。この事業は、日本の観光庁によって実施されており、観光施設や医療機関の対応能力の向上が重要視されています。

この事業の目的は、気候変動による自然災害のリスクに対処することで、訪日外国人旅行者が安全かつ安心して日本を訪れることを可能にすることです。具体的な取り組みとして、観光施設や医療機関の避難所機能や多言語対応機能の強化、訪日外国人患者の受け入れ機能の強化、災害時の観光危機管理の強化などが行われます。

インバウンド安全・安心対策推進事業では、以下の4つの補助メニューが提供されています:
– 災害時の観光施設等における避難所機能の強化
– 災害時の観光施設等における多言語対応機能の強化
– 訪日外国人患者の受け入れ機能の強化
– 災害時などの観光危機管理の強化

これらの補助メニューには、補助率や補助上限額が設定されており、事業者は一部の費用を補助してもらうことができます。インバウンド安全・安心対策推進事業は、訪日外国人旅行者の滞在時間の延長や消費拡大を促進することを目指しています。

この事業への申請方法や期限は、観光庁のウェブサイトで確認することができます。観光施設や医療機関を運営する関係者は、ぜひこの機会に申請を検討してください。インバウンド安全・安心対策推進事業は、訪日外国人旅行者の安全と安心を確保するために非常に重要な取り組みです。

2. 補助対象者と補助率

tourism

インバウンド安全・安心対策推進事業の補助対象者には、以下のような方々が含まれます:

観光案内所や観光施設を設置・管理する者

インバウンド旅行者に対して観光案内や施設の提供を行っている方々です。

店舗や事業所を運営する者

観光地において店舗や事業所を経営している方々です。

病院や診療所を設置・管理する者(「〇訪日外国人患者受入機能の強化」を除く)

観光客の医療ニーズに応えるために、病院や診療所を運営している方々です。ただし、特定の受け入れ機能の強化に関しては除外されます。

地方自治体

地域の観光振興や安全対策に取り組む地方公共団体です。

補助対象となる具体的な取り組みとしては、以下のようなものがあります:

  1. 観光施設における感染症対策機器等の整備
  2. トイレの洋式化や清潔機能の向上のための設備整備
  3. 非接触式キャッシュレス決済環境の整備
  4. 混雑状況の「見える化」と推奨ルートの表示
  5. 災害時の観光施設における避難所機能の強化
  6. 多言語対応機能の整備(デジタルサイネージ、多言語案内・翻訳用タブレット端末など)
  7. 無料公衆無線LAN環境の整備
  8. スタッフの研修
  9. 観光危機管理計画の策定と訓練

補助対象経費の補助率は、補助対象経費の2分の1以内となります。ただし、「災害時等における観光危機管理の強化」については、補助対象経費の2分の1以内かつ上限500万円となります。補助対象経費は、設備の整備や改善に必要な費用が対象となりますが、宿泊施設や交通事業に関連する施設の整備は対象外となります。

補助金を利用することで、観光施設や観光案内所、医療機関などが訪日外国人旅行者の受け入れ環境を整備し、より安全で安心な訪日旅行を提供できるようになります。補助対象者は、積極的に補助金の申請を行い、自身の施設や事業所の受け入れ環境を向上させることをおすすめします。

3. インバウンド安全・安心対策の重要性

tourism

訪日外国人旅行者の数が増えている中、インバウンド安全・安心対策は非常に重要です。訪日外国人旅行者は、自分たちが日本を訪れる際に安全で快適な環境を求めています。そのため、各観光施設や医療機関は、非常時や災害時にも対応できる体制を整える必要があります。

インバウンド安全・安心対策の重要性は以下の点にあります:

1. 旅行者の安心感の向上

インバウンド安全・安心対策が充実していると、訪日外国人旅行者は安心感を得ることができます。災害時や非常時にも適切な対応が行われ、旅行者が安全に滞在できる環境を整備することで、彼らの訪日旅行の満足度が向上し、リピーターの増加につながるでしょう。

