先進的デジタル技術開発をサポート!宮城県の革新的な補助金制度とは

助成金、補助金、公的融資、etc.
この記事は約6分で読めます。

このブログでは、宮城県の先進的デジタル技術実証事業補助金について詳しく解説しています。対象事業者と補助対象経費、新製品・新技術開発支援制度の概要、県内IT企業との連携によるシステム開発支援事業、そして補助金申請の流れと審査基準など、補助金に関する重要な情報が網羅されています。先進的なデジタル技術の活用に興味がある方は、ぜひこのブログを参考にしてみてください。

先進的デジタル技術実証事業補助金について

technology

現在、宮城県では先進的デジタル技術実証事業補助金という補助金制度が提供されています。この補助金は、AIやIoTなどの先進的なデジタル技術を活用して、県内の産業振興を促進することを目的としています。

具体的には、デジタル技術を活用したビジネスモデルの企画やシステムの開発・実証に対して、予算の範囲内で経費の一部を補助しています。これにより、企業はより効率的なシステムや製品を開発し、省力化や環境負荷の軽減、サービス品質の向上に貢献することができます。

先進的デジタル技術実証事業補助金に関する詳細は、「先進的デジタル技術実証事業補助金交付要綱」と「先進的デジタル技術実証事業補助金交付要綱_様式」というPDFファイルで確認することができます。また、補助金の公募期間や応募資格については、令和6年度先進的デジタル技術実証事業補助金募集案内を参照してください。

なお、先進的デジタル技術実証事業補助金は、従来の「先進的AI・IoT活用ビジネス創出実証事業」とは異なり、令和6年度から事業名が変更されました。より幅広いデジタル技術の活用を促進するための取り組みです。

まとめると以下のような特徴を持つ補助金制度です:
– 先進的デジタル技術を活用したビジネスモデルの企画・システムの開発・実証に対して補助が行われる
– 予算の範囲内で経費の一部を補助してもらえる
– 県内の産業振興や省力化、環境負荷の軽減、サービス品質向上に貢献する事業に対して支援が行われる
– 令和6年度から事業名が変更され、より幅広いデジタル技術の活用が促される

この補助金に応募するための詳細な条件や手続きについては、募集案内を確認することをおすすめします。

対象事業者と補助対象経費

manufacturing

先進的デジタル技術実証事業補助金の対象事業者と補助対象経費について説明します。

対象事業者

「システムを開発する県内IT企業と、実証場所を提供する県内ユーザー企業等が構成する共同企業体」が、県内の課題解決や新たな価値創出を実現する先進的デジタル技術(AI、IoT、ドローン、AR等)を活用したシステムの開発・実証を行い、ビジネス展開につなげる事業が対象です。
※実証場所は宮城県内に限ります

補助対象経費

補助対象となる経費は以下の項目です。

  1. 原材料費:原材料及び副資材の購入に要する経費
  2. 機器設備費:機器設備の借用・保守・改造及び修繕に要する経費                             ※購入費は対象外となります。
  3. 消耗品費:耐用年数1年未満、取得単価が税込み5万円未満の物品購入にかかる経費
  4. 外注費:補助事業者が直接実施することができない又は適当でないものについて、他の事業者に外注するために要する経費
    ※補助対象経費に占める外注費の割合は1/3を限度とします。
  5. 旅費:打合せ、研究開発等のための移動に要する経費
  6. 専門家謝金:開発・実証事業に関連して専門家からの指導受け入れに要する経費
  7. 人件費:技術開発に直接関与する者の人件費
    ※業務従事日誌で直接作業時間が確認できるものに限ります。
  8. その他:開発・実証に当たって、特に必要と認められる経費
    ※当該事業のために使用されることが特定・確認できるものに限ります。

