両立支援等助成金と女性活躍加速化コースの魅力!最新情報を解説

助成金、補助金、公的融資、etc.
この記事は約19分で読めます。

企業の成長には、女性の活躍が不可欠です。そこで注目されるのが「両立支援等助成金」と「女性活躍加速化コース」です。これらは、ワークライフバランスの向上と女性のキャリアアップを促進するための国の施策。本記事では、これらの制度が提供する最新の支援内容と、企業にとってのメリットを詳しくご紹介します。これらの情報を活用し、あなたの組織も次のステップへと進みましょう。

両立支援等助成金とは?

両立支援等助成金は、仕事と家庭生活、特に育児や介護との両立を支援するために日本政府が用意している助成金です。この制度の狙いは、働く人々が子育てや家族の介護といった私生活の責任を果たしながらも、仕事を続けられる環境を整備することにあります。特に女性の社会参加を促進する女性活躍加速化コースは、女性がキャリアアップを目指しやすい職場環境の整備を目的としています。企業はこの助成金を活用し、女性がリーダーシップを発揮しやすい体制を作ることができるのです。

この助成金には複数のコースが存在し、それぞれ出産、育児、不妊治療、介護といったライフイベントに応じた支援が提供されています。例えば、出生時両立支援コースでは、出産を控える従業員を支援するための取り組みが奨励され、育児休業等支援コースでは、育児休業後の復職支援や時短勤務制度の導入などが支援対象となります。また、不妊治療両立支援コースや介護離職防止支援コースもあり、それぞれ特有の課題に対処するための施策が用意されています。

申請にあたっては、助成金の種類に応じた条件を満たし、必要な書類を揃えることが求められます。申請プロセスを正確に理解し、期限内に適切な手続きを行うことが重要です。成功事例を参考にしながら、助成金を有効に活用することで、企業は従業員のワークライフバランスの改善とともに、女性の活躍促進にも寄与できるでしょう。将来的には、このような助成金制度を活用した企業の取り組みが、より多くの企業の模範となり、社会全体の働き方改革に貢献することが期待されています。

両立支援等助成金の概要と目的

両立支援等助成金は、仕事と家庭生活を両立させるための支援を行う企業に対して、国が経済的な援助を提供する制度です。この助成金の目的は、労働者が子育てや介護などの私生活と仕事をバランス良くこなせるようにすることにあります。特に女性活躍加速化コースは、女性がキャリアアップを目指しやすい環境を整備することを促進するために設けられており、女性の活躍を企業文化として根付かせることを目指しています。

このコースでは、女性の管理職登用計画の策定や、育児と仕事の両立をサポートするための制度作りなど、女性が働きやすい職場環境を構築するための取り組みが支援されます。助成金を活用することで、企業は人材を確保しやすくなり、社員のモチベーション向上にも寄与することが期待されます。また、社会全体としても、女性の積極的な職業参加が促進されることで、多様な人材が活躍する場が広がる効果があります。

企業が助成金を申請する際には、該当するコースの要件を満たす必要があり、申請手続きや必要書類の準備には注意が必要です。正確な情報を把握し、適切な手続きを踏むことで、助成金の利用がスムーズに進みます。そのためにも、事前に助成金のガイドラインを熟読し、必要な条件をクリアしているかを確認することが大切です。

両立支援等助成金の種類と特徴

両立支援等助成金は、働く人々が育児や介護と仕事を両立しやすくするための支援を行う制度です。政府が進める女性の活躍促進策の一環として、特に女性の職場復帰やキャリアアップを支援する女性活躍加速化コースが設けられています。このコースでは、女性がリーダーシップを取る機会の拡大や、働きやすい環境作りに向けた取り組みが奨励されており、企業の人事戦略にも大きな影響を与えています。

助成金の種類は多岐にわたり、出生時の両立支援や育児休業後の復職支援、不妊治療と仕事の両立、介護離職防止など、ライフステージに応じた支援が可能です。各コースには申請条件があり、企業はこれらを満たすことで助成金の申請が認められます。たとえば、出生時両立支援コースでは、出産予定の従業員に対する事前の支援計画の策定が求められる場合があります。

女性活躍加速化コースでは、女性が多様なキャリアパスを描けるような人事制度の構築や、ワークライフバランスを考慮した職場環境の整備が支援されます。具体的には、女性管理職の登用促進や、メンタリング制度の導入、フレキシブルな勤務体系の確立などが挙げられます。

