経産省の省エネ支援事業費補助金を賢く活用する5つのポイント

助成金、補助金、公的融資、etc.
この記事は約8分で読めます。

近年のエネルギー価格高騰を受け、企業の省エネルギー対策への関心が高まっています。そこで今回は、政府による省エネ支援策の一つである「省エネ補助金」について詳しく解説したブログを紹介します。補助金の概要から申請方法、具体的な活用事例まで幅広く取り上げており、省エネ投資を検討している企業の方々にとって参考になる情報が満載です。

省エネ補助金とは?

energy

省エネ補助金は、エネルギー消費を削減するための事業者支援策です。この補助金は、高効率な設備や機器の導入を促進し、エネルギー価格上昇に対抗することで、経費削減と生産性向上を目指します。

省エネ補助金の活用により、事業者は持続可能な経営を実現できます。具体的には、省エネルギー対策の推進や需要構造の変革を支援し、エネルギー効率の向上と経費削減を実現できます。

省エネ補助金の申請方法は、SII(Sustainable Innovation Initiative)のツールやプログラムを活用することが推奨されています。申請に必要な書類と手続きに関しては、SIIのウェブサイトから確認できます。

また、省エネ補助金の活用事例として、既存設備の更新や化石燃料から電気や低炭素燃料への転換が挙げられます。これらの設備更新により、省エネルギーへの投資や需要構造変革を支援できます。

まとめると、省エネ補助金は、事業者がエネルギー消費量を削減するための財政支援策です。事業者はこの補助金を活用して、経費削減と生産性向上を達成できます。具体的な申請方法や詳細な情報については、SIIのウェブサイトや関連の公募説明会で確認してください。省エネ設備の更新を検討している事業者の方々は、ぜひこの補助金の活用を検討してください。

省エネ補助金の活用事例

energy

省エネ補助金を活用する際の事例をいくつかご紹介します。工場や事業場における設備の更新や転換など、さまざまな活用方法があります。

既存設備の更新

省エネ補助金を利用して、既存の設備をエネルギー消費効率の高いものに更新することができます。例えば、古いボイラーを高効率なものに入れ替えることで、エネルギーの無駄を削減し、コスト削減と環境負荷の低減を実現できます。

化石燃料からの転換

補助金を活用して、化石燃料を電気や低炭素燃料に転換する設備更新も可能です。例えば、石油ボイラーを電気ボイラーやバイオマスボイラーに転換することで、二酸化炭素の排出削減と環境に優しい施設にすることができます。

産業ヒートポンプの導入

産業ヒートポンプの導入も省エネ補助金を利用する事例の一つです。産業ヒートポンプは、工場や事業場での熱の利用効率を高めるために使用される設備です。ヒートポンプを利用して余熱を再利用することで、エネルギーの有効活用ができます。

高効率コージェネレーションの導入

高効率コージェネレーションの導入も省エネ補助金を活用した事例の一つです。高効率コージェネレーションは、同時に電力と熱を生み出す設備であり、エネルギーの二次利用を可能にします。製造工程で発生する熱を利用して発電することで、電力と熱の両方を効率よく利用することができます。

これらの事例は省エネ補助金を活用することで、省エネルギー化を進めることができます。特に、中・大規模な省エネ設備の更新を検討している工場や事業場にとっては、省エネ投資を軽減する大きな支援となります。エネルギー効率の向上とコスト削減を目指し、補助金の活用を検討してみましょう。

公募期間と申請方法

energy

次に、省エネ補助金の公募期間と申請方法について詳しく見ていきましょう。

公募期間

省エネ補助金の公募期間は以下の通りです。

  • 2024年5月27日(月)~7月1日(月)

