二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(ZEB化・省CO2化普及加速事業)の公募開始! – 最大3億円の補助金を活用して環境に優しい建築物を実現しよう

助成金、補助金、公的融資、etc.
この記事は約5分で読めます。

はじめに

2024年6月3日から7月10日までの期間、二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(建築物等のZEB化・省CO2化普及加速事業)の公募が開始されます。この補助金は、新築および既存の民間建築物等に対して、省CO2性の高い設備を導入することで、最大3億円の補助を受けることができます。本記事では、この補助金の詳細について、わかりやすく説明します。

二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金とは?

事業の背景

地球温暖化が進行する中、二酸化炭素(CO2)の排出削減は喫緊の課題です。日本政府は、2030年までに温室効果ガスの排出を46%削減する目標を掲げており、その一環としてZEB(ゼロ・エネルギー・ビルディング)の普及を推進しています。

ZEB化・省CO2化普及加速事業の目的

この補助金事業は、ZEBの普及を加速し、建築物の省CO2化を推進することを目的としています。ZEBとは、建物の年間エネルギー消費量を正味ゼロにすることを目指す建築物のことです。ZEBの普及により、エネルギー効率の向上とCO2排出削減が期待されます。

公募の詳細

公募期間

公募期間は2024年6月3日から7月10日までです。この期間中に申請を行うことで、補助金を受けるチャンスがあります。

対象施設

補助金の対象となる施設は以下の通りです。

  • 地方公共団体等(地方独立行政法人、公営企業を含む。ただし都道府県、政令市、中核都市及び施行時特例市を除く)が所有する業務用建築物(面積要件なし)
  • 上記以外の者が所有する業務用建築物(新築の場合は延べ面積10,000㎡未満、既存建築物の場合は延べ面積2,000㎡未満に限る)

補助金の具体的な内容

補助対象の施設と条件

補助金は、施設の種類と規模に応じて異なります。以下に、補助金の詳細を説明します。

補助率と上限額の詳細

  • 2,000㎡未満(新築)
    • ZEB:補助率 1/2
    • Nearly ZEB:補助率 1/3
    • (上限3億円)
  • 2,000㎡未満(既存)
    • ZEB:補助率 2/3
    • Nearly ZEB:補助率 2/3
    • (上限3億円)
  • 2,000㎡以上10,000㎡未満(新築)
    • ZEB:補助率 1/2
    • Nearly ZEB:補助率 1/3
    • ZEB Ready:補助率 1/4
    • (上限3億円)
  • 2,000㎡以上10,000㎡未満(既存)
    • ZEB:補助率 2/3
    • Nearly ZEB:補助率 2/3
    • ZEB Ready:補助率 2/3
    • (上限5億円)地方公共団体のみ対象
  • 10,000㎡以上(新築)
    • ZEB:補助率 1/2
    • Nearly ZEB:補助率 1/3
    • ZEB Ready:補助率 1/4
    • ZEB Oriented:補助率 1/4
    • (上限3億円)地方公共団体のみ対象
  • 10,000㎡以上(既存)
    • ZEB:補助率 2/3
    • Nearly ZEB:補助率 2/3
    • ZEB Ready:補助率 2/3
    • ZEB Oriented:補助率 2/3
    • (上限5億円)地方公共団体のみ対象

補助金の申請方法

申請の流れ

  1. 情報収集:まずは公募要項をしっかり確認しましょう。
  2. 書類準備:必要書類を準備し、正確に記入します。
  3. 申請書提出:所定の提出先に申請書類を送付します。
  4. 審査・結果通知:審査が行われ、結果が通知されます。

必要書類と注意点

申請には、事業計画書や費用見積書、建物の図面などが必要です。不備があると審査が通らない可能性があるため、書類は慎重に作成しましょう。

ZEBとは?

ZEBの定義と種類

ZEB(ゼロ・エネルギー・ビルディング)は、建物の年間エネルギー消費量を正味ゼロにすることを目指す建築物です。ZEBには以下の種類があります。

  • ZEB:エネルギー消費を100%削減
  • Nearly ZEB:エネルギー消費を75%以上削減
  • ZEB Ready:エネルギー消費を50%以上削減
  • ZEB Oriented:特定のエネルギー消費を削減

ZEB化のメリット

ZEB化により、エネルギーコストの削減、環境負荷の低減、そして建物の価値向上が期待されます。また、補助金を活用することで、初期投資を抑えつつ効果的な省エネルギー対策が可能です。

実際の導入事例

新築建築物におけるZEB化の成功例

新築建築物においてZEBを導入した例として、先進的なオフィスビルや商業施設があります。これらの建物では、最新の省エネルギー技術を駆使し、エネルギーコストの大幅な削減を実現しています。

既存建築物の省CO2化の実績

既存建築物においても、改修を行いZEB化を達成した事例が増えています。例えば、古いオフィスビルや工場が、エネルギー効率の高い設備を導入することで、環境負荷を大幅に削減しています。

補助金を活用する際のポイント

効果的な活用法

補助金を効果的に活用するためには、事前にしっかりと計画を立てることが重要です。エネルギー効率の高い設備を導入するだけでなく、長期的な運用コストの削減を見据えた投資を行いましょう。

コンサルタントの利用

専門のコンサルタントを活用することで、補助金申請の手続きをスムーズに進めることができます。経験豊富なプロのアドバイスを受けることで、成功率が高まります。

まとめ

補助金を活用して、環境に優しい建築物を実現することは、企業や地方公共団体にとって大きなメリットがあります。ZEB化や省CO2化を推進することで、エネルギーコストの削減や環境保全に寄与するだけでなく、社会的な評価も向上します。この機会に、ぜひ補助金を活用し、持続可能な未来への一歩を踏み出しましょう。


本記事では、二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金について詳しく解説しました。この情報を参考にして、補助金の申請を検討してみてください。環境に優しい建築物を実現するために、今すぐ行動を開始しましょう。

※この記事を作成した『東大スタートアップ提供・ブログ記事作成用プロンプト』はコチラ


メール通知の配信を停止したい場合は、以下から解除手続きを行っていただけますと幸いです。


 


スタッフ大募集しています⇩
アフィリエイター
営業スタッフ
ウェビナー講師
テレアポスタッフ
営業事務
社会保険労務士
中小企業診断士


コメント欄でやりとりしよう!

質問/相談/実例/感想/など何でもok!
グループで討論すれば定着率10倍!
人に教えると18倍!
(わかった)を(できた)に変えよう。
圧倒的な手数で圧倒的な成果を!

この記事で少しでもお役に立てたなら幸いです。
ご意見、ご感想など、ぜひお聞かせください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事を書いた人

ハイタッチ・マーケティングブログ編集責任者
AIマーケティングイノベーター
毎日4時間の勉強を続けるマーケティングオタク
趣味は東南アジア節約旅行

=============================================================
発行責任者:ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合
発行者住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿1-36-2 新宿第七葉山ビル3F
運営事務局:050-5536-6444
E-mail :info@hmllp.org
HP :https://www.hmllp.org/
取扱サービス
公式X(旧Twitter)
公式YouTubeチャンネル
公式TikTok
=============================================================


Copyright(C) ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合