申請の手順には、必要な書類の提出や申請プロセスの理解が不可欠です。企業は、助成金を活用することで人材育成や職場環境の改善に取り組むことができ、これが企業の競争力向上にも寄与すると考えられます。成功事例を参考にしつつ、自社に合った助成金の活用法を見つけることが重要です。

今後も両立支援等助成金は、働く人々のニーズに応じて進化し続け、企業の人事戦略や働き方改革において中心的な役割を果たすことが予想されます。企業は、これらの制度を活用することで、より良い人材を確保し、持続可能な経営を目指すことができるでしょう。

両立支援等助成金の具体的なコース

両立支援等助成金の具体的なコースは、出生時両立支援コース、育児休業等支援コース、不妊治療両立支援コース、介護離職防止支援コースと多岐にわたります。出生時両立支援コースでは、出産を控える従業員が安心して産休に入れるよう、企業が取り組む必要な施策の実施に対して助成が行われます。育児休業等支援コースは、育児休業後の復職を支援するための制度を整えた企業に対して支援が提供される点が特徴です。不妊治療両立支援コースでは、不妊治療と仕事の両立を図るための環境整備を行った企業が対象となります。介護離職防止支援コースは、従業員が介護と仕事を両立できるような職場環境を作る企業に助成金が支給されます。また、女性活躍加速化コースにおいては、女性のキャリアアップやリーダーシップの発揮を促進する取り組みを行う企業に対して、その施策の推進に向けた費用が助成されることが魅力です。これらのコースは、それぞれ申請条件が異なり、企業がどのような支援を行うかによって選択することが重要です。助成金の申請には、必要な書類や手続きがあり、それらを適切に準備し、申請プロセスを理解することが成功のカギとなります。企業はこれらの助成金を活用することで、従業員のワークライフバランスの向上はもちろんのこと、企業の生産性向上や雇用環境の改善にも寄与することができるでしょう。

出生時両立支援コースの魅力と申請条件

出生時両立支援コースは、従業員が出産後も安心して仕事と子育てを両立できるようにするための助成金です。このコースの目的は、産後の女性が職場復帰をスムーズに行い、キャリアを継続できる環境を整備することにあります。企業は、出産後の女性従業員に対して柔軟な勤務形態や短時間勤務制度を導入することで、助成金の支給を受けることができます。

申請条件としては、従業員が産前産後休業を取得し、その後復職するための体制を企業が整えていることが必要です。また、従業員が子どもが一定の年齢に達するまで継続して勤務できるような支援策を講じていることも求められます。これには、時間外労働の上限設定や、必要に応じた育児休業の取得促進などが含まれます。

助成金の受給を目指す企業は、具体的な支援計画の策定と実施が重要であり、それには女性のキャリア形成を積極的に支援する姿勢が不可欠です。そのため、女性活躍加速化コースとの連携も考慮すると良いでしょう。このコースでは、女性がリーダーシップを発揮しやすい環境作りや、多様な働き方を支援するための取り組みが奨励されています。

企業がこの助成金を活用することで、女性従業員のモチベーション向上や職場の生産性の向上が期待できます。また、育児と仕事の両立支援を通じて、企業の社会的評価が高まるとともに、優秀な人材の確保と定着にも寄与するでしょう。

育児休業等支援コースでできること

育児休業等支援コースは、従業員が子育てと仕事を両立しやすい環境を整えるための両立支援等助成金の一つです。このコースを利用することで、企業は育児休業を取得した従業員への給付金の一部を助成金でカバーすることが可能となります。これにより、従業員は安心して育児休業を取得でき、企業は優秀な人材の確保と定着を図ることができるのです。

また、女性活躍加速化コースと連携することで、女性従業員のキャリア継続支援や職場復帰後の活躍の場を広げる取り組みが強化されます。このコースでは、女性の管理職登用やキャリア形成支援など、女性が活躍できる環境作りに注力する企業への支援が行われています。

育児休業等支援コースを活用するためには、企業が育児休業制度を設けていることが前提条件となります。さらに、育児休業取得者への所定の支援を行うことや、育児休業後の職場復帰支援に関する取り組みを行っていることが求められます。これらの取り組みにより、従業員は育児と仕事の両立を実現しやすくなり、企業は労働力の維持と生産性向上に貢献することができるのです。

