災害に負けるな!伝統的工芸品産業復興のための補助金完全ガイド

助成金、補助金、公的融資、etc.
この記事は約8分で読めます。

令和6年の能登半島地震により被災した伝統工芸産業に対する支援策について、経済産業省が提供する「伝統的工芸品産業支援補助金(災害復興事業)」の詳細を説明したブログ記事です。この補助金制度の概要、補助対象者と補助金の使途、申請手続きと必要書類など、被災事業者の方が補助金を受けるための重要な情報が網羅されています。

令和6年能登半島地震で被災した伝統工芸産業への支援策

crafts

能登半島地震により被災した伝統工芸産業は、経済産業省による支援策が提供されています。被災事業者は、経済産業省の伝統的工芸品産業支援補助金(災害復興事業)を利用することで、市独自の上乗せ補助を受けることができます。

伝統的工芸品産業支援補助金(災害復興事業)の概要

経済産業省が開始した「伝統的工芸品産業支援補助金(災害復興事業)」は、被災した伝統的工芸品の製造事業者を支援するために設けられました。この補助金は、被災事業者が生産設備の整備や原材料確保に必要な経費の一部を補助してもらうことを目的としています。

補助対象者と補助金の使途

この支援策の対象者は、石川・新潟・富山・福井の被災県で国が指定する伝統工芸品を製造する事業者や特定製造協同組合などです。具体的な補助内容として、最大1000万円までの補助が行われます。補助対象経費は、以下のような項目です。
– 設備や機器の購入費・修繕費
– 原材料の購入費
– 試作・製作費

補助率は対象経費の4分の3以内となっています。

申請手続きと必要書類

補助金の申請期限は6月28日までです。申請方法は、必要書類を揃えた上で石川県商工労働部経営支援課伝統産業振興室宛てに電子メール、郵送、または持参で申請する必要があります。具体的な申請手続きや必要書類については、経済産業省のホームページをご確認ください。

以上が令和6年能登半島地震で被災した伝統工芸産業への支援策の概要です。被災事業者の皆さんにとって、この支援策が事業再開の一助となることを願っています。詳細な内容や申請方法については、経済産業省のホームページをご参照ください。

伝統的工芸品産業支援補助金(災害復興事業)の概要

craftsman

災害復興事業において、石川県、新潟県、富山県、福井県の伝統的工芸品の製造業者を支援するために、伝統的工芸品産業支援補助金が提供されています。この補助金は、経済産業省の法律に基づき、被災からの事業再開に必要な経費の一部を国が支援するものです。

主な対象者

  • 伝統的工芸品を製造する製造業者
  • 伝統的工芸品の製造業者グループ
  • 製造協同組合など

補助対象経費

  • 設備・機器(窯、ろくろ、道具など)の購入費や修繕費
  • 原材料の購入費
  • 試作・製作に関連する費用

補助金は最大で3/4まで支援されます。

公募期間

公募開始日:令和6年4月19日(金)
公募締切日:令和6年6月28日(金)17時必着

伝統的工芸品産業支援補助金(災害復興事業)は、被災した地域の伝統工芸品の製造業者の事業再開を支援するための重要な制度です。補助金を活用することで、生産設備の整備や原材料の確保など、事業再開に必要な経費の一部を補助してもらうことができます。申請期限までに必要な書類を準備し、補助金の申請手続きを進めてください。詳細な情報は、経済産業省の公式サイトをご確認ください。

補助対象者と補助金の使途

crafts

本補助金制度は、令和6年能登半島地震により被災した伝統工芸品産業への支援策の一環として設けられました。被災県(石川県、新潟県、富山県、福井県)において、伝統的工芸品を製造する事業者や伝統的工芸品産業の活性化を支援する組織が補助の対象となります。

補助対象者

補助の対象者は以下のようになります。

  1. 特定製造協同組合等:
    – 伝統的工芸品産業振興法に基づき、特定製造協同組合等として指定された組織を指します。

  2. 製造事業者及びそのグループ、製造協同組合等:
    – 伝統的工芸品産業振興法に基づき、製造事業者であり中小企業者として定義される事業者や製造協同組合等が対象となります。