2. 滞在時間の延長

安全かつ安心な環境が整備されていると、訪日外国人旅行者はもっと長い期間日本を訪れることができます。滞在時間が延長することは、彼らが日本での買い物や観光などによる消費を増加させる要因となります。インバウンド安全・安心対策によって、訪日外国人旅行者の滞在時間を増やし、経済効果を最大化することができます。

3. 災害時のリスク軽減

日本では地震や台風などの自然災害が頻繁に起こります。訪日外国人旅行者が災害時に適切な支援を受けられる体制を整えることは、彼らの安全を確保するだけでなく、観光地のイメージアップにもつながります。災害時の観光危機管理を強化することは、インバウンド安全・安心対策の一部として重要な取り組みとなります。

4. 医療機関の受け入れ機能の充実

訪日外国人旅行者が病気や怪我をした場合、適切な医療サービスを受けることができる体制が必要です。医療機関は、訪日外国人患者の受け入れ機能を強化し、多言語対応や翻訳機の導入などを行うことで、旅行者が安心して日本を旅行することができる環境を整備する必要があります。

以上から、インバウンド安全・安心対策は、訪日外国人旅行者の増加に伴いますます重要性を増しています。彼らが快適で安全な環境で日本を訪れることができれば、日本観光産業の発展にも大いに貢献することができます。今後、各観光施設や医療機関は、さらなるインバウンド安全・安心対策の充実が求められるでしょう。

4. 補助対象となる具体的な取り組み

tourism

補助対象となる具体的な取り組みは、以下の項目が含まれています。

a. 観光施設等における感染症対策機器等の整備

感染症対策機器の導入は、赤外線サーモグラフィーや足踏み式手指消毒器、自動水洗式洗面器などを指します。さらに、トイレの改装や非接触式キャッシュレス決済環境の整備、混雑状況の「見える化」や推奨ルートの表示も行われます。

b. 災害時の観光施設等における避難所機能の強化

避難所機能の強化では、非常用電源装置の設置や情報端末への電源供給機器の導入、災害用トイレの設置、避難所機能に係る施設の整備や改良、案内標識や案内表示の整備が行われます。

c. 災害時・急病時の観光施設等における多言語対応機能の強化

多言語対応機能の強化では、多言語案内機能の整備や多言語対応の案内標識や掲示物・配布物、ホームページ、案内放送の整備が行われます。さらに、無料公衆無線LAN環境の整備やスタッフの多言語対応研修も実施されます。

d. 訪日外国人患者受入機能の強化

訪日外国人患者受入機能の強化では、多言語案内機能の整備や多言語対応の案内標識や掲示物・配布物、ホームページ、案内放送の整備が行われます。また、無料公衆無線LAN環境の整備やキャッシュレス決済環境の整備、スタッフの多言語対応研修も行われます。

e. 災害時等における観光危機管理の強化

観光危機管理の強化では、観光危機管理計画の策定や計画に基づく訓練の実施が行われます。

これらの具体的な取り組みにより、観光施設や医療機関の対応能力が向上し、訪日外国人旅行者の安全と安心を確保できます。また、災害時や急病時における対応や多言語対応の充実は、訪日旅行の滞在時間の延長や消費の拡大にもつながるでしょう。

5. 申請方法と期限

travel

申請方法

申請手続きの流れは以下の通りです。

  1. 観光庁のウェブサイトで、交付要綱・交付要領や事業概要などの詳細を確認します。

  2. 必要な書類を用意し、最寄りの地方運輸局に提出します。同じ設置主体が複数の施設に応募する場合は、それぞれの施設ごとに事業計画書を作成し、提出してください。また、同じ設置主体が複数の整備事業に応募する場合は、それぞれの事業ごとに事業計画書を作成し、提出してください。

