東京の中小企業を強くする「明日にチャレンジ中小企業基盤強化事業助成金」2次公募スタート!

助成金、補助金、公的融資、etc.
この記事は約8分で読めます。

中小企業の皆様へ、東京都から提供される「明日にチャレンジ中小企業基盤強化事業助成金」についてご紹介します。この助成金は、中小企業の技術開発や経営基盤の強化を支援するために設けられた制度です。対象となる事業者の要件や助成対象となる取り組み、助成金の上限額と助成率、申請手続きと募集スケジュールなど、詳細な情報を以下でご確認ください。

明日にチャレンジ中小企業基盤強化事業助成金とは

business

「明日にチャレンジ中小企業基盤強化事業助成金」とは、東京都が中小企業の技術開発や経営基盤強化を支援するために設けた助成金です。

この助成金は、中小企業を対象にしており、製造業を営んでいる事業者に向けて提供されます。助成されるのは、技術開発に必要な経費の一部です。

中小企業の技術開発や経営基盤の強化を支援

明日にチャレンジ中小企業基盤強化事業助成金の目的は、企業の技術や経営基盤を強化し、都内産業の振興に貢献することです。具体的には、以下のような取り組みが助成対象となっています。

  • 新たな技術の研究開発
  • 生産販売体制の改善
  • 経営改革

中小企業はこの助成金を活用することで、技術やサービスの高度化を図ることができます。明日に向けたチャレンジをサポートするための助成金ですので、是非活用してみてください。

申請手続きと詳細情報の確認

申請にあたっては、助成対象事業者であることや助成要件を満たしていることが必要です。また、助成対象期間や申請書類提出期間なども注意が必要です。

「明日にチャレンジ中小企業基盤強化事業助成金」の公募や審査は、東京都中小企業団体中央会が行っています。公募要領や助成内容、取り組み事例などの情報も提供されていますので、詳細を確認しておくことをおすすめします。

対象事業者の要件

business

「明日にチャレンジ中小企業基盤強化事業助成金」の対象となる事業者は、以下の要件を満たす必要があります。

技術的課題の解決があること

助成を受ける事業者は、自社の技術的課題の解決を目指している必要があります。自社の技術やサービスを高度化・高付加価値化するために、技術開発に取り組む意欲が求められます。

自社における技術開発等であること

助成を受ける事業は、自社が開発した技術や提供するサービスの高度化・高付加価値化に向けた取り組みである必要があります。自社の技術やサービスをさらに向上させるための技術開発が行われていることが重要です。

最終消費者に直接提供されないこと

助成を受ける事業は、最終消費者に直接提供される製品やサービスには関わらないことが求められます。助成金を利用して、最終消費者に直接販売するために完成した機器や装置の開発に取り組んでいる事業者は対象外です。

実施場所が特定の地域に所在すること

助成を受ける事業の実施場所は、自社または東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県、栃木県、茨城県、山梨県のいずれかに所在する自社工場である必要があります。これらの地域に所在する自社工場で技術開発などの取り組みが行われている事業者が対象です。

以上の要件を満たす事業者が、「明日にチャレンジ中小企業基盤強化事業助成金」の対象となります。ただし、助成対象期間内に発生する経費のみが助成対象となりますので、ご注意ください。

助成対象となる取組みの種類

technology

助成対象となる取組みは以下のようになります。

薄型化・小型化に向けた加工技術の精度向上を図る取組

この取組では、薄型化や小型化を実現するために加工技術の精度向上が重要です。例えば、繊細な切削加工や精密な組立作業に取り組むことで、製品のサイズを小さくすることが可能です。

生産ラインの見直しを図り、短納期化や低コスト化を実現する取組

この取組では、製造工程や生産ラインの見直しによって生産効率の向上を目指します。例えば、生産プロセスの合理化や工程の最適化を行うことで、製品の生産性を高めることができます。また、短納期化や低コスト化も実現できるでしょう。

受発注を可視化するシステムの構築により、顧客対応力を向上させる取組

この取組では、受発注を可視化するシステムの構築が重要です。受注管理システムや在庫管理システムの導入によって、受発注の効率化や顧客サービスの向上が可能となります。

外部の技術指導を受けてサービス提供能力を向上させる取組

この取組では、外部からの技術指導を受けることで、自社のサービス提供能力を向上させることが求められます。専門家やコンサルタントからの技術指導を活用することで、新たな知識や技術を導入することができます。これにより、サービスの品質や付加価値を向上させることができます。

以上が助成対象となる取組みの種類です。これらの取組みを実施することで、自社の技術・サービスの高度化や高付加価値化を図ることができます。

助成金の上限額と助成率

finance

助成金の上限額と助成率は、明日にチャレンジ中小企業基盤強化事業助成金の特徴的な要素の一つです。助成金の額や助成率は、中小企業の技術・経営基盤の強化を図るための取組に応じて設定されています。

助成上限額は、小規模企業区分と一般区分で異なります。小規模企業区分の場合、助成上限額は1,000万円までとなっており、助成対象経費の3分の2以内が助成されます。一方、一般区分の場合、助成上限額は2,000万円までとなっており、同様に助成対象経費の3分の2以内が助成されます。

助成率は、助成対象経費の一部を助成する割合を示します。助成率は2/3であり、助成対象経費の3分の2を助成することになります。助成率が高いため、中小企業が自社の技術・サービスの高度化・高付加価値化に向けて取り組みやすくなっています。

助成金の上限額や助成率は、中小企業の経営状況や取組内容に応じて設定されています。助成金を活用する際には、助成上限額や助成率を考慮して計画を立てることが重要です。助成金の上限額を超えないようにしながら、助成率を最大限に活用することで、効果的な投資ができるでしょう。

