中堅・中小企業の賃上げに向けた大規模成長投資補助金!省力化・生産性向上のチャンスをつかもう!

助成金、補助金、公的融資、etc.
この記事は約5分で読めます。

 

 

はじめに

2024年3月6日、中堅・中小企業向けに新たな補助金制度が発表されました。この補助金は、人手不足に対応し労働生産性を向上させ、給与アップを目指す企業に対して最大50億円までの支援が行われます。本ブログでは、この大規模成長投資補助金の目的、対象者、申請方法などを詳しくご紹介します。

補助金の目的と概要

funding

補助金の目的

経済産業省は、中堅・中小企業が直面する人手不足問題に対応し、それによる労働生産性の向上および給与の増加を実現するために、この補助金を設けました。目的は、持続可能な経済成長と労働市場の活性化にあります。

補助金によって支援されるのは、省力化設備や効率化を促す新たな技術への投資です。これにより、中堅・中小企業が抱える生産性の問題を解決し、給与アップに繋げることができます。

補助金の概要

補助金の総額は3,000億円にものぼり、1件あたりの補助上限額は50億円です。補助率は1/3以下とされており、補助対象者は従業員数2,000人以下の中堅・中小企業です。申請受付は2024年3月6日に始まり、4月30日に締め切られます。

補助の対象となるのは、10億円以上の投資を行い、補助事業終了後3年間で賃上げ率が直近5年間の最低賃金の伸び率以上であるプロジェクトです。これにより、企業が賃上げを実現するための大きな後押しとなることが期待されます。

補助金の申請方法

business

申請資格

この補助金は、常時2,000人以下の従業員を抱える中堅・中小企業が対象となります。対象企業は、事業規模の拡大や労働生産性の向上を目的とした投資計画を持つ必要があります。

また、補助金を受けるためには、投資額が10億円以上であり、補助事業終了後3年間の賃上げ率が直近5年間の最低賃金の伸び率以上であるなど、一定の条件を満たす必要があります。

申請プロセス

申請は、中堅・中小成長投資補助金事務局の公式ホームページから行います。申請期間は2024年3月6日から4月30日までとなっており、この期間内に申請書類を準備し提出する必要があります。

提出後、プレゼンテーション審査を含む複数の審査プロセスが行われ、選定された企業には6月中下旬頃に採択通知が届きます。詳細なスケジュールや審査内容は、公式ホームページで確認することができます。

補助対象経費

business

補助金で賄える経費

補助金の対象となる経費には、主に工場や設備の建設費、新しい機械装置の購入費、ソフトウェアの導入費用などが含まれます。この補助金では、効率化や省力化に貢献する設備投資を重視しています。

また、外注費や専門家経費も補助対象経費に含まれるため、事業計画の策定や技術導入に関わるコンサルティング料なども補助の範囲内です。

補助金額と補助率

補助金の上限額は50億円で、補助率は1/3以下とされています。つまり、投資額の最大3分の1までが補助金として支給されることになります。これにより、大規模な投資が必要な省力化プロジェクトや効率化改善に向けた設備導入も、経済的支援を受けながら進めることが可能になります。

ただし、補助金の申請には投資額が10億円以上という要件がありますので、計画的かつ具体的な投資プランの策定が重要です。補助金を活用した事業拡大や労働生産性の向上に向け、詳細な検討を行う必要があります。

成功事例とその影響

technology

成功事例の概要

過去には、同様の補助金制度を利用して、生産設備の自動化や効率化を実現し、企業の成長を遂げた事例が複数存在します。例えば、柔軟なロボット技術を導入することで人手不足を解消し、生産性を大幅に向上させた企業や、AIを活用したデータ分析により製品の品質向上とコスト削減を実現した企業などです。

これらの成功事例からは、先進的な技術の導入と効率化への投資が、中長期的な企業成長に大きく貢献することが伺えます。また、賃上げを含めた従業員の福利厚生の向上も、企業の人材確保および定着率の向上に繋がっています。

