女性が輝く企業へ! “女性の活躍推進助成金”完全ガイド

助成金、補助金、公的融資、etc.
この記事は約8分で読めます。

女性が活躍できる職場環境の整備は、企業の成長にも大きく寄与します。本記事では、女性活躍推進助成金について、その概要から対象企業や申請手順、使途と上限額まで詳しく解説しています。さらに先進事例として、企業の具体的な取り組みも紹介しています。女性が活躍しやすい環境づくりに関心のある方は、ぜひ参考にしてみてください。

  1. 女性活躍推進助成金とは何か
  2. 対象となる企業と要件
    1. 企業の規模
    2. 本社または本部の所在地
    3. 女性活躍推進に関する取り組み
    4. ハッピー・パートナー企業の登録
    5. 納税の完了
    6. 改善すべき事情の存在
  3. 申請手順と必要書類の概要
    1. 申請手順
      1. 交付申請書の提出(事業者 ⇒ 市)
      2. 現地確認・書面審査の実施(市 ⇒ 事業者)
      3. 助成金の交付決定または不交付決定の通知(市 ⇒ 事業者)
    2. 必要書類
      1. 交付申請書の提出時に必要な書類
      2. 実績報告書の提出時に必要な書類
      3. 数値目標達成時の交付申請および実績報告書の提出時に必要な書類
  4. 助成金の使途と上限額
    1. トイレの設置
    2. 更衣室やロッカーの設置
    3. 洗面所やシャワー室、洗濯機の設置
    4. 休憩室や仮眠室の設置
    5. ベビールームの設置
    6. 工事現場に設置する仮設トイレの設置
  5. 先進事例と企業の取り組み
    1. 働き方の未来2023輝く人材企業BOOKの発行
    2. 働き方改革相談業務の強化
    3. 地域女性つながり支援事業
    4. 女性活躍応援事業
    5. 男性の家庭活躍推進事業
    6. 女性つながりサポート事業
    7. 富山県の女性の活躍推進委員会開催事業
    8. 煌めく女性ネットワーク事業
  6. まとめ
  7. よくある質問
    1. 女性活躍推進助成金とはどのような制度ですか?
    2. 助成金を受けるためにはどのような要件がありますか?
    3. 助成金の申請手順と必要書類とはどのようなものですか?
    4. 助成金はどのような使途に使えるのですか?

女性活躍推進助成金とは何か

women

女性活躍推進助成金(ジョカツ!)は、女性の活躍を促進するための助成金制度です。この制度は、女性の新規採用や職域拡大を目的としており、最大500万円(助成率2/3)の助成を行います。

女性活躍推進助成金の目的は、女性が働きやすい環境を整備し、女性の活躍を後押しすることです。具体的には、女性専用の設備や施設の整備費用の一部を助成します。

助成金の交付を受けるには、事業主は専用の事業計画を策定する必要があります。この計画には、女性の採用計画や女性専用設備の整備計画が含まれます。また、助成対象となるのは都内の中小企業で、常時雇用する労働者が2人以上300人以下であることが条件となります。

具体的な助成金の額は、助成対象経費に対して都が定めた助成率を乗じて算出されます。助成率は3分の2までとなっており、実際にかかった費用の3分の2までが支給されます。助成金の支給額は最大500万円です。

女性活躍推進助成金は、女性の働きやすい環境づくりを支援する制度であり、東京都や(公財)東京しごと財団が積極的に推進しています。助成金の活用により、女性の活躍を後押しし、企業の成長や人材確保に寄与することが期待されています。

対象となる企業と要件

business

女性活躍推進助成金を受けるためには、以下の要件を満たす企業が対象となります。

企業の規模

  • 常時雇用する労働者が300人以下であること

本社または本部の所在地

  • 本社または本部が山口市内にあること

女性活躍推進に関する取り組み

  • 自社の女性の活躍状況を把握し、女性活躍推進法に基づいた一般事業主行動計画を策定していること

ハッピー・パートナー企業の登録

  • ハッピー・パートナー企業に登録していること(登録は無料です)

納税の完了

  • 市税の納付期限が到来しており、市税を完納していること

改善すべき事情の存在

  • 女性の活躍に関して改善が必要な事情があること

なお、中小企業やNPO法人は山口市内に主たる事業所を有しており、やまぐちしごと応援サイトへの登録と市税の滞納がない場合に、一部要件が緩和されます。これにより、中小企業やNPO法人も助成金の対象となります。