※ 製造協同組合等とは、特定製造協同組合等を除く伝統的工芸品を製造する協同組合等を指します。

補助金の使途

補助金は、以下の使途に利用することができます。

  1. 生産設備等整備事業 [補助率: 3/4以内]
    – 伝統的工芸品の製造を再開するために必要な設備・機器・道具等(塗師風呂、窯、ろくろ、刷毛、工具等)の購入費や修繕費を補助します。
    – 不動産購入費や建物の建設費用、被災により被害を受けた既存設備・機器等の撤去費用や処分費用は補助の対象外となります。

  2. 原材料確保・試作品製作事業 [補助率: 3/4以内]
    – 伝統的工芸品の製造を再開するために必要な原材料の購入費や試作・製作費を補助します。
    – 被災により破損した商品の修繕や代替の商品を製造するために必要な原材料も補助の対象となります。ただし、原材料の使用量は被災前の1年間の使用量相当量以下に限られます。

補助金の申請には、補助の対象者は国補助金の確定通知書の写しや実績報告書類の写し、事業の所在地や事業を営んでいることを確認できる書類の写し、振込口座が確認できるものなどが提出される必要があります。

補助金を申請する際には、公募要領をよく読み、申請書類と必要書類を正確に準備することが重要です。補助対象者や補助金の使途に関する情報を把握し、効果的な申請活動を行いましょう。

申請手続きと必要書類

craft

伝統的工芸品産業支援補助金(災害復興事業)の申請手続きや必要書類について詳しく説明します。

申請書類の提出方法

申請書類の提出方法は以下の通りです。ただし、持参での提出はできませんのでご注意ください。

  1. 郵送:「伝統的工芸品産業支援補助金(災害復興事業)事業計画書在中」と記載された封筒で、指定の提出先に郵送してください。
  2. 電子メール:電子メールで提出する場合は、公募締切日の17時までに到着が確認できるようにしてください。
  3. 補助金申請システム「Jグランツ」:電子的な申請システムを利用する場合は、事前にGビズIDの取得(https://gbizid.go.jp/top/)が必要ですので、準備をしておいてください。

必要書類の種類と提出先

申請には以下の必要書類の提出が求められます。提出先は申請者の事業所所在地を管轄する経済産業局です。詳細については公募要領のP.11を参照してください。

  1. 高岡市伝統産業災害復興支援補助金交付申請書兼請求書(様式1)
  2. 国補助金の確定通知書の写し
  3. 国補助金の実績報告書類の写し(国補助対象経費の記載があるもの)
  4. 事業所所在地や事業を営んでいることが確認できる書類の写し(法人事業概況説明書又は確定申告書の写し等)
  5. 振込口座が確認できるもの(通帳の写し等)

詳細な申請書類については、公式サイトの公募要領やQ&Aを参考にしてください。

注意事項

申請書類の提出方法や必要書類には以下の注意事項があります。

  • 郵送での提出の場合、提出期限までに到着が確認されるものとします。
  • 電子メールでの提出の場合も、提出期限までに到着が確認されるものとします。
  • 補助金申請システム「Jグランツ」を利用する場合、GビズIDの取得には2〜3週間かかるため、十分な準備が必要です。

申請手続きや必要書類に関する疑問や問い合わせは、経済産業局にお問い合わせください。公式サイトや相談窓口にて詳細を確認してください。

以上が、伝統的工芸品産業支援補助金(災害復興事業)の申請手続きと必要書類に関する情報です。申請の際には、指定された書類や期限に注意しながら手続きを行ってください。

審査基準と採択のポイント

crafts

令和6年度「伝統的工芸品産業支援補助金(災害復興事業)」の採択には、以下の審査基準が適用されます。採択されるためには、以下のポイントに注意する必要があります。

1. 事業の内容と目的

  • 事業計画書や補助金申請書に事業の内容と目的を明確に記載しましょう。
  • 製造設備の整備や原材料の確保、試作・製作などの具体的な取り組みを示しましょう。

2. 被災状況の証明

  • 被災の証明として、被害を受けた施設や設備の写真を撮影しておく必要があります。
  • 写真は採択されるための重要な証拠となりますので、きちんと準備しましょう。