不妊治療両立支援コースの支援内容

不妊治療両立支援コースは、職場で不妊治療と仕事を両立させることを目指す従業員を支援するために設けられた制度です。このコースでは、治療に専念するための時間的な配慮や、経済的な負担を軽減するための助成金が提供されます。具体的には、治療のための通院に伴う時間調整や、必要な休暇が認められるほか、治療費用の一部を補助する措置が含まれていることが多いです。

企業側にとっては、従業員のモチベーション維持や離職率の低下につながるため、人材の質を高めることが期待されます。また、女性活躍加速化コースと連携し、女性従業員がキャリアを積みながらもライフステージの変化に柔軟に対応できる環境を整えることで、ジェンダー平等の推進にも寄与しています。

このような支援内容を通じて、不妊治療を行う従業員が仕事と治療を無理なく両立できるようにすることが、両立支援等助成金の目的の一つです。この助成金を活用することで、従業員は精神的な安定と経済的な支援を得られるだけでなく、企業は優秀な人材を確保し、社内の働きやすい環境を構築することができます。

介護離職防止支援コースとは

介護離職防止支援コースは、従業員が介護と仕事を両立させるために企業が行う取り組みに対して、国が助成金を支給する制度です。このコースを利用することで、企業は介護に直面した従業員を支援するための環境整備や制度作りを進めることができ、離職を防ぎながら女性の職場復帰を促進することが可能になります。具体的には、柔軟な勤務体系の導入、介護休業制度の充実、職場復帰に向けた研修の実施などが挙げられます。これらの取り組みにより、女性だけでなく男性従業員の活躍も支えられ、多様な人材が働きやすい環境が整います。

このコースの申請資格は、中小企業や大企業を問わず、介護休業制度を設け、実際に従業員が利用している企業が対象となります。申請にあたっては、介護休業等の取得実績や職場復帰後のフォローアップ体制の整備状況などが評価されるため、事前に社内体制を見直し、必要な書類を準備することが重要です。また、助成金の申請プロセスには複数の手順があり、書類の不備がないよう細心の注意を払う必要があります。

介護離職防止支援コースの導入は、従業員のワークライフバランスの向上だけでなく、企業文化の改革にも寄与します。女性活躍加速化コースとともに、これらの助成金制度を活用することで、企業は多様な人材が輝く職場を創出し、社会全体の持続可能な発展に貢献することができます。

女性活躍加速化コースの詳細

女性活躍加速化コースは、企業が女性の活躍促進を目的とした取り組みを支援するための両立支援等助成金の一環です。このコースでは、女性がキャリア形成を進めやすい環境作りや、管理職への登用支援など、女性の活躍を後押しするための具体的な施策が提供されます。たとえば、メンタリング制度の導入や研修プログラムの開発、仕事と家庭の両立を支えるための制度作りなどが挙げられます。

企業は女性活躍加速化コースを利用することで、多様な人材が活躍できる職場環境を整備し、女性の能力を最大限に発揮させることができるようになります。また、この助成金を通じて、女性のキャリアアップ支援やワークライフバランスの実現に向けた施策が推進されることが期待されています。

申請にあたっては、女性活躍推進法に基づく行動計画の策定や、女性が活躍しやすい職場環境を実現するための具体的な取り組み内容を明確にする必要があります。加えて、女性の雇用状況や管理職への登用実績などのデータをもとにした申請書類の提出が求められます。

このコースを活用することで、企業は女性の多様な働き方を支援し、組織全体の生産性向上に寄与することができます。さらに、社会全体で女性の活躍を促進することが、企業のブランド価値の向上にもつながるでしょう。

女性活躍加速化コースとは?

女性活躍加速化コースは、女性の職場での活躍を促進し、性別に関わらず多様な人材が働きやすい環境を整備するための支援策です。このコースは、両立支援等助成金の一環として設けられており、女性がキャリア形成やリーダーシップを発揮する機会を拡大することを目的としています。企業は女性の積極的な登用や育成、ワークライフバランスの推進などの取り組みを行うことで、助成金の支援を受けることができます。

具体的には、管理職や専門職への女性の登用、メンタリングや研修プログラムの実施、育児と仕事の両立を支援するための職場環境の整備などが対象となります。これにより、女性が自身の能力を存分に発揮し、組織全体の成長に寄与することが期待されます。