先進的デジタル技術実証事業補助金の概要

technology

スケジュール

事前相談受付:~令和6年6月20日(木曜日)
申請期限:令和6年6月21日(金曜日)午後5時まで

補助率及び補助限度額

補助率:補助対象となる経費の2/3以内
補助限度額:500万円

申請手続き

①事前相談:申請を希望する方は、事前に宮城県企画部産業デジタル推進課まで相談が必要です。
②書類提出:                                                      事業計画書
申請者の最近2年間の財務諸表
登記事項証明書
暴力団排除に関する宣誓書
納税証明書
事業内容詳細(任意様式)
⇒背景及び目的、開発するシステムの構造及び機能、開発・実証方法、目標、実施体制・開発実績、ビジネス化の展望等についてスライド等で説明
③案件採択:申請案件についてヒアリング審査を実施し、上位2件程度を採択                          ※事前の書面審査にてヒアリング対象案件の選定が行われる予定です。 

業務要件

①現場視察の受け入れ
県職員による実証現場等の視察を行います。
②成果の公開
開発・実証の成果を県が開催するセミナーにて報告が必要です。
③ビジネス化
事業成果のビジネス化に努めていただき事業後3年間状況の報告が必要です。

まとめ

先進的デジタル技術実証事業補助金は、宮城県が提供する重要な制度です。この補助金は、企業がAIやIoTなどの先進的なデジタル技術を活用して、効率的なシステムや製品開発、省力化や環境負荷の軽減、サービス品質の向上に取り組むことを支援します。また、新製品・新技術開発支援制度や県内IT企業との連携事業など、様々な補助金制度が用意されており、企業の技術開発や競争力向上に大きく寄与しています。補助金の申請には詳細な手続きが必要ですが、これらの制度を積極的に活用することで、地域の経済発展と企業の成長につながるでしょう。

よくある質問

先進的デジタル技術実証事業補助金の特徴は何ですか?

この補助金は、AIやIoTなどの先進的なデジタル技術を活用したビジネスモデルの企画やシステムの開発・実証に対して、一部の経費を補助するものです。企業は、この支援を活用することで、より効率的なシステムや製品を開発し、省力化や環境負荷の軽減、サービス品質の向上に貢献することができます。また、事業名が令和6年度から変更され、より幅広いデジタル技術の活用を促進するための取り組みとなっています。

先進的デジタル技術実証事業補助金の上限額はどのようになっていますか?

この制度の上限額は500万円です。補助率は補助対象となる経費の2/3以内となります。

先進的デジタル技術実証事業補助金では、どのような支援が受けられますか?

この制度では、申請が承認された企業に対して、経費の一部を補助する支援が行われます。具体的な補助対象経費には、人件費、設備費、調査費、その他諸経費などが含まれます。補助額は、申請内容や予算に応じて決定されます。

補助金の申請にはどのような流れや審査基準があるのですか?

申請前には事前に相談が必要であり、公募期間中に申請を行うことができます。申請時には、事業内容や予算などの詳細な情報が必要となります。申請時には、公募要領に基づいて申請書類を提出する必要があります。

出典元:【令和6年度の募集を開始しました】先進的デジタル技術実証事業補助金について – 宮城県公式ウェブサイト (pref.miyagi.jp)


メール通知の配信を停止したい場合は、以下から解除手続きを行っていただけますと幸いです。


 


スタッフ大募集しています⇩
アフィリエイター
営業スタッフ
ウェビナー講師
テレアポスタッフ
営業事務
社会保険労務士
中小企業診断士


コメント欄でやりとりしよう!

質問/相談/実例/感想/など何でもok!
グループで討論すれば定着率10倍!
人に教えると18倍!
(わかった)を(できた)に変えよう。
圧倒的な手数で圧倒的な成果を!

この記事で少しでもお役に立てたなら幸いです。
ご意見、ご感想など、ぜひお聞かせください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事を書いた人

ハイタッチ・マーケティングブログ編集責任者
AIマーケティングイノベーター
毎日4時間の勉強を続けるマーケティングオタク
趣味は東南アジア節約旅行

=============================================================
発行責任者:ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合
発行者住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿1-36-2 新宿第七葉山ビル3F
運営事務局:050-5536-6444
E-mail :info@hmllp.org
HP :https://www.hmllp.org/
取扱サービス
公式X(旧Twitter)
公式YouTubeチャンネル
公式TikTok
=============================================================


Copyright(C) ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合