石川県「賃上げに向けた省力化投資支援事業補助金」開始!中小企業の成長をサポート

助成金、補助金、公的融資、etc.
この記事は約7分で読めます。

石川県では、中小企業や小規模事業者の生産性向上や収益力強化を支援する「賃上げに向けた省力化投資支援事業補助金」の公募が始まります。この取り組みを通じて、地域の経済活性化を目指す企業に向けて貴重なサポートが提供されます。本記事では、この補助金の概要から具体的な申請方法、注意点まで詳しく解説します。ぜひ、補助金を活用してビジネスの成長を図りたい方は参考にしてください。これからの一歩を踏み出すために必要な情報をしっかりと確認しましょう。

石川県省力化投資支援事業補助金の概要

business

石川県では、「賃上げに向けた省力化投資支援事業補助金」の公募が行われています。この補助金は、生産性向上や収益力強化に繋がる取組を行う中小企業や小規模事業者を支援することを目的としています。

この補助金の概要は以下のとおりです。

公募期間

2024年5月13日~2024年6月20日

補助金の最大額

300万円

対象となる事業

生産性向上や収益力強化を図る取組が対象となります。

対象となる経費

補助金の範囲内で以下の経費が対象となります。
– 機械装置・システム構築費
– 技術導入費
– 専門家経費
– 運搬費
– クラウドサービス利用費
– 原材料費
– 外注費
– 知的財産権取得費

補助対象者の要件

石川県内に本社又は主たる事業場を有する中小企業者又は小規模企業者・小規模事業者であることが補助対象者の要件となります。また、令和6年1月1日から補助対象期間終了までの間に、賃金引上げ要件を満たすことも求められます。さらに、事業者全体の付加価値額を年平均3%以上増加させる計画も必要です。

ナビットでは、この補助金の相談や申請サポートを行っています。興味のある方はぜひお申し込みください。詳細な情報はこちらからご覧いただけます。

公募期間について

funding

石川県省力化投資支援事業補助金の公募期間は、2024年5月13日から2024年6月20日までです。この期間内に申請を行うことができます。公募の開始日と終了日をよく確認し、申請の手続きを行いましょう。

公募期間は約1か月間設定されており、補助金を受けるために必要な書類や条件を準備するには十分な時間です。公募開始から終了までの間に、補助金に関する相談や申請サポートを受けることも可能です。

公募期間中に申請を行うためには、必要な書類や条件について詳しく調査し、準備を進めることが重要です。また、公募期間内であっても、早めに申請手続きを行うことをおすすめします。公募期間終了直前になると、申請の混雑や書類不備による手続きの遅延などのリスクがあります。

公募期間については、石川県産業創出支援機構の公式ウェブサイトや担当部署にお問い合わせすることで正確な情報を入手することができます。公募期間に関する最新の情報を把握し、補助金を受けるためのスケジュールを立てましょう。

公募期間に注意しながら、補助金の申請準備を進めましょう。補助金の給付を受けるためには、公募期間内に適切な手続きを行うことが必要です。

補助対象者の要件

business

補助金を受けるには、以下の要件を全て満たす必要があります。

対象者要件

  • 石川県内に本社または主たる事業場を有する中小企業者または小規模企業者・小規模事業者であること。

賃金引上げ要件

  • 令和6年1月1日から補助対象期間終了(令和7年1月31日)までの間に、任意の連続する2か月間における、それぞれの月の一人当たり平均給与支給額を、前年の同期間と比較して4%以上増加させること。
  • 申請時に「誓約・同意書」を提出し、事業終了後の実績報告時には「賃金引上げを証明する書類」を提出する必要があります。
  • ※令和5年12月以前に賃金引上げを行った場合でも、令和6年1月1日から補助対象期間終了(最長令和7年1月31日)までの間に賃金引き上げが行われていなければ要件を満たしたことにはなりません。

付加価値額要件

  • 補助事業終了後3年間で、事業者全体の付加価値額を年平均3%以上増加させる計画とすること。
  • 商工会・商工会議所などの認定経営革新機関に相談し、事業計画策定支援を受けてください。

※要件を満たすためには、申請書類や提出書類に注意が必要です。詳細は募集要領をご確認ください。

補助対象事業の内容

business

補助対象の事業は、以下の条件を満たす必要があります。

持続的な賃上げや付加価値の拡大に向けた取り組み

補助対象事業は、持続的な賃上げや付加価値の拡大に貢献する必要があります。具体的な例として、生産性向上や収益力強化のための取り組みが該当します。例えば、AI搭載の自動ロボットアームを導入して、生産プロセスを省力化することがあります。

商工会・商工会議所、認定経営革新機関のサポートを受ける事業

補助対象事業は、商工会・商工会議所、または認定経営革新機関のサポートを受けながら取り組む必要があります。これにより、事業計画の策定や助言を受けることができるため、より効果的な取り組みが可能となります。

以上が、補助対象事業の内容です。補助を受けるには、上記の要件を満たす必要があります。詳細な内容や申請方法については、募集要領をご確認ください。また、商工会・商工会議所や認定経営革新機関に相談し、事業計画の策定支援を受けることもおすすめです。

申請方法と注意点

business

申請方法と注意点について詳しく説明します。石川県省力化投資支援事業補助金の申請方法は、電子申請と電子メール+郵送の2つの方法があります。以下、それぞれの方法について説明します。