申請にあたっては、企業が女性活躍推進のためのアクションプランを策定し、それを基に具体的な活動計画を立てる必要があります。また、助成金を受けるためには、その成果を定期的に報告し、継続的な改善と成果の可視化が求められます。

このコースを活用することで、企業は女性の能力を最大限に引き出し、組織の多様性と競争力の強化を図ることができるでしょう。また、女性自身もキャリアアップの機会を得られるため、個人の成長にもつながります。

加速化コースの具体的な支援内容と取り組み

女性活躍加速化コースは、女性のキャリア形成やリーダーシップの発揮を促進するための支援内容を提供しています。このコースは、両立支援等助成金の一環として、女性が職場でより活躍できるような環境づくりを後押しするものです。具体的には、女性従業員のキャリア開発プログラムの充実、管理職への女性の登用促進、ワークライフバランスの推進、メンタリングやコーチングの提供などが含まれます。

企業は、女性活躍加速化コースを利用することで、女性従業員が仕事と家庭生活を両立しやすい職場環境を整えることができます。また、育児や介護などのライフステージの変化に対応しながら、女性が長期的にキャリアを築いていけるような支援策を講じることが可能です。この取り組みは、女性の離職率の低下や職場の多様性の向上にも寄与し、企業文化の改革にもつながります。

申請条件や支援の範囲は、厚生労働省のガイドラインに基づいており、対象となる企業は事前に要件を満たす必要があります。助成金を受けるためには、女性が活躍できる環境を整備するためのアクションプランの策定と実行が要求されます。実際に支援を受けた企業では、女性の管理職比率の向上や、社内の意識改革、業務効率化の進展が報告されています。

このように、女性活躍加速化コースは、女性の才能を最大限に活かし、企業の持続的な成長に貢献するための重要な施策です。企業はこの助成金を活用することで、女性が働きやすい環境を作り、社会全体のジェンダー平等の実現に貢献することができるのです。

両立支援等助成金申請の手順

両立支援等助成金の申請には、まず助成金の種類を理解し、自社に適したコースを選択することが重要です。女性活躍加速化コースを含む各コースは、それぞれの目的と条件が設けられているため、詳細を確認しましょう。申請プロセスは、労働局やハローワークを通じて行われ、必要な書類を準備することが求められます。これには事業計画書や実施報告書などが含まれることが一般的です。注意点としては、申請期限を厳守し、提出書類に不備がないようにすることが挙げられます。また、申請前には助成金の対象となる取り組みが企業内で適切に行われているかを確認し、必要な場合は事前に助言を求めることも有効です。助成金を活用することで、女性の活躍推進やワークライフバランスの実現に向けた取り組みをより積極的に進めることができるでしょう。

両立支援等助成金の申請プロセス

両立支援等助成金の申請プロセスは、企業が従業員のワークライフバランスの向上を図るための重要なステップです。この助成金は、育児や介護と仕事の両立を支援し、特に女性の職場への参画を促進することを目的としています。申請プロセスを開始するには、まず厚生労働省のウェブサイトや最寄りの労働局で適切な情報を収集することが肝要です。次に、企業が対象となるコースを選択し、その条件を満たしていることを確認します。例えば、女性活躍加速化コースでは、女性の管理職登用促進やキャリア形成支援が重視されます。

申請には、企業の現状分析や取り組み計画書、並びに従業員の状況を示す資料が必要となります。助成金の支給を受けるためには、具体的なアクションプランの提出が求められ、それは企業の人事戦略に沿ったものでなければなりません。申請書類は、指定されたフォーマットに従って正確に記入し、必要な証明書類と共に提出します。提出後は、書類審査の他、場合によっては現地調査が行われることもあります。

このプロセスを通じて、企業は従業員の働きやすい環境を整備し、女性の活躍を促進することで社会全体の生産性向上に貢献することができます。助成金の活用は、企業の社会的責任を果たすと同時に、経営の持続可能性を高める手段となり得るのです。

申請に必要な書類と注意点

両立支援等助成金の申請においては、必要な書類を正確に揃えることが成功への第一歩です。特に女性活躍加速化コースを申請する際には、企業の女性従業員に対する具体的な支援計画や実施状況を示す資料が求められます。申請書類には、事業計画書や実績報告書などが含まれ、それらは厳密な審査基準に基づいて評価されます。

