【東京都:~令和6年2月20日(火)】ゼロエミッション化に向けた省エネ設備導入・運用改善支援事業の公募開始!

助成金、補助金、公的融資、etc.
この記事は約18分で読めます。

東京都が、環境負荷の低減を図るための新たな取り組みを始動しました。令和6年2月20日までの期間で、ゼロエミッションを目指す企業に対し、省エネ設備の導入や運用改善を支援する公募が開始されています。このプロジェクトは、持続可能な都市開発を促進する一環として注目されており、対象となる事業者には貴重なチャンスが提供されることになります。

ゼロエミッション化に向けた省エネ設備導入・運用改善支援事業とは?

ゼロエミッション化に向けた省エネ設備導入・運用改善支援事業は、地球温暖化対策の一環として、事業者が省エネルギー型の設備を導入または既存の運用を改善する際に、費用の一部を補助する制度です。この事業を通じて、東京都は2020年までに温室効果ガス排出量を大幅に削減することを目指しています。助成対象者は都内に事業所を持つ中小企業やNPO法人などで、対象となる設備はLED照明や高効率ボイラーなど、省エネ性能が高いものに限られます。助成額や助成率は、プロジェクトの規模や効果に応じて変動し、具体的な経費には設備の購入費用や設置工事費が含まれます。

申請方法は、東京都のウェブサイトから必要書類をダウンロードし、指定された受付期間内に提出する必要があります。令和6年度の申請受付は令和6年2月20日までとなっており、その際には申請書類のほか、事業計画書や見積書などが必要です。前年度の実績として、令和5年度の予算規模は数十億円にのぼり、多くの事業者がこの支援を活用して省エネ化を進めました。令和6年度には、さらに多くの応募が期待されており、それに伴い省エネ設備の導入によるCO2削減効果が見込まれています。

この助成金の申請にあたっては、適切な設備選定や効果的な運用計画の立案が重要です。成功事例を参考にすることで、申請のポイントを把握しやすくなります。また、申請に関する疑問や不明点は、東京都の相談窓口で平日9:00から12:00、13:00から17:00までの間に問い合わせることができます。さらに、関連する補助金や助成金についての情報もリンクを通じて入手可能です。

この事業により、企業は経済的支援を受けながら環境負荷の低減を図ることができ、東京都のゼロエミッションのビジョン実現に貢献することになります。興味がある事業者は、詳細な公募要領を確認し、積極的にこの機会を活用することが推奨されます。

事業の目的と概要

この事業は、東京都が進める環境戦略の一環として、地球温暖化対策を推進するために設立されました。具体的には、企業や団体が取り組む省エネルギー設備の導入や運用改善を支援し、ゼロエミッション社会の実現に貢献することを目指しています。この支援を通じて、CO2排出量の削減やエネルギー効率の向上を図ることができ、持続可能な経済成長と環境保全を両立させることが期待されています。また、助成金の提供により、中小企業などの経済的負担を軽減し、省エネ設備への投資を促進することもこの事業の重要な役割です。さらに、運用改善によるエネルギー消費の最適化は、長期的なコスト削減にも繋がり、企業の競争力強化にも寄与するでしょう。

東京都が目指すゼロエミッションのビジョン

東京都は、持続可能な社会を実現するためにゼロエミッションを目標に掲げています。これは、二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスの排出量を実質ゼロにする野心的なビジョンです。その達成に向けて、都は「ゼロエミッション化に向けた省エネ設備導入・運用改善支援事業」を展開しており、地球温暖化防止の一翼を担うことを目指しています。

この事業は、省エネルギー設備の導入や運用の改善を通じて、企業や事業者のエネルギー消費量の削減を支援するものです。具体的には、最新の省エネ技術を活用した設備投資や、既存の設備の運用改善によるエネルギー効率の向上が対象となります。これにより、東京都内のCO2排出量削減を図るとともに、経済活動における環境負荷の軽減を進めています。

