観光庁の「インバウンド安全・安心対策推進事業」公募開始!観光施設・医療機関の訪日外国人対応強化へ

助成金、補助金、公的融資、etc.
この記事は約3分で読めます。

インバウンド安全・安心対策推進事業とは?

観光庁が主導する「インバウンド安全・安心対策推進事業」は、観光施設や医療機関における非常時対応や訪日外国人旅行者への対応力強化を目指した補助事業です。増加する訪日外国人旅行者に対して、安全で安心な観光体験を提供するための重要な施策となります。

公募期間と応募受付期間

この事業の公募期間は、2024年6月3日(月)から2024年9月27日(金)17時までです。応募の受付は、2024年2月14日(水)から開始されており、こちらも締め切りは2024年9月27日(金)17時となっています。

補助対象事業者の詳細

補助対象となる事業者は、以下の通りです。

  • 観光案内所・観光施設等を設置し、若しくは管理する者
  • 観光地における店舗・事業所等を運営する者
  • 病院・診療所等を設置し、又は管理する者
  • 地方公共団体

ただし、宿泊事業および交通事業に係る施設の整備は補助対象外となりますので注意が必要です。

補助対象事業の内容

この補助事業では、以下の4つの分野での強化を目指しています。

観光施設等の避難所機能の強化

観光地での災害時に、訪日外国人旅行者を安全に避難させるための設備や仕組みを整備します。具体的には、避難誘導案内板の多言語化や、避難所の設備充実が含まれます。

観光施設等の多言語対応機能の強化

訪日外国人旅行者が安心して観光を楽しむためには、多言語での案内やサポートが欠かせません。多言語対応の案内板や、観光案内所における通訳サービスの導入・強化が補助対象となります。

医療機関の訪日外国人患者受入機能強化

外国人旅行者が安心して医療を受けられるように、医療機関での多言語対応や受け入れ体制の強化が求められます。具体的には、多言語対応の診察システムや通訳サービスの導入、外国人患者専用の相談窓口の設置などが含まれます。

災害時等における観光危機管理の強化

観光地での災害発生時に迅速かつ的確に対応するための体制整備も重要です。危機管理のための研修や訓練の実施、緊急連絡網の整備などが補助対象となります。

補助率と補助金の上限

補助率は、補助対象経費の2分の1以内となります。ただし、「災害時等における観光危機管理の強化」に関しては、補助対象経費の2分の1以内かつ上限500万円とされています。

応募の流れと注意点

応募の際には、必要な書類を揃え、観光庁が指定する提出先へ提出します。提出期限を守り、正確な情報を提供することが重要です。また、補助金の申請には、事業計画や見積書の提出が必要となるため、事前にしっかりと準備を進めましょう。

まとめ:安全・安心な観光地づくりへの一歩

「インバウンド安全・安心対策推進事業」は、訪日外国人旅行者に対する安全・安心な環境づくりを目指した重要な取り組みです。観光地や医療機関が協力し、これらの施策を実施することで、訪日外国人旅行者にとって魅力的で安全な日本を提供できるようになります。ぜひ、この機会を活用し、観光地の安全・安心対策を強化していきましょう。

※この記事を作成した『東大スタートアップ提供・ブログ記事作成用プロンプト』はコチラ


メール通知の配信を停止したい場合は、以下から解除手続きを行っていただけますと幸いです。


 


スタッフ大募集しています⇩
アフィリエイター
営業スタッフ
ウェビナー講師
テレアポスタッフ
営業事務
社会保険労務士
中小企業診断士


コメント欄でやりとりしよう!

質問/相談/実例/感想/など何でもok!
グループで討論すれば定着率10倍!
人に教えると18倍!
(わかった)を(できた)に変えよう。
圧倒的な手数で圧倒的な成果を!

この記事で少しでもお役に立てたなら幸いです。
ご意見、ご感想など、ぜひお聞かせください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事を書いた人

ハイタッチ・マーケティングブログ編集責任者
AIマーケティングイノベーター
毎日4時間の勉強を続けるマーケティングオタク
趣味は東南アジア節約旅行

=============================================================
発行責任者:ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合
発行者住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿1-36-2 新宿第七葉山ビル3F
運営事務局:050-5536-6444
E-mail :info@hmllp.org
HP :https://www.hmllp.org/
取扱サービス
公式X(旧Twitter)
公式YouTubeチャンネル
公式TikTok
=============================================================


Copyright(C) ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合