書類作成に際しては、申請ガイドラインを熟読し、指定されたフォーマットに従って丁寧に記入する必要があります。また、提出期限を厳守し、遅れが生じないように計画的に準備を進めることが重要です。過去の申請例を参考にすると、どのような点が評価されやすいかのヒントを得られることもあるため、情報収集は怠らないようにしましょう。

注意点としては、申請書類に不備があると受理されないことがあるため、提出前には複数回のチェックを行うことが肝心です。また、助成金の支給条件には変更が生じることがあるため、最新の情報に基づいて書類を準備することが不可欠です。さらに、申請過程で疑問や不明点が生じた場合は、速やかに担当窓口に問い合わせることで、誤解やミスを避けることができます。

最終的には、両立支援等助成金の申請は、企業の社会的責任と従業員の福祉向上を目指す重要なステップであると認識し、慎重かつ熱意を持って取り組むことが望まれます。

成功事例と助成金活用のヒント

両立支援等助成金の活用は、働き方の多様性を支える企業にとって非常に重要です。特に女性活躍加速化コースは、女性がキャリアを築きやすい職場環境を整えるための支援を提供しています。こうした助成金を利用する際のヒントとして、成功事例を参考にすることが推奨されます。例えば、ある企業では助成金を用いて出産後の復職支援プログラムを充実させ、女性の職場復帰率の向上に成功しました。また、助成金の申請にあたっては、提出が求められる書類の準備や条件をしっかりと把握し、計画的に進めることが大切です。具体的な申請プロセスに沿って、必要な書類を整え、申請期限に間に合わせることが重要となります。助成金を有効に活用するためには、制度の詳細を理解し、自社のニーズに合ったコースを選択することが求められます。

助成金を活用した企業の成功事例

両立支援等助成金は、従業員が仕事と家庭生活を両立しやすい環境を整備するために企業が受けられる支援制度です。その目的は、出産や育児、介護などのライフイベントを支えながら、従業員が長期にわたって活躍できる職場環境を促進することにあります。この助成金には複数のコースがあり、それぞれのニーズに応じた支援が可能です。

特に注目されているのが女性活躍加速化コースで、女性のキャリア形成やリーダーシップの育成を目的とした取り組みに対して支援が行われます。このコースを通じて、多くの企業が女性の活躍を後押しし、組織全体の成長を遂げています。

申請にあたっては、助成金の種類に応じた申請書類と、企業が実施する具体的な取り組み内容の詳細が必要です。注意深く手順を踏むことで、スムーズな申請が可能となります。

実際に助成金を活用し成功を収めた企業の事例を見ると、柔軟な働き方の導入や、育児と仕事の両立を支援する制度の充実が挙げられます。また、不妊治療を行う社員への配慮や介護に追われる従業員の負担軽減など、多様なニーズに対応した施策が功を奏しています。

これらの成功事例から、助成金を有効に活用するためのポイントを抽出し、他の企業もこれらの事例を参考に、自社に適した両立支援策を導入することが推奨されます。

今後の助成金制度は、社会のニーズに合わせてさらに進化していくことが予想されます。企業は変化する助成金の動向に注目し、従業員が働きやすい環境を継続的に整えることが求められます。それにより、企業の競争力の向上と社会全体の発展に寄与することでしょう。

助成金を有効に活用するためのポイント

両立支援等助成金は、仕事と生活のバランスを取りながら働き続けることを支援するための制度です。特に、出産や育児、介護といったライフイベントの際に、企業が取り組むべき施策を経済的に後押しすることを目的としています。女性活躍加速化コースは、企業内の女性の活躍を促進するための支援内容が充実しており、女性リーダーの育成やワークライフバランスの推進に資する取り組みが評価されます。

申請の手順には、必要書類の準備や申請書の提出が含まれますが、ここで大切なのは、助成金の利用条件をしっかりと理解し、企業の実情に合ったプランを立てることです。成功事例を参考にすることで、どのように助成金を活用すれば効果的かのヒントを得られるでしょう。

企業は、助成金を通じて従業員のモチベーション向上や離職率の低下を目指すことができます。また、社会全体としては、助成金の活用が多様な働き方を支え、女性の職場での活躍を加速させることに寄与すると期待されています。

