【神奈川県】省エネ設備導入を後押しする最大600万円の補助金!企業の経費削減と環境対策に

助成金、補助金、公的融資、etc.
この記事は約6分で読めます。

皆さん、こんにちは。今日は神奈川県省エネ設備の導入を支援する補助金制度について詳しく解説したいと思います。地球温暖化対策の一環として、企業や事業者の皆さんに省エネ設備の導入を推進するため、政府から補助金が出ています。この補助金を利用すれば、環境にも企業の経営にも良い影響がありますので、ぜひ活用していただきたいと思います。このブログでは、補助金の概要から申請対象者、申請手続きなど具体的な内容をわかりやすく説明していきますので、ご興味のある方はぜひ最後までご覧ください。

省エネ設備導入の重要性

energy

省エネ設備の導入は、現代の社会において非常に重要な取り組みとなっています。なぜなら、省エネ設備の導入によって、エネルギーの効率的な使用が可能となり、経済的なメリットを得ることができるからです。

省エネ設備は、エネルギーの使用量を削減することで、企業の経費削減に繋がります。例えば、省エネ設備を導入することによって、電力使用量や燃料の使用量を削減することができます。これにより、企業のエネルギーコストを大幅に削減することができます。

また、省エネ設備の導入は、環境への負荷を軽減する効果もあります。エネルギーの効率的な使用によって、二酸化炭素(CO2)等の温室効果ガスの排出量を削減することができます。これは、地球温暖化の防止や環境保護に大きく貢献するものです。

さらに、省エネ設備の導入は、企業の競争力向上にも繋がります。エネルギーコストの削減や環境への負荷軽減は、企業の持続的な成長に不可欠な要素です。また、省エネ設備の導入は、企業の社会的な責任の一環としても評価されます。

そのため、省エネ設備の導入は、企業にとって非常に重要な課題となっています。しかし、資金調達が障壁となっている企業も多いです。そこで、補助金制度を活用することで、省エネ設備の導入を支援することができます。

次のセクションでは、補助金制度の概要について詳しく説明します。

補助金制度の概要

business

このセクションでは、補助金制度の概要について説明します。

補助金の支援内容と上限額

補助金制度は、省エネ設備の導入を支援するために設けられています。この制度では、補助対象経費の2分の1以内を補助することができます。また、補助金の上限額は100万円です。ただし、認証を受ける場合は上限額が600万円となります。

申請対象者と申請受付期間

補助金の申請は、主に中小企業や学校法人、一般社団法人などが該当します。具体的な申請受付期間は令和6年6月3日から令和6年12月27日までとなっています。ただし、予算がなくなり次第終了となる場合がありますので、申請は早めに行うことが重要です。

申請手続きと必要書類

補助金の申請手続きは、補助金交付要綱や手引きに従って行われます。申請には必要な書類がありますので、事前に確認して準備しておきましょう。正確な手続きと必要書類の情報は、公募案内に記載されていますので、それに従って申請を行ってください。

以上が補助金制度の概要です。補助金制度は省エネ設備の導入を支援するための重要な制度ですので、申請対象者は早めに申請手続きを行い、必要な補助を受けるようにしましょう。

申請対象者と条件

business

本補助金の申請対象者は、以下の条件を満たす事業者です。

中小企業者

この補助金の対象となるためには、中小企業基本法第2条第1項に規定されている中小企業である必要があります。ただし、以下の要件に該当する中小企業者は、この補助金の対象から除外されます。

  • 同一の大企業が当該中小企業者の発行済み株式の総数または出資金額の総額の2分の1以上を所有していること。
  • 大企業が当該中小企業者の発行済み株式の総数または出資金額の総額の3分の2以上を所有していること。
  • 大企業の役員または職員が当該中小企業者の役員の総数の2分の1以上を兼務していること。

学校法人、一般社団法人、公益社団法人、公益財団法人、特定非営利活動法人、医療法人、社会福祉法人、中小企業団体の組織

申請対象者には、学校法人、一般社団法人、公益社団法人、公益財団法人、特定非営利活動法人、医療法人、社会福祉法人、および中小企業団体の組織も含まれます。

その他の対象者

知事が適当と認める場合において、一般社団法人、一般財団法人、公益社団法人、公益財団法人、特定非営利活動法人、中小企業団体の組織に関する法律第3条第1項に規定する中小企業団体である場合も申請対象となります。