以上が対象となる企業と要件の概要です。次に、具体的な申請手順と必要書類について説明します。

申請手順と必要書類の概要

business

女性活躍推進助成金の申請手順と必要書類についてご説明します。申請手順に従い、必要な書類を正確に提出することが非常に重要です。

申請手順

女性活躍推進助成金を申請する際の手順は以下の通りです。

交付申請書の提出(事業者 ⇒ 市)

まず、交付申請書(第1号様式)の提出が必要です。交付申請書には以下の書類も添えて提出してください。

  • 実施計画書
  • 収支予算書(備品購入またはハード面での環境整備事業のみ)
  • 備品購入やハード整備事業に関連する資料(見積書、工事図面、備品のカタログなど)の写し
  • 労働協約または就業規則の写し
  • 女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画の写し
  • ハッピー・パートナー企業登録証の写し
  • 直近の市税の納税証明書

現地確認・書面審査の実施(市 ⇒ 事業者)

交付申請書の受理後、市から現地確認の有無や実施日程などが通知されます。

助成金の交付決定または不交付決定の通知(市 ⇒ 事業者)

交付申請書の受理から交付決定までには通常2〜3週間程度かかります。その後、助成金の交付決定または不交付決定が通知されます。

必要書類

助成金を申請する際に提出が必要な書類は以下の通りです。申請時と実績報告書の提出時で必要な書類が異なるため、確認しておきましょう。

交付申請書の提出時に必要な書類

  • 交付申請書(第1号様式)
  • 事業計画書
  • 収支予算書(備品購入またはハード面での環境整備事業の場合)
  • 備品購入やハード整備事業に関連する資料(見積書、工事図面、備品のカタログなど)
  • 労働協約または就業規則の写し
  • 女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画の写し
  • ハッピー・パートナー企業登録証の写し
  • 直近の市税の納税証明書

実績報告書の提出時に必要な書類

  • 実施報告書
  • 取り組み目標の達成を証明できる資料
  • 収支決算書(備品購入またはハード面での環境整備事業の場合)
  • 支払いを証明する書類(請求書および領収書の写し)
  • 備品使用時の写真、工事前後の図面・写真など

数値目標達成時の交付申請および実績報告書の提出時に必要な書類

  • 実施報告書
  • 数値目標の達成を証明できる資料
  • 直近の市税の納税証明書

助成金の申請書類は厳密に準備し、提出期限を厳守することが求められます。その他、市長が必要と判断した書類がある場合は、提出してください。

以上が女性活躍推進助成金の申請手順と必要書類の概要です。申請者は手続きを適切に行い、必要な書類を正確に提出するよう注意しましょう。

助成金の使途と上限額

workplace

女性活躍推進助成金は、女性専用施設の設置や改修に要する備品や工事費に活用することができます。具体的な使途は以下の通りです。

トイレの設置

女性専用のトイレを新設するための費用を助成します。

更衣室やロッカーの設置

女性が使いやすい更衣室やロッカーを設置するための費用を助成します。

洗面所やシャワー室、洗濯機の設置

女性が快適に働ける環境の整備を支援するために、洗面所やシャワー室、洗濯機などの設置費用を助成します。

休憩室や仮眠室の設置

女性がリフレッシュできる場所を提供するために、休憩室や仮眠室の設置費用も助成されます。

ベビールームの設置

授乳やおむつ替えができるスペースを設けるための費用を助成します。

工事現場に設置する仮設トイレの設置

工事現場に女性専用の仮設トイレを設置するための費用を助成します。

助成対象経費は、10万円を超える経費(消費税及び地方消費税額を除く)に限られます。また、助成率は1/2であり、助成額の上限は50万円です。女性活躍推進助成金を活用することで、女性が働きやすい環境を整えることができます。快適な職場環境を整備することは、企業の成長にも繋がります。申請や助成金の受け取りについては、「3. 申請手順と必要書類」で詳しく説明しています。ぜひ、助成金を活用して職場環境の改善に取り組んでみてください。

先進事例と企業の取り組み

women

女性の活躍を推進するために、様々な取り組みを行っている企業の一部を紹介します。以下に、いくつかの先進事例を示します。

働き方の未来2023輝く人材企業BOOKの発行

新潟市の商工部産業立地・人材課は、「働き方の未来2023輝く人材企業BOOK」を発行しています。この本では、女性専用設備の整備などに取り組む市内企業の事例がまとめられています。

働き方改革相談業務の強化

新潟市の商工部産業立地・人材課では、働き方改革相談員を派遣し、職場環境づくりの意識啓発を行っています。彼らは「ながおか働き方プラス応援プロジェクト」の趣旨を説明し、企業へのアドバイスや優良事例の共有、進捗状況の確認を行っています。