助成対象者は東京都内に事業所を有する中小企業や団体であり、対象となる設備は省エネ性能が高く、導入後にエネルギー消費量の削減が見込まれるものです。助成金の申請には、事前のエネルギー診断や計画書の提出が必要となりますが、これにより事業者は自社のエネルギー使用状況を把握し、より効果的な省エネ対策を立案することができます。

申請方法については、都の指定する形式に沿って必要書類を提出する必要があり、受付期間内にオンラインまたは郵送での申請が求められます。また、事業実施年度ごとに予算規模が設定されており、前年度の成果を踏まえた上で、翌年度の展望や効果が公開されています。

このような取り組みは、東京都が国際的な環境都市としてのリーダーシップを発揮し、地球温暖化対策に積極的に貢献していくための重要なステップです。事業者は助成金を活用することで、環境への負荷を減らしながら経済活動を行うことが可能となり、持続可能な発展が促進されます。さらなる情報や相談窓口については、東京都の公式ウェブサイトを参照し、関連リンクやダウンロード資料で詳細を確認することができます。

公募要領の詳細

公募要領の詳細について、ゼロエミッション化に向けた省エネ設備導入・運用改善支援事業を受けるための重要なポイントを解説します。助成対象者は、東京都内で事業を展開する中小企業や非営利団体が主となるため、これらの組織が対象設備の更新や運用の最適化を行い、CO2排出量の削減に貢献することが期待されています。対象となる設備には、高効率のボイラーやLED照明、再生可能エネルギーを利用したシステムなどが含まれ、これらを導入することでエネルギー消費を抑え、環境負荷の低減を図ることが可能です。

助成対象経費には設備導入にかかる費用のほか、運用改善に必要なコンサルティング料や人件費も含まれており、助成金の活用によって企業の負担を軽減できます。主な要件としては、省エネ効果の見込みや事業計画の具体性が求められるため、事前にしっかりとした計画を立てることが重要です。

助成額と助成率の概要では、導入する設備の種類や省エネ効果に応じて変動するため、具体的な数字を確認することが必要です。例えば、特定の設備に対しては助成率が高く設定されている場合があり、これにより企業の経済的負担を大きく削減することができます。

この支援事業は、東京都が進めるゼロエミッションのビジョンを実現するための重要な一環であり、持続可能な社会を築くためには企業の積極的な取り組みが不可欠です。公募要領を正確に理解し、適切な申請を行うことで、環境に優しい事業運営が実現可能となります。

助成対象者と対象設備

助成対象者としては、中小企業や小規模事業者が想定されており、これらの事業者がゼロエミッションを目指し、省エネ設備の導入や運用改善を行う際に支援を受けることができます。対象となる設備は、更新や改善によってエネルギー消費効率を高めるものであり、具体的にはLED照明や高効率ボイラー、太陽光発電システム、省エネ型空調設備などが含まれます。これらの設備を導入することで、事業活動におけるCO2排出量を削減し、環境への負荷を軽減することが期待されています。また、導入後の運用改善も重要視されており、設備の最適な管理や効率的な使用方法が推奨されている点にも注目が集まっています。この事業によって、東京都が描く持続可能な社会の実現への一歩となることが期待されています。

助成対象経費と主な要件

助成対象経費としては、ゼロエミッションを目指すための省エネ型設備の導入や、既存設備の改善に必要な費用が含まれます。主な要件としては、東京都が定める基準に適合する省エネ性能を持つ設備であること、また環境負荷の低減を図ることが可能な設備でなければなりません。助成金の対象となる経費は、具体的に設備購入費、設置工事費、運用に関わる初期費用などがありますが、日常的な運用コストやメンテナンス費用は対象外です。申請者は、事業計画の提出が求められるほか、設備導入後の環境改善効果を定期的に報告する必要があります。これらの要件を満たすことで、東京都からの支援を受けることができるので、詳細な公募要領を確認し、適切な申請を行うことが重要です。

