神奈川県の企業立地支援:最大5億円の補助金と優遇制度でビジネスを拡大しよう!

助成金、補助金、公的融資、etc.
この記事は約4分で読めます。

はじめに

神奈川県は、県外企業の立地や県内企業の再投資を促進するために「セレクト神奈川NEXT」という補助金プログラムを実施しています。このプログラムは、設備投資に対する補助金や税の軽減、低利融資など多岐にわたる支援を提供し、最大で5億円の補助金を受けることができます。さらに特定の条件を満たす場合には、優遇制度によりさらに大きな支援を受けることも可能です。この記事では、セレクト神奈川NEXTの詳細と、どのように企業がこの支援を活用できるかについて説明します。

セレクト神奈川NEXTとは?

セレクト神奈川NEXTは、神奈川県が実施する企業立地支援プログラムです。このプログラムは、県外からの企業誘致や県内企業の再投資を促進することを目的としており、企業の成長と地域経済の活性化を図るために設けられています。特に中小企業や中堅企業に対しては、非常に手厚い支援が用意されています。

補助金の種類と詳細

企業立地促進補助金

企業立地促進補助金は、県外からの立地や県内での再投資を対象とした補助金です。大企業の場合、土地・建物・設備への投資額の3%、中小企業の場合は6%が補助され、上限額は5億円です。この補助金を活用することで、大規模な設備投資を行う企業にとって大きな資金援助となります。

不動産取得税の軽減

不動産取得税の軽減は、県外からの立地や県内での再投資を対象とし、不動産取得税の2分の1が軽減されます。これにより、不動産取得にかかるコストを大幅に削減することができます。

企業立地促進融資

中小企業や資本金10億円未満の中堅企業を対象とした企業立地促進融資では、県が金融機関に対して補助を行うことで、企業は通常よりも低利での融資を受けることができます。これにより、資金調達が容易になり、企業の成長をサポートします。

企業誘致促進賃料補助金

企業誘致促進賃料補助金は、県外からの立地を対象とし、外国企業に限り県内での再投資も対象となります。賃料の3分の1が補助され、上限額は600万円です。これにより、企業は初期費用を抑えつつ、神奈川県内での事業展開を進めることができます。

優遇制度について

対象となる場合

優遇制度は、以下の条件を満たす場合に適用されます。

  • 特区制度を活用して事業展開を図る場合
  • 薄膜太陽電池の研究開発や製造を行う場合、または水素発電所を設置する場合
  • 宿泊施設に関して、平均客室面積が40平方メートル以上で、リムジンバスの発着所を設置する場合

支援内容

優遇制度により、企業立地促進補助金の補助率および上限額が引き上げられます。大企業の場合は投資額の6%、中小企業の場合は12%が補助され、上限額は10億円となります。また、企業立地促進融資の利率もさらに優遇され、企業誘致促進賃料補助金の補助率および上限額もそれぞれ賃料月額の2分の1、900万円に引き上げられます。

申請手続きと注意点

補助金の申請には、事前に計画を立て、必要な書類を準備することが重要です。申請書類の不備や申請期限を過ぎてしまうと、補助金を受け取ることができない可能性があるため、注意が必要です。また、各種補助金や優遇制度の詳細については、神奈川県の公式ウェブサイトや担当窓口で最新の情報を確認することをお勧めします。

成功事例

実際にセレクト神奈川NEXTを活用して成功した企業の事例をいくつか紹介します。例えば、県外から神奈川県に進出した製造業の企業が、企業立地促進補助金を活用して新工場を建設し、地域経済に貢献しています。また、中小企業が企業立地促進融資を利用して設備投資を行い、事業拡大に成功したケースもあります。こうした成功事例は、補助金の効果を実感できる具体的な証拠となります。

終わりに

神奈川県のセレクト神奈川NEXTは、企業の設備投資を強力にサポートする補助金プログラムです。県外からの企業進出や県内での再投資を検討している企業は、この機会を活用してビジネスを拡大し、成長を加速させましょう。具体的な支援内容や申請手続きについては、公式ウェブサイトを参照し、早めに準備を始めることをお勧めします。

※この記事を作成した『東大スタートアップ提供・ブログ記事作成用プロンプト』はコチラ


メール通知の配信を停止したい場合は、以下から解除手続きを行っていただけますと幸いです。


 


スタッフ大募集しています⇩
アフィリエイター
営業スタッフ
ウェビナー講師
テレアポスタッフ
営業事務
社会保険労務士
中小企業診断士


コメント欄でやりとりしよう!

質問/相談/実例/感想/など何でもok!
グループで討論すれば定着率10倍!
人に教えると18倍!
(わかった)を(できた)に変えよう。
圧倒的な手数で圧倒的な成果を!

この記事で少しでもお役に立てたなら幸いです。
ご意見、ご感想など、ぜひお聞かせください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事を書いた人

ハイタッチ・マーケティングブログ編集責任者
AIマーケティングイノベーター
毎日4時間の勉強を続けるマーケティングオタク
趣味は東南アジア節約旅行

=============================================================
発行責任者:ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合
発行者住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿1-36-2 新宿第七葉山ビル3F
運営事務局:050-5536-6444
E-mail :info@hmllp.org
HP :https://www.hmllp.org/
取扱サービス
公式X(旧Twitter)
公式YouTubeチャンネル
公式TikTok
=============================================================


Copyright(C) ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合