東京都の「新たな事業環境に即応した経営展開サポート事業(一般コース)」で経営基盤を強化しよう!

助成金、補助金、公的融資、etc.
この記事は約4分で読めます。

はじめに

東京都は、中小企業や個人事業主が厳しい経営環境に適応し、経営基盤を強化するための「新たな事業環境に即応した経営展開サポート事業(一般コース)」を実施しています。この助成金制度は、売上が減少している企業を対象に、最大800万円(助成率2/3)の支援を提供し、経営改善を図ることを目的としています。本記事では、この助成金制度の詳細や申請方法、成功事例などを詳しく解説します。

「新たな事業環境に即応した経営展開サポート事業」とは?

この事業は、東京都内の中小企業や個人事業主が、新たな事業環境に適応するための経営改善計画を策定し、その計画に基づいて実施する取組を支援するものです。公募期間は令和6年4月から令和7年3月までの毎月で、売上が減少した企業を対象としています。

助成対象者の条件

この助成金の対象者は、以下の条件を満たす都内の中小企業および個人事業主です。

  • 直近決算期の売上高が、2019年の決算期以降のいずれかの決算期と比較して減少している
  • 直近決算期において損失を計上している

助成額と助成率

この助成金の限度額は800万円で、助成率は3分の2です。これは、企業が経営改善計画を実施するための経費のうち、3分の2を助成金で賄うことができるという意味です。

助成期間とスケジュール

助成期間は、交付決定日から1年間です。また、公募期間は令和6年4月から令和7年3月までの毎月行われます。毎月の募集・審査が行われるため、計画を早めに立てて申請することが重要です。

助成対象経費

助成対象となる経費は、専門家の審査で採択された経営改善計画に基づいて実施する取組に関連する経費です。具体的には以下のような経費が含まれます。

  • 設備導入費
  • 工事費
  • 販売促進費
  • 外注・委託費(市場調査等)
  • システム導入費
  • 開発費

経営改善計画の重要性

経営改善計画は、企業が長期的に成長し、持続可能なビジネスモデルを構築するための重要なステップです。この計画を策定することで、企業の現状を客観的に把握し、具体的な改善策を講じることができます。

専門家のサポートを受けるメリット

専門家のサポートを受けることで、経営改善計画の策定や実施がスムーズに進みます。専門家は豊富な経験と知識を持っており、企業の現状に最適なアドバイスを提供してくれます。また、助成金の申請手続きもスムーズに進むため、企業は安心して計画を実行できます。

申請手続きの流れ

助成金の申請手続きは以下の通りです。

  1. 経営改善計画の策定
  2. 専門家の審査を受ける
  3. 助成金の申請書類を提出
  4. 審査結果の通知
  5. 助成金の交付決定
  6. 計画の実施と経費の支出
  7. 経費の報告と助成金の受領

成功事例の紹介

ここでは、過去に助成金を受けた企業の成功事例をいくつか紹介します。

事例1: 製造業A社

A社は、売上が減少していたため、この助成金を利用して新しい生産設備を導入しました。その結果、生産効率が大幅に向上し、売上も回復しました。

事例2: 飲食業B社

B社は、店舗の改装費用を助成金で賄いました。新しい内装とマーケティング戦略により、来店客数が増加し、売上が大幅に改善しました。

よくある質問

Q: 助成金の申請にはどのような書類が必要ですか? A: 申請には、経営改善計画書、決算書、売上減少の証明書類などが必要です。

Q: 助成金はどのように支給されますか? A: 助成金は、計画の実施後、支出した経費に基づいて支給されます。

まとめ

東京都の「新たな事業環境に即応した経営展開サポート事業(一般コース)」は、売上が減少している中小企業や個人事業主にとって非常に有益な助成金制度です。経営改善計画を策定し、専門家のサポートを受けながら実施することで、企業の経営基盤を強化し、持続可能な成長を実現することができます。助成金の申請手続きは少し手間がかかりますが、その価値は十分にあります。ぜひこの機会に申請を検討してみてください。

※この記事を作成した『東大スタートアップ提供・ブログ記事作成用プロンプト』はコチラ


メール通知の配信を停止したい場合は、以下から解除手続きを行っていただけますと幸いです。


 


スタッフ大募集しています⇩
アフィリエイター
営業スタッフ
ウェビナー講師
テレアポスタッフ
営業事務
社会保険労務士
中小企業診断士


コメント欄でやりとりしよう!

質問/相談/実例/感想/など何でもok!
グループで討論すれば定着率10倍!
人に教えると18倍!
(わかった)を(できた)に変えよう。
圧倒的な手数で圧倒的な成果を!

この記事で少しでもお役に立てたなら幸いです。
ご意見、ご感想など、ぜひお聞かせください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事を書いた人

ハイタッチ・マーケティングブログ編集責任者
AIマーケティングイノベーター
毎日4時間の勉強を続けるマーケティングオタク
趣味は東南アジア節約旅行

=============================================================
発行責任者:ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合
発行者住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿1-36-2 新宿第七葉山ビル3F
運営事務局:050-5536-6444
E-mail :info@hmllp.org
HP :https://www.hmllp.org/
取扱サービス
公式X(旧Twitter)
公式YouTubeチャンネル
公式TikTok
=============================================================


Copyright(C) ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合