助成額と助成率の概要

助成額と助成率は、省エネ設備の導入や運用改善に関する経費の一部を補填するためのものです。助成対象となるのは、環境負荷の低減を目指す設備投資や省エネルギー型の運用改善を行う事業者です。具体的な助成額はプロジェクトの規模や内容によって異なりますが、一般的には投資額の一定割合が支給されることが多いです。助成率は、事業によって設定される割合で、例えば50%や2/3などが設定されることがあります。重要なのは、助成金を受けるためには、事業計画の適格性が評価される点です。したがって、事業計画の立案には環境への配慮や省エネ効果の明確化が必要となります。また、助成金の申請に際しては、適切な書類の提出が求められるため、公募要領を詳しく確認し、必要な情報を準備することが重要です。申請期限や審査基準、助成金の交付条件などもあらかじめ把握しておくべきでしょう。

申請方法と受付期間

申請方法については、オンラインまたは郵送で行うことができ、必要書類は公式ウェブサイトからダウンロード可能です。受付期間は令和6年度の場合、令和5年12月1日から令和6年2月20日までとなっており、期間内に全ての書類を提出する必要があります。提出された書類は審査を経て、助成の可否が決定されますので、書類の不備がないよう注意しましょう。また、申請に際しては、助成金の対象となる省エネ設備や運用改善の詳細を明記し、計画の具体性を示すことが重要です。申請の際には、事業計画書や見積書など、審査に必要な書類を準備することを忘れないでください。

必要書類と様式ダウンロード

ゼロエミッション化に向けた省エネ設備導入・運用改善支援事業への申請には、特定の書類が必要です。これらは、東京都の公式ウェブサイトからダウンロードできる様式を用いて提出することが求められます。申請に際しては、事業計画書や設備導入の見積もり書、さらには省エネ効果の計算書など、詳細な情報を提供する必要があります。助成金の採択を受けるためには、これらの書類を正確に、かつ期限内に提出することが重要です。書類の提出方法や具体的な内容については、公募要領を熟読し、不明点があれば相談窓口に問い合わせることをお勧めします。適切な書類の準備は、事業の成功に向けた第一歩と言えるでしょう。

令和6年2月20日までのスケジュールと注意点

令和6年2月20日は、東京都が推進する「ゼロエミッション化に向けた省エネ設備導入・運用改善支援事業」の申請締切日です。この事業は、地球温暖化対策として、都内の中小企業や小規模事業者に対し省エネルギー設備の導入や運用改善を支援するものです。申請に当たっては、指定された書類一式を準備し、期限内に提出することが必須です。また、助成金の交付には審査が伴いますので、助成対象となる設備や経費、要件を事前に確認し、適切な計画を立てることが重要です。助成額や助成率の詳細は公募要領を参照し、不明点があれば相談窓口への問い合わせが推奨されます。申請準備は時間を要する作業ですので、余裕を持って着手することが望まれます。

事業実施年度と事業規模

令和5年度に実施されたこの事業は、東京都内の企業が省エネ設備を導入し、運用を改善することでCO2排出量を削減することを目的としています。予算規模は数億円にのぼり、多くの企業が新しい技術を取り入れることで、エネルギー消費の効率化を図りました。令和6年度においても、この事業は継続され、さらなる環境負荷の低減と経済活動の持続可能性の向上が期待されています。具体的な成果としては、前年度比でCO2排出量が平均で10%削減された企業もあり、その効果は数値としても明らかになっています。次年度の展望としては、より多くの中小企業への支援拡大が予定されており、技術革新による省エネ効果の最大化が目指されています。

令和5年度の予算規模と成果

令和5年度における東京都の「ゼロエミッション化に向けた省エネ設備導入・運用改善支援事業」は、温室効果ガス排出量の削減を目指し、企業や団体に対して省エネルギー設備の導入や運用改善を促進するための助成を行いました。この事業は、東京都が掲げる環境目標の達成に寄与する重要な取り組みであり、予算規模は数十億円に及びました。助成を受けた事業者は、LED照明の導入、太陽光発電システムの設置、高効率な空調機器への更新など、さまざまな省エネ行動を実施し、その結果、令和5年度の成果としては、予測を上回るCO2削減効果が報告されています。また、助成事業の運用改善により、申請プロセスの簡素化や対象設備の拡充が図られ、より多くの事業者が助成金を活用しやすい環境が整いました。令和6年度に向けては、これらの成果を踏まえ、さらなる支援の充実が期待されており、東京都は継続的な環境改善努力を推進していく方針です。

