従業員のスキルアップを支援!人材開発支援助成金 教育訓練休暇付与コースの活用法

助成金、補助金、公的融資、etc.
この記事は約8分で読めます。

教育訓練は、従業員のスキルアップと企業の競争力を確実に向上させるための鍵です。企業が変化する市場のニーズに迅速に適応し、従業員を最新の技術や知識で武装させるには、効果的な人材開発戦略が不可欠です。しかし、しばしば事業主と従業員の両方にとって、時間とコストの観点から大きな挑戦となります。この課題に対処するため、政府は「人材開発支援助成金 教育訓練休暇付与コース」を提供しています。このブログでは、この助成金制度の概要、利点、申請プロセスについて詳しく探り、企業が従業員のスキル向上とキャリア開発をどのように支援できるかを解明します。従業員が自己成長のために必要な時間を確保し、企業がその過程で財政的な支援を受けることができるこの制度を通じて、企業と従業員は共に成長の道を歩むことができます。

人材開発支援助成金とは?

development

人材開発支援助成金は、労働者の能力開発促進とキャリア形成推進のための助成金制度です。この制度は、職務に関連した専門的な知識や技能を習得させるための訓練を受講する事業主を支援することを目的としています。

この助成金は、人材育成に取り組む事業主が、従業員の能力向上に努めるための支援を行うものです。人材育成には机上研修(OFF-JT)や実施研修(OJT)などがありますが、助成金を活用することで、その経費や研修期間中の賃金の一部が助成されます。これにより、事業主はより充実した能力向上の環境を提供できるだけでなく、労働者は自己啓発に取り組む機会を手に入れることができます。

この助成金制度には、以下のような7つのコースがあります。

  1. 人材育成支援コース
  2. 教育訓練休暇等付与コース
  3. 建設労働者認定訓練コース
  4. 建設労働者技能実習コース
  5. 障害者職業能力開発コース
  6. 人への投資促進コース
  7. 事業展開等リスキリング支援コース

それぞれのコースは、異なる助成内容と対象を持っています。申請する際には、各コースの要件や申請プロセス、申請書類の準備に注意が必要です。

現代ではe-ラーニングやサブスクリプション型の研修サービスなど、学びの機会が拡大しています。人材開発支援助成金を上手に活用することで、個人の成長や会社の成長を促進するチャンスを得ることができます。詳細は、厚生労働省の公式ページを参照してください。

教育訓練休暇付与コースの概要

education

教育訓練休暇付与コースは、企業が従業員の能力向上を促進するための助成金です。このコースは、従業員が自発的に訓練を受けるための休暇制度を導入することを主な目的としています。

従業員の能力向上のための休暇制度導入

教育訓練休暇付与コースでは、従業員が自発的に教育訓練を受けるための休暇制度を導入することが求められます。具体的な要件としては以下の通りです:

  • 従業員は3年間で5日以上の教育訓練休暇を自発的に取得する必要があります。
  • 1年間には最低でも1人が教育訓練休暇を取得する必要があります。
  • 業務命令や通常業務付随の研修、自社研修は対象外とされています。

休暇取得に関する制限

教育訓練休暇付与コースでは、企業の規模に応じて休暇取得の制限が設けられています。要件は次の通りです:

  • 正社員100人未満の企業では、3年間で5日以上の教育訓練休暇を少なくとも1人が取得しなければなりません。
  • 正社員100人以上の企業では、3年間で5日以上の教育訓練休暇を少なくとも5人が取得しなければなりません。

助成金の額

教育訓練休暇付与コースにおける助成金の額は、休暇の形態によって異なります。具体的には以下のようになっています:

  • 短期休暇の場合、賃金に対する助成はありませんが、経費に対しては300,000円~360,000円の助成が行われます。
  • 長期休暇の場合、賃金に対する助成は6,000円~7,200円、経費に対する助成は200,000円~240,000円となります。
  • 生産性の向上に応じて助成金の額がさらに増額されることがあります。

教育訓練休暇付与コースの対象者と申請条件

education

教育訓練休暇付与コースの対象者と申請条件は以下のようになっています。

対象者

教育訓練休暇付与コースは、正社員に限定されています。つまり、有期契約や短時間契約の従業員はこの制度の対象外となります。また、事業所が複数ある場合でも、全ての事業所で教育訓練休暇制度を導入する必要があります。