まとめと今後の展望

両立支援等助成金と女性活躍加速化コースについての解説は、これまでの章で詳しくご紹介してきました。今後、これらの制度を利用する企業は、従業員のワークライフバランスの向上や女性のキャリア形成を積極的にサポートすることが期待されています。特に女性活躍加速化コースでは、女性のリーダーシップ育成や継続的なキャリア支援が重視されるため、企業は具体的なアクションプランを策定する必要があります。これらの助成金制度は、働く環境の改善だけでなく、企業文化の変革にも寄与すると考えられています。今後の展望としては、助成金を活用した企業の取り組みがさらに進化し、多様性のある労働力を支える社会基盤が強化されることが予想されます。企業はこれらの助成金を通じて、組織全体の競争力を高めるチャンスを得ることができるでしょう。

両立支援等助成金と女性活躍加速化コースのまとめ

両立支援等助成金は、仕事と家庭生活との両立を支援するため、国が企業に対して提供する助成金です。この助成金は、出産や育児、不妊治療、介護などのライフイベントに直面する従業員を支援し、企業の生産性向上にも寄与することを目的としています。助成金の種類には、出生時両立支援コースや育児休業等支援コース、不妊治療両立支援コース、介護離職防止支援コースなどがあり、それぞれ異なる支援内容が設けられています。

女性活躍加速化コースは、女性のキャリア形成やリーダーシップの発揮を促進するための支援内容を提供しており、企業の女性活躍推進に特化した助成金です。このコースでは、女性が活躍できる環境づくりやキャリアアップのための研修など、具体的な取り組みが支援されます。

申請手続きには、助成金の種類によって必要な書類や条件が異なりますが、基本的な流れとしては申請書の提出や事業計画の提出が求められます。申請にあたっては、期限内に正確な書類を提出することが重要です。

企業が助成金を有効に活用するためには、成功事例を参考にしながら、自社の状況に合わせた計画を策定することがポイントです。実際に助成金を活用して成果を上げた企業では、柔軟な働き方の導入や育児と仕事の両立を支援する制度の充実が挙げられます。

今後の助成金制度は、社会のニーズや働き方の多様化に応じて進化していくと予想されます。企業は、制度の変化に対応しながら、従業員が働きやすい環境を継続的に整備することが求められています。

今後の助成金制度と企業の取り組みの方向性

両立支援等助成金は、従業員が仕事と家庭生活を両立させるための取り組みを支援するための制度です。特に、出生時両立支援コースや育児休業等支援コース、不妊治療両立支援コース、介護離職防止支援コースなどがあり、それぞれのニーズに応じた支援が可能です。女性活躍加速化コースは、女性のキャリア形成やリーダーシップの向上を目指し、企業の人事制度や職場環境の改善を促進するための支援内容が含まれています。

申請の手順においては、事前の準備が重要であり、必要な書類や条件の確認が不可欠です。具体的には、企業が策定したアクションプランや実施報告書など、詳細な計画書が求められることが多いです。助成金を活用した企業の成功事例を参考にすることで、申請に向けたポイントが見えてくるでしょう。

今後の助成金制度は、社会のニーズや働き方の多様化に合わせて進化していくと予想されます。企業は、このような変化に対応し、従業員が働きやすい環境を整備することで、助成金制度のメリットを最大限に活用することができるでしょう。


メール通知の配信を停止したい場合は、以下から解除手続きを行っていただけますと幸いです。


 


スタッフ大募集しています⇩
アフィリエイター
営業スタッフ
ウェビナー講師
テレアポスタッフ
営業事務
社会保険労務士
中小企業診断士


コメント欄でやりとりしよう!

質問/相談/実例/感想/など何でもok!
グループで討論すれば定着率10倍!
人に教えると18倍!
(わかった)を(できた)に変えよう。
圧倒的な手数で圧倒的な成果を!

この記事で少しでもお役に立てたなら幸いです。
ご意見、ご感想など、ぜひお聞かせください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事を書いた人

ハイタッチ・マーケティングブログ編集責任者
AIマーケティングイノベーター
毎日4時間の勉強を続けるマーケティングオタク
趣味は東南アジア節約旅行

=============================================================
発行責任者:ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合
発行者住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿1-36-2 新宿第七葉山ビル3F
運営事務局:050-5536-6444
E-mail :info@hmllp.org
HP :https://www.hmllp.org/
取扱サービス
公式X(旧Twitter)
公式YouTubeチャンネル
公式TikTok
=============================================================


Copyright(C) ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合