令和6年度の展望と期待される効果

令和6年度は、東京都が推進する「ゼロエミッション化に向けた省エネ設備導入・運用改善支援事業」が更なる飛躍を遂げることが期待されています。この事業は、地球温暖化対策としてのCO2排出量削減を目的とし、省エネルギー設備の導入や運用の改善を通じて、企業のゼロエミッション化を支援するものです。令和5年度には多くの企業がこの助成を利用し、エネルギー効率の良い設備への更新や、運用面での改善が実施されました。

令和6年度においては、助成対象となる設備の範囲がさらに拡大し、より多くの企業がこの支援を活用できるようになる見込みです。また、助成額や助成率の見直しも検討されており、企業側の負担軽減が期待されています。助成を受けるための申請方法や必要書類についても、よりシンプルで分かりやすいプロセスへの改善が進められています。

この事業によって、東京都内の企業は環境に配慮した経営を推進し、持続可能な社会づくりに貢献することができます。また、省エネ設備の導入による運用コストの削減は、企業の競争力向上にもつながるでしょう。令和6年度は、これまで以上に多くの企業がこの助成事業に参加し、東京都が目指すゼロエミッションの未来への大きな一歩を踏み出す年となることが期待されています。

よくある質問と答え

ゼロエミッション化に向けた省エネ設備導入・運用改善支援事業に関するよくある質問をまとめ、それぞれの答えを解説していきます。助成金申請の際のポイントは、対象となる設備の種類や導入後の運用計画の具体性を明確にすることが重要です。また、助成金を活用した成功事例には、エネルギー消費量の削減を達成し、コスト削減に貢献した企業が多く見受けられます。申請プロセスにおける疑問や不明点については、東京都の指定する相談窓口に問い合わせることで、専門家からのアドバイスを受けることができます。適切な設備選びから申請書類の作成、さらには運用改善に至るまでのフローを把握し、ゼロエミッション社会の実現に貢献することが期待されています。

助成金申請のポイント

助成金申請の際には、事業の目的と概要をしっかりと理解することが重要です。ゼロエミッション化に向けて、東京都が提供する省エネ設備導入・運用改善支援事業では、地球温暖化対策への貢献を目指しています。助成対象者は、東京都内でビジネスを展開する中小企業や団体であり、対象設備は省エネ効果が高い機器に限られます。

公募要領を精読し、助成対象経費や主な要件を把握しましょう。助成額や助成率についても詳細が記載されており、これらは申請成功の鍵となる情報です。申請方法に関しては、必要書類の準備が必須であり、公式サイトから様式をダウンロードできます。受付期間は令和6年2月20日までと限られているため、スケジュール管理には注意が必要です。

事業実施年度ごとの予算規模や成果を確認し、前年度のデータを参考にしながら、令和6年度の展望を把握することで、申請書類の質を高めることができます。また、助成金活用の成功事例を参照することで、申請のポイントを押さえることが可能です。

質問がある場合は、相談窓口を利用し、専門家のアドバイスを受けることが勧められます。受付時間は平日の9:00~12:00と13:00~17:00です。最後に、関連リンクやダウンロード資料を活用し、助成金申請の準備を万全に行うことが大切です。リーフレットや要綱は、申請にあたっての重要な情報源となりますので、しっかりと確認しましょう。

助成金活用の成功事例紹介

助成金活用の成功事例を紹介するにあたり、東京都が推進する「ゼロエミッション化に向けた省エネ設備導入・運用改善支援事業」は、地球温暖化防止に貢献する企業の取り組みを後押ししています。この事業の目的は、省エネルギー型の設備投資を促進し、CO2排出量の削減を実現することにあります。事業の概要として、助成対象者は東京都内に事業所を有する中小企業者や商店街が挙げられ、対象設備はLED照明や高効率ボイラーなどの省エネルギー設備です。

公募要領では、助成対象経費として設備投資費用や工事費が含まれており、助成額は投資額の一定割合をカバーする形で設定されています。助成率は設備の種類や事業者の規模によって異なり、具体的な要件については事業の要綱で確認することができます。