申請書類の提出は必着となっているため、締め切りに注意しましょう。

申請方法

省エネ補助金の申請方法は以下の手順で行います。

  1. SIIホームページから実施計画書などの書類をダウンロードし、申請書類を作成します。
  2. SIIホームページでアカウントを登録します。
  3. メールで通知されたURLを使い、補助事業ポータルにログインします。
  4. 補助事業ポータルに必要な情報を入力します。
  5. 申請書類を出力してファイリングし、SIIに郵送します。

申請手続きをスムーズに進めるためには、ホームページでのアカウント作成は余裕を持って行いましょう。

また、特に注意が必要なのは、申請書類の提出が必着となっているため、期限を守って郵送することです。

申請者の方々が円滑に手続きを進めるために、補助金申請に関するサポートやアドバイスも提供しているので、お気軽にご相談ください。

これらの公募期間と申請方法について心に留めておくことで、省エネ補助金の申請手続きをスムーズに進めることができます。

補助対象となる設備

energy

省エネルギー投資促進・需要構造転換支援事業では、経済産業省が特定の設備の導入に対して補助金を提供しています。補助対象となる設備は以下のようになっています。

設備単位型

補助対象設備の一つは、エネルギー消費効率等の基準を満たすユーティリティ設備・生産設備の導入です。具体的な補助対象設備や基準は、経済産業省のホームページで確認できます。補助金申請時には、導入する設備の情報や省エネルギー化の計画を提出する必要があります。

以下は、補助対象設備の一例です。
– 高効率モーター
– 高効率モーター制御装置
– 熱効率の高いボイラー
– 省エネ型製造装置

エネルギー需要最適化型

補助対象設備のもう一つは、経済産業省が公表したエネルギーマネジメントシステム(EMS)の導入です。EMSを活用することで、より効果的な省エネルギー化とエネルギー需要の最適化が実現できます。エネルギー需要最適化型を単独で申請する場合は、「省エネルギー投資促進・需要構造転換支援事業費補助金」に申請する必要があります。

エネルギー需要最適化型では、以下の費用が補助の対象となります。
– 設備費
– 設計費
– 工事費

以上が省エネ補助金の補助対象となる設備の概要です。各補助対象設備には条件や基準が設けられており、補助金を申請する際にはこれらを満たしていることが求められます。詳細な内容や申請要件については、経済産業省のホームページや補助金の公募要項をご参照ください。

令和6年度補正予算における省エネ支援策の概要

energy

令和6年度補正予算では、省エネ支援策が実施されています。以下では、具体的な支援策について詳しく説明します。

先進事業

先進事業では、省エネ取組に基づくエネルギー管理システム(EMS)制御や高効率設備の導入、運用改善などを支援しています。この支援策では、エネマネ事業者との共同計画が必要であり、中小企業と大企業で異なる補助率と上限額が設けられています。

  • 中小企業の補助率: 2/3以下
  • 大企業の補助率: 1/2以下
  • 補助金の上限額: 15億円(非化石転換設備の場合は20億円)

オーダーメイド型事業

オーダーメイド型事業では、個別設計が必要な省エネ設備の導入やプロセス改修などを支援しています。中小企業と大企業で補助率と投資回収年による補助率の差があり、以下のようになっています。

  • 中小企業の補助率: 1/2以下(投資回収年が7年未満の場合は1/3以下)
  • 大企業の補助率: 1/3以下(投資回収年が7年未満の場合は1/4以下)
  • 補助金の上限額: 15億円(非化石転換設備の場合は20億円)

電化・脱炭素燃転型

化石燃料から電気への転換や、より低炭素な燃料への転換等、電化や脱炭素目的の燃料転換を伴う設備等の導入を支援しています。対象設備は、SIIが予め定めたエネルギー消費効率等の基準を満たし、補助対象設備として登録及び公表した以下の指定設備から選択になります。