3. 経済効果の評価

  • 採択される事業は、伝統的工芸品産業の復興と地域経済の振興に寄与することが求められます。
  • 事業の経済効果を明確に示し、地域や産業への貢献度をアピールしましょう。

4. 実施計画の具体性と実現可能性

  • 事業の実施計画は具体的かつ現実的である必要があります。
  • 設備の選定や原材料の確保方法など、具体的な計画を立てていることを示しましょう。

5. 財務計画の妥当性

  • 事業の財務計画は適切かつ妥当である必要があります。
  • 補助金を受けて事業を再開するための資金計画を具体的に示しましょう。

以上のポイントに注意しながら、事業計画書や補助金申請書を作成しましょう。審査基準を満たすことで、採択される可能性が高まります。また、必要な書類や申請手続きについては、公募要領を参照し、正確に提出しましょう。ぜひ、伝統的工芸品産業の復興に向けて補助金を活用してください。

まとめ

能登半島地震により被害を受けた伝統工芸産業を支援するための「伝統的工芸品産業支援補助金(災害復興事業)」は、被災事業者の皆さまにとって大変重要な制度です。事業の再開に必要な設備投資や原材料の確保、試作品の製作など、様々な用途で補助金を活用することができます。申請に際しては、公募要領をよく確認し、審査基準をクリアするため努力をしていただきたいと思います。この補助金を上手に活用することで、伝統工芸産業の復興と地域経済の振興につなげていくことができるでしょう。被災された皆さまの早期復興を心よりお祈りしております。

よくある質問

補助対象者はどのような事業者が対象となりますか?

補助の対象者は、石川県、新潟県、富山県、福井県の被災地域で伝統的工芸品を製造する事業者や特定製造協同組合等が対象となります。具体的には、中小企業の製造事業者やその製造協同組合が補助の対象となります。

補助金の使途はどのようなものが認められますか?

補助金の使途として認められるのは、生産設備や機器の購入・修繕費用、原材料の購入費、試作・製作に関連する費用などです。不動産の購入費や建物の建設費用、既存設備の撤去費用などは補助対象外となります。

申請方法や必要書類はどのようなものがありますか?

申請方法は郵送、電子メール、補助金申請システム「Jグランツ」のいずれかで行います。必要書類には、申請書類のほか、国補助金の確定通知書や実績報告書類の写し、事業所所在地の確認書類、振込口座情報などが含まれます。

審査基準にはどのようなポイントがありますか?

審査では、事業の内容と目的、被災状況の証明、経済効果の評価、実施計画の具体性と実現可能性、財務計画の妥当性などが重視されます。これらのポイントを踏まえて、事業計画書や補助金申請書を作成する必要があります。

出典元:令和6年度「伝統的工芸品産業支援補助金(災害復興事業)」の公募について (METI/経済産業省)


メール通知の配信を停止したい場合は、以下から解除手続きを行っていただけますと幸いです。


 


スタッフ大募集しています⇩
アフィリエイター
営業スタッフ
ウェビナー講師
テレアポスタッフ
営業事務
社会保険労務士
中小企業診断士


コメント欄でやりとりしよう!

質問/相談/実例/感想/など何でもok!
グループで討論すれば定着率10倍!
人に教えると18倍!
(わかった)を(できた)に変えよう。
圧倒的な手数で圧倒的な成果を!

この記事で少しでもお役に立てたなら幸いです。
ご意見、ご感想など、ぜひお聞かせください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事を書いた人

ハイタッチ・マーケティングブログ編集責任者
AIマーケティングイノベーター
毎日4時間の勉強を続けるマーケティングオタク
趣味は東南アジア節約旅行

=============================================================
発行責任者:ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合
発行者住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿1-36-2 新宿第七葉山ビル3F
運営事務局:050-5536-6444
E-mail :info@hmllp.org
HP :https://www.hmllp.org/
取扱サービス
公式X(旧Twitter)
公式YouTubeチャンネル
公式TikTok
=============================================================


Copyright(C) ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合