申請方法については、必要書類の提出が求められ、それらは公式ウェブサイトからダウンロード可能です。受付期間は令和6年2月20日までとされており、この期間内に準備を整えることが重要です。

事業実施年度に関しては、令和5年度の予算規模と成果が公表されており、多くの事業者がこの助成金を利用して省エネ化を実現しています。令和6年度ではさらなる効果が期待されており、事業規模の拡大も予定されています。

よくある質問としては、助成金申請のポイントが挙げられ、これには書類の正確な記入や期限内の提出が含まれます。また、成功事例では、具体的な設備導入の事例や運用改善の事例が紹介され、これらは他の事業者にとっても参考となる情報です。

お問い合わせ先では、平日の指定時間内に相談窓口への連絡が可能で、専門家からのアドバイスを受けることができます。関連リンクやダウンロード資料を通じて、リーフレットや要綱の詳細情報を入手することが推奨されており、関連する補助金や他の助成金情報も提供されています。

このような支援事業を利用することで、企業は環境負荷の低減と経済的なメリットの両方を享受することが可能です。そして、これらの事例が、他の企業にとってもゼロエミッション化に向けた励みとなるでしょう。

お問い合わせ先

お問い合わせ先についてのご案内です。ゼロエミッション化を目指す省エネ設備導入や運用改善に関するお問い合わせは、東京都環境局にて承っております。相談窓口は平日の9時から12時、および13時から17時まで開設しておりますので、ご不明点やご相談がございましたら、この時間帯にご連絡いただけますと幸いです。専門の担当者が丁寧に対応させていただきますので、お気軽にお声がけください。また、メールでのお問い合わせも受け付けておりますので、こちらもご利用いただけます。お問い合わせの際は、事業名「ゼロエミッション化に向けた省エネ設備導入・運用改善支援事業」を明記の上、ご連絡いただけますと迅速に対応可能です。皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

相談窓口の案内【受付時間:平日9:00~12:00/13:00~17:00】

ゼロエミッション化に向けた省エネ設備導入・運用改善支援事業は、地球温暖化対策の一環として東京都が推進するプロジェクトです。この事業の目的は、都内の事業所におけるCO2排出量を削減し、環境負荷の低減を図ることにあります。具体的には、省エネルギー型設備の導入や、既存設備の運用改善によってエネルギー使用効率を高めることが奨励されています。

公募要領では、助成対象者として中小企業やNPOなどが挙げられており、更新可能エネルギー設備や高効率照明器具の導入などが助成の対象となります。助成額は設備投資額の一定割合をカバーし、具体的な助成率や助成限度額は公募要領で確認できます。

申請方法については、必要書類の提出が求められ、それらは公式ウェブサイトからダウンロード可能です。受付期間は令和6年2月20日までとされており、申請は期間内に完了させる必要があります。

事業の実施年度としては、令和5年度の予算規模や成果が公表されており、令和6年度にはさらなる効果が期待されています。成功事例やよくある質問については、公式ウェブサイトの該当セクションで詳細を確認することができます。

お問い合わせ先に関しては、平日の9:00~12:00および13:00~17:00の間で相談窓口が開設されています。専門の担当者が対応し、事業に関する疑問や不明点を解消するためのサポートを提供しています。

関連リンクやダウンロード資料には、事業に関するリーフレットや要綱、関連する補助金・助成金情報が含まれており、これらは事業の理解を深め、申請に役立てるための重要な資料です。

関連リンクとダウンロード資料

当ブログでは、東京都が推進する「ゼロエミッション化に向けた省エネ設備導入・運用改善支援事業」に関する重要なリンク集と、必要な資料をダウンロードできるページを提供しております。リーフレットや公募要領などの資料は、下記のリンクからアクセスし、PDF形式でダウンロード可能です。また、本事業に関連する他の補助金や助成金の情報も合わせて掲載しており、事業に関心のある方々が一元的に情報を得られるようにしています。資料のダウンロードは無料で、令和6年度の申請に向けての準備に役立てていただければ幸いです。何かご不明な点がございましたら、お問い合わせ先までご連絡ください。