  1. 産業ヒートポンプ
  2. 業務用ヒートポンプ給湯器
  3. 低炭素工業炉
  4. 高効率コージェネレーション
  5. 高性能ボイラ

補助金額は以下のようになっています。

  • 補助率: 1/2以下
  • 補助金の上限額: 3億円

エネルギー需要最適化対策事業

エネルギー需要最適化対策事業では、省エネ活動を支援しています。具体的には、EMS制御や高効率設備の導入、運用改善などを行っています。この支援策では、エネマネ事業者との共同計画が必要です。

  • 中小企業の補助率: 1/2以下
  • 中小企業以外の補助率: 1/3以下
  • 補助金の上限額: 1億円

以上が、令和6年度補正予算における省エネ支援策の概要です。各事業ごとに異なる補助率や上限額が設けられていますので、詳細な情報は公式HPなどでご確認ください。また、支援策の公募期間や申請方法についても確認しておく必要があります。省エネ補助金を活用して、効果的な省エネ活動を進めましょう。

まとめ

省エネ補助金は、事業者が持続可能な経営を実現するための重要な支援策です。この補助金を活用することで、設備の更新や化石燃料からの転換、エネルギー需要の最適化など、さまざまな省エネ取り組みが可能になります。2024年度の第二次公募期間は5月27日から7月1日まで、申請方法や対象設備の条件などを確認のうえ、ぜひ申請を検討してみてください。省エネ投資を支援し、エネルギー効率の向上とコスト削減を図る機会を逃さないよう、この補助金の活用をおすすめします。

よくある質問

省エネ補助金とはどのようなものですか?

省エネ補助金は、エネルギー消費を削減するための事業者支援策です。この補助金は、高効率な設備や機器の導入を促進し、エネルギー価格上昇に対抗することで、経費削減と生産性向上を目指します。事業者はこの補助金を活用して、経費削減と生産性向上を達成できます。

省エネ補助金の活用事例にはどのようなものがありますか?

既存設備の更新、化石燃料から電気や低炭素燃料への転換、産業ヒートポンプの導入、高効率コージェネレーションの導入などが代表的な活用事例です。これらの設備更新により、省エネルギーへの投資や需要構造変革を支援できます。

省エネ補助金の申請方法はどのようになっていますか?

省エネ補助金の申請方法は、SIIのツールやプログラムを活用することが推奨されています。申請に必要な書類と手続きに関しては、SIIのウェブサイトから確認できます。申請書類の提出は必着となっているため、締め切りに注意が必要です。

補助対象となる設備にはどのようなものがありますか?

補助対象設備には、高効率モーター、高効率モーター制御装置、熱効率の高いボイラー、省エネ型製造装置などがあります。また、エネルギーマネジメントシステム(EMS)の導入も補助対象となります。各補助対象設備には条件や基準が設けられており、これらを満たしていることが申請の際に求められます。

出典元:省エネ設備への更新支援(省エネ補助金) (sii.or.jp)


メール通知の配信を停止したい場合は、以下から解除手続きを行っていただけますと幸いです。


 


スタッフ大募集しています⇩
アフィリエイター
営業スタッフ
ウェビナー講師
テレアポスタッフ
営業事務
社会保険労務士
中小企業診断士


コメント欄でやりとりしよう!

質問/相談/実例/感想/など何でもok!
グループで討論すれば定着率10倍!
人に教えると18倍!
(わかった)を(できた)に変えよう。
圧倒的な手数で圧倒的な成果を!

この記事で少しでもお役に立てたなら幸いです。
ご意見、ご感想など、ぜひお聞かせください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事を書いた人

ハイタッチ・マーケティングブログ編集責任者
AIマーケティングイノベーター
毎日4時間の勉強を続けるマーケティングオタク
趣味は東南アジア節約旅行

=============================================================
発行責任者:ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合
発行者住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿1-36-2 新宿第七葉山ビル3F
運営事務局:050-5536-6444
E-mail :info@hmllp.org
HP :https://www.hmllp.org/
取扱サービス
公式X(旧Twitter)
公式YouTubeチャンネル
公式TikTok
=============================================================


Copyright(C) ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合