助成金の上限額と助成率は、中小企業の技術・経営基盤の強化を支援するために設けられた制度です。助成金の活用により、中小企業が競争力を向上させることが期待されます。助成金の上限額や助成率に注目しながら、自社のニーズに合った助成金を選ぶことが成功への一歩となるでしょう。

助成金の上限額と助成率に関する詳細な情報は、公募資料や公募時期を確認することで得ることができます。助成金を活用する際には、令和6年度の募集スケジュールに注意しながら、申請手続きを進めていくことが重要です。助成金の上限額と助成率を最大限に活用し、中小企業の成長をサポートする取組に挑戦しましょう。

申請手続きと申請書類の提出期間

business

申請手続きと募集スケジュールについて説明します。

申請書類の入手方法

申請書類は、東京都中小企業団体中央会ホームページのサイドメニュー「明日にチャレンジ中小企業基盤強化事業(外部サイトへリンク)」から様式をダウンロードすることができます。申請書作成のポイントや記載例も参考にしてください。

申請方法

申請書類は、提出期間内に記録が残る簡易書留などの方法で郵送してください。持参や普通郵便、宅配便、ファクス、Eメールなどでの提出は受け付けていませんのでご注意ください。

申請書類の提出期間

申請書類の提出期間は、令和6年6月3日(月曜日)から7月5日(金曜日)までとなっています。当日消印があれば有効ですので、期間内にしっかりと提出してください。

申請書類提出先及び問い合わせ先

申請書類は、東京都中小企業団体中央会支援事務局に郵送してください。申請書類提出先及び問い合わせ先は下記の通りです。

東京都中小企業団体中央会 支援事務局
〒104-0061 東京都中央区銀座2-10-18 東京都中小企業会館6階
電話:03-6278-7936
ファクス:03-6278-7545

申請手続きについてのポイントは以下の通りです:
– 審査基準を網羅的に説明し、審査員にアピールすること
– 計画書のフォーマットに沿って計画を策定すること
– 面接審査も考慮し、事業計画書を作成すること
– 業界の専門用語などを避け、わかりやすく申請書を記入すること

申請を考えている方は、信頼できる補助金の専門家に依頼することをお勧めします。

申請にあたっては、経営改善に繋がる支援であるため、高採択率(明日にチャレンジ中小企業基盤強化事業の採択率は60%)が期待できます。ただし、必ずしもすべての申請が採択されるわけではありませんので、不採択時には次回の申請までしっかりとサポートを受けることができます。

まとめ

「明日にチャレンジ中小企業基盤強化事業助成金」は、中小企業の技術開発や経営基盤強化を支援するための重要な制度です。助成金の上限額や助成率が企業規模に応じて設定されており、幅広い中小企業が活用できるのが特徴です。申請に際しては、厳密な要件を満たす必要がありますが、専門家のサポートを得ることで申請が容易になります。また、採択率が高いことから、技術開発や生産性向上に意欲的な中小企業にとって魅力的な助成金制度といえます。この助成金を活用し、中小企業の更なる発展が期待されます。

よくある質問

助成金の対象となる事業者はどのような要件を満たす必要がありますか?

対象事業者は、自社の技術的課題を解決することを目的とした取り組みを行っている必要があります。また、取り組みが自社の技術やサービスの高度化・高付加価値化に向けたものである必要があります。さらに、最終消費者に直接提供される製品やサービスには関係していないことや、東京圏の工場で取り組みを実施していることが要件となります。

助成金の上限額と助成率はどのようになっていますか?

助成金の上限額は、小規模企業が1,000万円まで、一般企業が2,000万円までとなっています。助成率は助成対象経費の3分の2以内で、中小企業の技術・経営基盤の強化を支援するために設けられた制度です。

申請手続きはどのように行えばよいですか?

申請書類はオンラインからダウンロードできます。提出は記録が残る簡易書留などの方法で郵送する必要があり、期間は毎年6月3日から7月5日までとなっています。申請にあたっては、審査基準を意識し、わかりやすい計画書を作成することが重要です。

募集スケジュールはどのようになっていますか?

助成金の募集は年2回行われており、第1回は3月から4月、第2回は年度後半に実施されます。次回の申請受付は2024年6月~7月です。高い採択率が期待できますが、不採択の場合でも次回の申請に向けたサポートが受けられます。

出典元:明日にチャレンジ中小企業基盤強化事業助成金|東京都 (tokyo.lg.jp)

 


メール通知の配信を停止したい場合は、以下から解除手続きを行っていただけますと幸いです。


 


スタッフ大募集しています⇩
アフィリエイター
営業スタッフ
ウェビナー講師
テレアポスタッフ
営業事務
社会保険労務士
中小企業診断士


コメント欄でやりとりしよう!

質問/相談/実例/感想/など何でもok!
グループで討論すれば定着率10倍!
人に教えると18倍!
(わかった)を(できた)に変えよう。
圧倒的な手数で圧倒的な成果を!

この記事で少しでもお役に立てたなら幸いです。
ご意見、ご感想など、ぜひお聞かせください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事を書いた人

ハイタッチ・マーケティングブログ編集責任者
AIマーケティングイノベーター
毎日4時間の勉強を続けるマーケティングオタク
趣味は東南アジア節約旅行

=============================================================
発行責任者:ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合
発行者住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿1-36-2 新宿第七葉山ビル3F
運営事務局:050-5536-6444
E-mail :info@hmllp.org
HP :https://www.hmllp.org/
取扱サービス
公式X(旧Twitter)
公式YouTubeチャンネル
公式TikTok
=============================================================


Copyright(C) ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合