ただし、申請者は以下の条件を満たさなければなりません。

  • 市内で事業を営んでおり、今後も市内で事業を営む予定であること。
  • 市税を滞納していないこと。

以上が申請対象者となるための条件です。補助金を受けるためには、これらの条件を満たす必要があります。

補助対象経費とその内訳

energy

省エネ設備を導入する際にかかる費用には、以下のような補助対象経費があります。

設備費用

  • 補助の対象となる設備の購入費用が含まれます。
  • ただし、設計費や工事費、撤去費などは含まれません。

導入に伴う費用

  • 設備を導入する際に直接的に必要な費用が対象です。
  • 運搬費や導入工事費などが含まれます。

補助対象経費の合計額は、10万円(消費税抜き)以上である必要がありますが、消費税や地方消費税、保証料や保険料、リサイクル料などの間接的な費用は対象外です。

補助金の額は、補助対象経費の2分の1以内(千円未満切り捨て)となります。ただし、補助金の上限額は100万円です。

補助金を受けるためには、補助対象経費などの詳細については公募案内を参照する必要があります。

申請時には、補助対象経費に関連する領収書や請求書などの書類を提出する必要があります。申請書類には詳細な情報が記載されているため、正確かつ詳細な記載が必要です。

補助対象経費の内訳を明確に把握し、必要な書類を正確に提出することで、補助金の交付を受けるための申請手続きをスムーズに進めることができます。申請者は公募案内を参考にしながら、必要な情報を把握し、申請書類を適切に作成してください。詳細に関しては公募案内をご確認ください。

まとめ

本ブログでは、企業や組織が省エネ設備の導入を支援する補助金制度について詳しく解説しました。省エネ設備の導入は、経費の削減や環境への負荷軽減など、企業にとって多くのメリットがあります。しかし、初期投資が課題となる企業も多いため、本補助金制度を活用することが重要です。申請には様々な条件や必要書類がありますが、公募案内をしっかりと確認し、早めに申請手続きを行うことで、補助金を受け取ることができます。企業や組織は、この補助金制度を積極的に活用し、省エネ設備の導入を進めていくことが望ましいでしょう。

よくある質問

補助金の申請対象者は誰ですか?

補助金の申請対象者は、中小企業者、学校法人、一般社団法人、公益社団法人、公益財団法人、特定非営利活動法人、医療法人、社会福祉法人、中小企業団体の組織などが該当します。ただし、一定の要件を満たす必要があります。

補助金の上限額はいくらですか?

補助金の上限額は、通常100万円です。ただし、認証を受ける場合は上限額が600万円となります。補助金の額は、補助対象経費の2分の1以内(千円未満切り捨て)となります。

補助金の申請手続きにはどのような書類が必要ですか?

申請には、申請書や誓約書、納税証明書、決算書、設備に関する書類などが必要です。提出方法は電子ファイルでの送信や郵送・持参などがあります。正確な情報は公募案内を確認してください。

補助金の申請期間はいつですか?

本補助金の申請受付期間は、令和6年6月3日から令和6年12月27日までとなっています。ただし、予算がなくなり次第終了となる可能性があるため、早めの申請が重要です。

出典元:中小企業省エネルギー設備導入費補助金 – 神奈川県ホームページ (pref.kanagawa.jp)


メール通知の配信を停止したい場合は、以下から解除手続きを行っていただけますと幸いです。


 


スタッフ大募集しています⇩
アフィリエイター
営業スタッフ
ウェビナー講師
テレアポスタッフ
営業事務
社会保険労務士
中小企業診断士


コメント欄でやりとりしよう!

質問/相談/実例/感想/など何でもok!
グループで討論すれば定着率10倍!
人に教えると18倍!
(わかった)を(できた)に変えよう。
圧倒的な手数で圧倒的な成果を!

この記事で少しでもお役に立てたなら幸いです。
ご意見、ご感想など、ぜひお聞かせください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事を書いた人

ハイタッチ・マーケティングブログ編集責任者
AIマーケティングイノベーター
毎日4時間の勉強を続けるマーケティングオタク
趣味は東南アジア節約旅行

=============================================================
発行責任者:ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合
発行者住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿1-36-2 新宿第七葉山ビル3F
運営事務局:050-5536-6444
E-mail :info@hmllp.org
HP :https://www.hmllp.org/
取扱サービス
公式X(旧Twitter)
公式YouTubeチャンネル
公式TikTok
=============================================================


Copyright(C) ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合