電子申請

電子申請は、デジタル庁の電子申請システム「jGrants(Jグランツ)」を使用して行います。申請手続きは以下の通りです。

  1. 「jGrants(Jグランツ)」のWEBページにアクセスします。URLは【https://www.jgrants-portal.go.jp/】です。
  2. 対象の補助金「賃上げに向けた省力化投資支援事業補助金」を選択します。
  3. 必要な情報や書類を入力・アップロードします。
  4. 提出します。

なお、電子申請には「GビズID」の取得が必要です。GビズIDの詳細は、【https://gbiz-id.go.jp/top/】を参照してください。取得には2~3週間ほどの時間がかかるため、余裕を持って準備してください。

電子メール+郵送

電子メール+郵送でも申請が可能です。手順は以下の通りです。

  1. 提出書類をエクセル・PDFファイルに変換し、[tinginup@isico.or.jp]宛に電子メールで送信します。
  2. 交付申請書(第1号様式)には、「代表者印」を押印し、宣誓・同意書(第1号様式別紙2)には、代表者が自署で記入したものを郵送にて提出します。

申請期限に注意し、必要な書類を正確に提出してください。

注意点

以下の注意点に留意してください。

  • 電子申請では、事前にGビズIDの取得が必要です。
  • 電子申請・電子メール+郵送いずれの方法でも、提出書類や申請書の記入内容が正確であることを確認してください。
  • 電子メール+郵送の場合は、提出書類に必要事項を漏れなく記入し、「代表者印」を押印した上で、宣誓・同意書を自署で記入し郵送してください。

詳細な申請方法と注意事項は、募集要領や様式を確認してください。疑問点や問い合わせがある場合は、公益財団法人石川県産業創出支援機構の担当部署までご連絡ください。

【問い合わせ先】
– 公益財団法人石川県産業創出支援機構
– 部署:成長プロジェクト推進部 新商品・サービス開発支援課
– 住所:金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館2階
– 郵便番号:920-8203
– TEL:076-267-5551

以上が申請方法と注意点に関する説明です。申請する際には、手続きや書類の提出に十分な注意を払い、要件を満たすようにしてください。

まとめ

この記事では、石川県省力化投資支援事業補助金の概要や公募期間、補助対象者の要件、補助対象事業の内容、申請方法や注意点について詳しく説明しました。石川県内の中小企業や小規模事業者を対象にしたこの補助金は、生産性向上や収益力強化に向けた取り組みを支援しています。補助金を受けるためには、公募期間内に適切な申請手続きを行い、必要な要件を満たすことが重要です。疑問点や問い合わせがある場合は、石川県産業創出支援機構にご連絡ください。補助金を活用して事業の発展に向けた一歩を踏み出しましょう。

よくある質問

Q1. 補助金の申請期間はいつまでですか?

A1. 石川県省力化投資支援事業補助金の申請期間は2024年5月13日から2024年6月20日までです。

Q2. 補助金の最大額はいくらですか?

A2. 補助金の最大額は300万円です。

Q3. 補助金を受けるための要件は何ですか?

A3. 補助金を受けるための要件は以下の通りです。
– 石川県内に本社または主たる事業場を有する中小企業者または小規模企業者・小規模事業者であること。
– 令和6年1月1日から補助対象期間終了までの間に、任意の連続する2か月間における月の一人当たり平均給与支給額を、前年の同期間と比較して4%以上増加させること。
– 補助事業終了後3年間で、事業者全体の付加価値額を年平均3%以上増加させる計画とすること。

Q4. 補助対象の経費はどのようなものですか?

A4. 補助金の範囲内で以下の経費が対象となります。
– 機械装置・システム構築費
– 技術導入費
– 専門家経費
– 運搬費
– クラウドサービス利用費
– 原材料費
– 外注費
– 知的財産権取得費

出典元:賃上げに向けた省力化投資支援事業補助金(締切:R6.6.20 16時) – DGnet – 公益財団法人石川県産業創出支援機構(ISICO)ホームページ


メール通知の配信を停止したい場合は、以下から解除手続きを行っていただけますと幸いです。


 


スタッフ大募集しています⇩
アフィリエイター
営業スタッフ
ウェビナー講師
テレアポスタッフ
営業事務
社会保険労務士
中小企業診断士


コメント欄でやりとりしよう!

質問/相談/実例/感想/など何でもok!
グループで討論すれば定着率10倍!
人に教えると18倍!
(わかった)を(できた)に変えよう。
圧倒的な手数で圧倒的な成果を!

この記事で少しでもお役に立てたなら幸いです。
ご意見、ご感想など、ぜひお聞かせください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事を書いた人

ハイタッチ・マーケティングブログ編集責任者
AIマーケティングイノベーター
毎日4時間の勉強を続けるマーケティングオタク
趣味は東南アジア節約旅行

=============================================================
発行責任者:ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合
発行者住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿1-36-2 新宿第七葉山ビル3F
運営事務局:050-5536-6444
E-mail :info@hmllp.org
HP :https://www.hmllp.org/
取扱サービス
公式X(旧Twitter)
公式YouTubeチャンネル
公式TikTok
=============================================================


Copyright(C) ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合