申請期限

申請期限は以下の通りです。

  • 応募受付期間: 令和6年2月14日(水)から令和6年9月27日(金)の17時まで
  • 交付結果通知: 通知は原則として、申請月の翌月末までに行います。

なお、申請締切日は毎月末となっていますので、お早めにお申し込みください。ただし、予算が枯渇した場合には、予告なく応募を終了することがありますので、ご注意ください。

以上が申請方法と期限に関する情報です。詳細な手続きや必要な書類については、観光庁のウェブサイトをご確認ください。

まとめ

インバウンド安全・安心対策推進事業は、訪日外国人旅行者の安全と安心を確保するためのきわめて重要な取り組みです。各観光施設や医療機関は、感染症対策や災害時の対応力を高め、多言語対応の充実を図ることで、より安全で快適な旅行環境を実現することができます。補助金を活用し、施設の受け入れ機能を強化することで、訪日外国人旅行者の滞在時間の延長や消費拡大につなげることが期待されています。観光事業者や地方自治体は、この機会を積極的に活用し、インバウンド安全・安心対策の推進に尽力しましょう。

よくある質問

インバウンド安全・安心対策推進事業の目的は何ですか?

この事業の目的は、気候変動による自然災害のリスクに対処することで、訪日外国人旅行者が安全かつ安心して日本を訪れることを可能にすることです。具体的な取り組みとして、観光施設や医療機関の避難所機能や多言語対応機能の強化、訪日外国人患者の受け入れ機能の強化、災害時の観光危機管理の強化などが行われます。

補助対象者と補助率はどのようになっていますか?

補助対象者には、観光案内所や観光施設を設置・管理する者、店舗や事業所を運営する者、病院や診療所を設置・管理する者、地方自治体が含まれます。補助対象経費の補助率は、補助対象経費の2分の1以内となります。ただし、「災害時等における観光危機管理の強化」については、上限500万円となります。

なぜインバウンド安全・安心対策が重要なのですか?

インバウンド安全・安心対策は、旅行者の安心感の向上、滞在時間の延長、災害時のリスク軽減、医療機関の受け入れ機能の充実などの点で非常に重要です。訪日外国人旅行者が快適で安全な環境で日本を訪れられるよう、各観光施設や医療機関は、さらなる対策の充実が求められます。

申請方法と期限はどのようになっていますか?

申請手続きの流れは、観光庁のウェブサイトで交付要綱・交付要領や事業概要などの詳細を確認し、必要な書類を用意して最寄りの地方運輸局に提出することです。応募受付期間は令和6年2月14日から令和6年9月27日の17時まで、交付結果の通知は原則として申請月の翌月末までに行われます。

出典元:令和5年度補正予算事業「インバウンド安全・安心対策推進事業」の公募を開始します | 2024年 | 公募情報 | 観光庁 (mlit.go.jp)


スタッフ大募集しています⇩
アフィリエイター
営業スタッフ
ウェビナー講師
テレアポスタッフ
営業事務
社会保険労務士
中小企業診断士


コメント欄でやりとりしよう!

質問/相談/実例/感想/など何でもok!
グループで討論すれば定着率10倍!
人に教えると18倍!
(わかった)を(できた)に変えよう。
圧倒的な手数で圧倒的な成果を!

この記事で少しでもお役に立てたなら幸いです。
ご意見、ご感想など、ぜひお聞かせください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事を書いた人

ハイタッチ・マーケティングブログ編集責任者
AIマーケティングイノベーター
毎日4時間の勉強を続けるマーケティングオタク
趣味は東南アジア節約旅行

=============================================================
発行責任者:ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合
発行者住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿1-36-2 新宿第七葉山ビル3F
運営事務局:050-5536-6444
E-mail :info@hmllp.org
HP :https://www.hmllp.org/
取扱サービス
公式X(旧Twitter)
公式Facebookページ
公式Instagram
公式YouTubeチャンネル
公式TikTok
=============================================================


Copyright(C) ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合