埼玉県「経営革新グリーン分野進出支援事業補助金」の公募開始!中小企業の未来を切り拓くチャンス

助成金、補助金、公的融資、etc.
この記事は約4分で読めます。

はじめに

埼玉県では、国の「グリーン成長戦略」に基づき、中小企業のグリーン分野への進出を支援する「経営革新グリーン分野進出支援事業補助金」の公募が開始されました。この補助金は、中小企業の新たなビジネスチャンスを広げるとともに、環境に優しい持続可能な社会の実現を目指すものです。本記事では、この補助金について詳しく解説します。

補助金の概要

補助金の目的

この補助金は、国の「グリーン成長戦略」の14の重点分野への進出を目指す中小企業を支援することを目的としています。具体的には、エネルギー効率の向上や再生可能エネルギーの利用拡大、環境負荷の低減などを図る企業を支援し、持続可能な社会の実現に貢献することを目指しています。

公募期間

公募期間は令和6年6月3日(月曜日)から7月31日(水曜日)までです。この期間内に申請を行うことで、補助金の対象となる可能性があります。

補助金額

補助金額は最大で500万円です。企業の規模や事業内容に応じて、補助率や補助金額が異なるため、詳細は後述します。

補助対象者の要件

補助対象者は、中小企業等経営強化法第2条第5項に規定する特定事業者であり、以下の要件を満たす必要があります。

中小企業等経営強化法に基づく特定事業者

まず、特定事業者であることが必要です。この特定事業者には、中小企業や個人事業主が含まれます。

県内拠点の必要性

補助対象者は、県内に登記簿上の本店を有し、主たる事業所を有する者である必要があります。個人事業主の場合は、県内に住民票上の住所地及び主たる事務所を有することが求められます。

組合の場合の要件

組合の場合は、事業及び経費の分担が明確であり、構成員への成果普及体制が整っていることが必要です。

承認と進出計画

令和5年10月2日(月曜日)から令和6年9月30日(月曜日)までに埼玉県から承認(変更承認を含む)を受けている(又は受ける見込の)者で、その承認を受けた計画に基づき、国の「グリーン成長戦略」の14の重点分野へ新たに進出する事業を行う者であることが求められます。

事業継続の意思

補助金申請日時点において県内で事業を行っており、引き続き、県内で事業を継続する意思があることも重要です。

グリーン成長戦略の14の重点分野

国の「グリーン成長戦略」には、14の重点分野が含まれています。これらの分野に新たに進出することで、企業は補助金の対象となります。

エネルギー関連産業

  • 洋上風力・太陽光・地熱
  • 水素・燃料アンモニア
  • 次世代熱エネルギー
  • 原子力

輸送・製造関連産業

  • 自動車・蓄電池
  • 半導体・情報通信
  • 船舶
  • 物流・人流・土木インフラ
  • 食料・農林水産業
  • 航空機
  • カーボンリサイクル・マテリアル

家庭・オフィス関連産業

  • 住宅・建築物・次世代電力マネジメント
  • 資源循環関連
  • ライフスタイル関連

補助対象経費

補助対象経費は多岐にわたり、以下のようなものが含まれます。

建物費

新たな施設の建設や改修にかかる費用です。

機械装置・システム構築費

リース料を含む、機械装置やシステムの構築に必要な費用です。

その他の対象経費

  • 技術導入費
  • 専門家経費
  • 運搬費
  • クラウドサービス利用費
  • 外注費
  • 知的財産権等関連経費
  • 広告宣伝・販売促進費
  • 研修費
  • その他経営革新計画事業において必要と認められる経費

具体的な補助金額と補助率

企業の年間売上高に応じて、補助金額と補助率が異なります。

年間売上高1,000万円超の事業者

補助率は補助対象経費の2分の1、補助金額は50万円から500万円です。

年間売上高1,000万円以下の事業者

補助率は補助対象経費の3分の2、補助金額は30万円から500万円です。

申請手続きとスケジュール

補助金の申請手続きは、公募期間内に所定の書類を提出することで行われます。申請に必要な書類や手続きの詳細は、埼玉県の公式ウェブサイトで確認することができます。また、申請手続きのスケジュールも確認しておくことが重要です。

成功事例の紹介

ここでは、過去に補助金を活用して成功した事例を紹介します。例えば、ある中小企業が補助金を活用して新たなエネルギー関連産業に進出し、事業拡大に成功した事例などがあります。こうした成功事例は、自社の参考になるだけでなく、モチベーションアップにもつながります。

まとめ

埼玉県の「経営革新グリーン分野進出支援事業補助金」は、中小企業がグリーン分野に進出するための大きなチャンスです。補助金を活用することで、新たなビジネスチャンスを広げ、持続可能な社会の実現に貢献することができます。興味のある企業は、ぜひ公募期間内に申請を検討してみてください。

※この記事を作成した『東大スタートアップ提供・ブログ記事作成用プロンプト』はコチラ


メール通知の配信を停止したい場合は、以下から解除手続きを行っていただけますと幸いです。


 


スタッフ大募集しています⇩
アフィリエイター
営業スタッフ
ウェビナー講師
テレアポスタッフ
営業事務
社会保険労務士
中小企業診断士


コメント欄でやりとりしよう!

質問/相談/実例/感想/など何でもok!
グループで討論すれば定着率10倍!
人に教えると18倍!
(わかった)を(できた)に変えよう。
圧倒的な手数で圧倒的な成果を!

この記事で少しでもお役に立てたなら幸いです。
ご意見、ご感想など、ぜひお聞かせください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事を書いた人

ハイタッチ・マーケティングブログ編集責任者
AIマーケティングイノベーター
毎日4時間の勉強を続けるマーケティングオタク
趣味は東南アジア節約旅行

=============================================================
発行責任者:ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合
発行者住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿1-36-2 新宿第七葉山ビル3F
運営事務局:050-5536-6444
E-mail :info@hmllp.org
HP :https://www.hmllp.org/
取扱サービス
公式X(旧Twitter)
公式YouTubeチャンネル
公式TikTok
=============================================================


Copyright(C) ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合