リーフレットと要綱のダウンロード

ゼロエミッション化に向けた省エネ設備導入・運用改善支援事業は、東京都が推進する環境に配慮した取り組みです。この事業は、地球温暖化対策としてCO2排出量を削減することを目的に、省エネ設備の導入や運用の改善をサポートします。公募要領には、助成対象者や対象設備、経費の詳細が記載されており、助成金の申請に必要な条件が明確に示されています。

申請方法については、必要書類の一覧とダウンロード様式が提供されており、受付期間は令和6年2月20日までとなっています。事業実施年度ごとの予算規模や成果、次年度の展望も公表されており、助成金活用の成功事例を通じて、申請のポイントを学ぶことができます。

お問い合わせ先では、相談窓口の案内があり、受付時間は平日の9:00~12:00、13:00~17:00です。関連リンクとダウンロード資料のセクションでは、リーフレットや公募要領がダウンロード可能で、補助金や助成金に関する追加情報もアクセスできます。

この事業により、企業は経済的支援を受けながら環境負荷の低減に貢献できるため、持続可能な社会の実現に向けた大きな一歩となるでしょう。

関連する補助金・助成金情報

関連する補助金・助成金情報として、東京都では「ゼロエミッション化に向けた省エネ設備導入・運用改善支援事業」が注目されています。この事業は、温室効果ガスの排出削減を目的とし、企業の省エネ設備投資を支援することで、環境負荷の低減を図ることが目的です。助成対象者は、東京都内で事業を行う中小企業や小規模事業者が対象となり、対象設備にはLED照明や高効率ボイラー、太陽光発電システムなどが含まれます。

助成対象経費には、設備の購入費用や導入に伴う工事費が含まれ、一定の要件を満たした場合に助成が行われます。助成額は経費の一部をカバーし、その助成率はプロジェクトの内容によって異なりますが、最大で経費の2/3までを支援するケースもあります。

申請方法については、必要書類を揃え、指定された受付期間内に提出する必要があります。令和6年度の申請受付は令和6年2月20日までとなっており、申請に際しては、提出期限や書類のフォーマットに注意が必要です。

事業実施年度としては、令和5年度の予算規模や実績が公開されており、令和6年度についても事業の拡大が見込まれています。成果としては、CO2排出量の削減やエネルギー効率の向上が期待されており、事業による環境への貢献度が高まっています。

助成金申請のポイントや活用事例に関する情報も提供されており、これらの情報を参考にすることで、助成金の適切な申請や活用が可能です。さらに、相談窓口が設けられており、平日の9:00~12:00、13:00~17:00に相談ができます。

最後に、事業に関連するリンクやダウンロード資料が提供されており、リーフレットや公募要領の詳細情報が手に入ります。これらの資料を活用することで、助成金の詳細を理解しやすくなります。


メール通知の配信を停止したい場合は、以下から解除手続きを行っていただけますと幸いです。


 


スタッフ大募集しています⇩
アフィリエイター
営業スタッフ
ウェビナー講師
テレアポスタッフ
営業事務
社会保険労務士
中小企業診断士


コメント欄でやりとりしよう!

質問/相談/実例/感想/など何でもok!
グループで討論すれば定着率10倍!
人に教えると18倍!
(わかった)を(できた)に変えよう。
圧倒的な手数で圧倒的な成果を!

この記事で少しでもお役に立てたなら幸いです。
ご意見、ご感想など、ぜひお聞かせください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事を書いた人

ハイタッチ・マーケティングブログ編集責任者
AIマーケティングイノベーター
毎日4時間の勉強を続けるマーケティングオタク
趣味は東南アジア節約旅行

=============================================================
発行責任者:ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合
発行者住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿1-36-2 新宿第七葉山ビル3F
運営事務局:050-5536-6444
E-mail :info@hmllp.org
HP :https://www.hmllp.org/
取扱サービス
公式X(旧Twitter)
公式Facebookページ
公式Instagram
公式YouTubeチャンネル
公式TikTok
=============================================================


Copyright(C) ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合