補助金利用による影響

補助金を活用することで、企業は通常では難しい大規模な設備投資や技術導入が可能になります。これにより、短期間で生産性の向上やコスト削減を実現し、市場競争力を高めることができるようになります。

また、賃上げや従業員の福利厚生の改善にも積極的に取り組むことができ、これが再び企業の生産性向上に繋がるという好循環が生まれます。結果として、持続可能なビジネスモデルの構築へと導かれるのです。

申請のポイント

checklist

要件を満たすためのチェックリスト

補助金申請にあたっては、対象となる企業であるかや投資計画が要件を満たしているか等、各種条件を事前に確認しておく必要があります。投資額が10億円以上、補助事業終了後3年間で賃上げ率が直近5年間の最低賃金の伸び率以上といった基準が適用されます。

また、具体的な事業計画書や投資の詳細を正確に記載し、その実現可能性をアピールすることが大切です。プレゼンテーション審査では、事業計画の具体性や将来性などを評価されるため、事前準備をしっかりと行いましょう。

申請書類の作成と提出

申請書類は、公式ホームページからダウンロードできる書式に従って記載します。事業計画の概要、投資計画の詳細、賃上げ計画などが要求されますので、わかりやすく正確に情報をまとめましょう。

提出は、指定された期間内にオンラインで行われます。文書の不備がないよう、申請期限前にはすべての書類を再チェックし、問題がなければ提出してください。

まとめ

この大規模成長投資補助金は、中堅・中小企業の持続可能な成長を支援する貴重な機会です。補助金の活用は、労働生産性の向上や賃上げの実現に向けた大きな一歩となるでしょう。申請資格や要件、申請プロセスをしっかり理解し、計画性をもって申請に臨みましょう。

成功事例を参考にしながら、自社にとって最適な投資計画を立案することが重要です。補助金を活用することで、人手不足の解決や生産性の向上、さらには給与アップによる従業員満足度の向上にも繋がります。持続可能な企業成長と社会貢献を目指して、積極的にこの機会を活用していきましょう。

 

よくある質問

Q1: 補助金の対象となる企業の従業員数には上限はありますか?

A1: はい、補助金の対象となる企業は常時2,000人以下の従業員を抱える中堅・中小企業です。

Q2: 申請期間はいつからいつまでですか?

A2: 申請期間は2024年3月6日から4月30日までです。

Q3: 補助金の申請方法はどのように行えますか?

A3: 補助金の申請は中堅・中小成長投資補助金事務局の公式ホームページから行います。申請書類を準備し、指定された期間内にオンラインで提出する必要があります。

Q4: 補助金の上限額や補助率はどのようになっていますか?

A4: 補助金の総額は3,000億円で、1件あたりの補助上限額は50億円です。補助率は1/3以下とされており、投資額の最大3分の1までが補助金として支給されます。


スタッフ大募集しています⇩
アフィリエイター
営業スタッフ
ウェビナー講師
テレアポスタッフ
営業事務
社会保険労務士
中小企業診断士


コメント欄でやりとりしよう!

質問/相談/実例/感想/など何でもok!
グループで討論すれば定着率10倍!
人に教えると18倍!
(わかった)を(できた)に変えよう。
圧倒的な手数で圧倒的な成果を!

この記事で少しでもお役に立てたなら幸いです。
ご意見、ご感想など、ぜひお聞かせください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事を書いた人

ハイタッチ・マーケティングブログ編集責任者
AIマーケティングイノベーター
毎日4時間の勉強を続けるマーケティングオタク
趣味は東南アジア節約旅行

=============================================================
発行責任者:ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合
発行者住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿1-36-2 新宿第七葉山ビル3F
運営事務局:050-5536-6444
E-mail :info@hmllp.org
HP :https://www.hmllp.org/
取扱サービス
公式X(旧Twitter)
公式Facebookページ
公式Instagram
公式YouTubeチャンネル
公式TikTok
=============================================================


Copyright(C) ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合