地域女性つながり支援事業

新潟市の地方創生推進部人権・男女共同参画課は、地域女性の支援事業を行っています。この取り組みでは、社会とのつながりを回復させるために、居場所の提供や相談対応、生理用品の提供、支援者養成研修などを行っています。

女性活躍応援事業

新潟市の市民生活部男女共同参画課は、「女性活躍応援事業」として、交流会や再就職支援セミナーなどを開催しています。この事業は、働く女性の交流を促進し、キャリアアップを支援することを目的としています。

男性の家庭活躍推進事業

新潟市の市民生活部男女共同参画課は、「男性の家庭活躍推進事業」として、夫婦で参加するワークショップや研修、実態調査などを実施しています。この取り組みは、男性の家庭や子育てへの参加を推進することを目指しています。

女性つながりサポート事業

新潟市の市民生活部男女共同参画課は、「女性つながりサポート事業」として、相談会や支援活動の開催、関係機関との連携強化などを行っています。これらの取り組みは、孤独感や孤立に悩む女性をサポートすることを目的としています。

富山県の女性の活躍推進委員会開催事業

富山県では、女性の活躍推進委員会開催事業を実施しています。この事業では、企業での女性の活躍を促進するための取り組みを検討し、好事例を共有する活動を行っています。

煌めく女性ネットワーク事業

愛知県では、「煌めく女性ネットワーク事業」を実施しています。この事業では、女性の能力向上を目指し、講演会や研修などを通じて支援を行っています。

これらの先進事例は、女性の活躍を促進する多様な取り組みを示しており、企業は自身の状況に応じて、女性活躍推進助成金を活用しながら取り組むことが重要です。女性の活躍は、企業と社会の双方にとってより良い結果をもたらすことができますので、ぜひ取り組んでみましょう!

まとめ

女性活躍推進助成金は、企業が女性の活躍を後押しするための有効な制度です。助成金を活用して、女性専用設備の整備や職域拡大の取り組みを行うことで、企業は女性が働きやすい環境を整備し、優秀な人材の確保や生産性の向上につなげることができます。先進企業の事例を参考にしながら、ぜひ自社の実情に合わせて、積極的に活用していくことをおすすめします。女性の活躍を通じて、企業と社会の双方が発展していくことが期待されます。

よくある質問

女性活躍推進助成金とはどのような制度ですか?

この助成金は、女性の新規採用や職域拡大を目的とした制度であり、都内の中小企業に最大500万円(助成率2/3)の助成を行います。女性が働きやすい環境を整備し、女性の活躍を後押しすることが目的です。

助成金を受けるためにはどのような要件がありますか?

常時雇用する労働者が300人以下、本社または本部が東京都内にあること、女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画を策定していること、ハッピー・パートナー企業に登録していること、市税の納付が完了していること等の要件を満たす必要があります。

助成金の申請手順と必要書類とはどのようなものですか?

交付申請書の提出、現地確認と書面審査、助成金の交付決定または不交付決定の通知という流れになります。必要書類には交付申請書、事業計画書、収支予算書、関連資料、行動計画書等があります。

助成金はどのような使途に使えるのですか?

女性専用のトイレ、更衣室、洗面所、休憩室、ベビールーム等の設置や改修に要する備品や工事費に使うことができます。助成対象経費は10万円を超える経費で、助成率は1/2、上限額は50万円となっています。

出典元:女性の活躍推進助成金 | 東京しごと財団 雇用環境整備課 (shigotozaidan.or.jp)


メール通知の配信を停止したい場合は、以下から解除手続きを行っていただけますと幸いです。


 


スタッフ大募集しています⇩
アフィリエイター
営業スタッフ
ウェビナー講師
テレアポスタッフ
営業事務
社会保険労務士
中小企業診断士


コメント欄でやりとりしよう!

質問/相談/実例/感想/など何でもok!
グループで討論すれば定着率10倍!
人に教えると18倍!
(わかった)を(できた)に変えよう。
圧倒的な手数で圧倒的な成果を!

この記事で少しでもお役に立てたなら幸いです。
ご意見、ご感想など、ぜひお聞かせください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事を書いた人

ハイタッチ・マーケティングブログ編集責任者
AIマーケティングイノベーター
毎日4時間の勉強を続けるマーケティングオタク
趣味は東南アジア節約旅行

=============================================================
発行責任者:ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合
発行者住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿1-36-2 新宿第七葉山ビル3F
運営事務局:050-5536-6444
E-mail :info@hmllp.org
HP :https://www.hmllp.org/
取扱サービス
公式X(旧Twitter)
公式YouTubeチャンネル
公式TikTok
=============================================================


Copyright(C) ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合