申請条件

教育訓練休暇付与コースを申請するには、以下の条件を満たす必要があります。

  1. 雇用保険適用事業所の事業主であること
  2. 教育訓練休暇制度または長期教育訓練休暇制度を導入し、被保険者に休暇を付与する事業主であること
  3. 労働組合などの意見を聴いて事業内職業能力開発計画を作成し、雇用する労働者に周知している事業主であること
  4. 職業能力開発推進者を選任している事業主であること
  5. 最近6カ月間に被保険者を解雇などで離職させた事業主以外であること

以上の条件を満たす事業主であれば、教育訓練休暇付与コースの申請が可能です。具体的な申請手続きについては、後の章で詳しく説明しますので、申請を行う際には必要な書類の準備もお忘れなく。

助成金の申請プロセス

business

人材開発支援助成金の申請手順を確認しましょう。

手順1: 制度導入・適用計画の提出

  • 都道府県労働局に計画書を提出します。
  • 提出期間は計画の開始日から6か月前から1か月前までです。
  • 年次有給休暇で受けた休暇は助成金の対象外となるため、新たに休暇制度を設ける必要があります。

手順2: 就業規則の作成・改定

  • 提出した計画書に基づいて就業規則を改定します。
  • 複数の事業所がある場合は、全ての事業所で制度を導入する必要があります。
  • 改定後は従業員に周知する必要があります。

手順3: 取り組みの実施

  • 教育訓練休暇を対象従業員に付与し、取得を促進します。
  • 3年間で合計5日以上の教育訓練休暇を取得する必要があります。
  • 1年間に最低1人が教育訓練休暇を取得する必要があります。
  • 業務命令や通常業務の研修、自社研修は助成対象外となります。

手順4: 支給申請

  • 助成金の支給申請は計画終了日の翌日から2ヶ月以内に行う必要があります。
  • 期限を遅れると助成金が支給されませんので、注意が必要です。
  • 申請が承認されれば助成金が支給されます。

以上が、人材開発支援助成金の申請プロセスの基本的な流れです。正確な手続きを踏んで進めましょう。助成金を活用して人材育成に取り組みましょう。

申請に必要な書類の準備

documents

申請する際には、いくつかの書類を準備する必要があります。以下では、申請に必要な書類について詳しく説明します。

人材開発支援助成金(教育訓練休暇制度・長期教育訓練休暇制度)制度導入・適用計画届

申請時に提出する計画届の書類です。この計画届は、教育訓練休暇制度と長期教育訓練休暇制度の両方に対して提出する必要があります。

主たる事業所と従たる事業所を確認できる公的書類

申請者の主たる事業所と従たる事業所を確認するために、公的な書類や登記事項証明書が必要です。必要に応じて、ホームページから証明書の写しを取得することもできます。

人材開発支援助成金(教育訓練休暇制度・長期教育訓練休暇制度)事業所確認票

申請時に提出する書類の一つであり、労働局が事業所の情報を正確に把握するために必要です。

就業規則または労働協約

申請時には、就業規則または労働協約の写しを提出する必要があります。これにより、制度の規定を明確にすることが求められます。申請前と申請後の両方の案を提出する必要があります。

企業全体の雇用する被保険者の数が100人以上であることを確認できる書類

申請者が100人以上の被保険者を雇用していることを証明する書類が必要です。使用できる書類には、有期契約労働者や短時間労働者、派遣労働者の雇用契約書などがあります。

人材開発支援助成金(教育訓練休暇制度・長期教育訓練休暇制度)事前確認書

申請先である都道府県労働局に提出する事前確認書です。これにより、申請前に事業所の実態や制度の適用状況を確認することが求められます。

以上が、申請に必要な書類の一部です。申請手続きをスムーズに進めるために、これらの書類を準備しましょう。

まとめ

今回は、「人材開発支援助成金 教育訓練休暇付与コース」について詳しく説明しました。この制度は、企業が従業員の能力向上を促進するための助成金であり、教育訓練休暇を導入することを目指しています。

具体的な制度内容や申請条件、申請手続きなどの詳細について説明しました。助成金を活用することで、企業は従業員の能力向上に取り組む環境を整えることができます。また、従業員は自己啓発の機会を手に入れることができます。

教育訓練休暇付与コースは、休暇制度を導入することで従業員が自発的に教育訓練を受けることを促進するものです。制度導入の手続きや申請に必要な書類についても解説しました。

人材開発支援助成金を活用して、企業の成長と従業員の成長を進めていきましょう。具体的な申請手続きについては、厚生労働省の公式ページを参照してください。

よくある質問

Q1. 人材開発支援助成金の対象はどのような企業ですか?

A1. 人材開発支援助成金は、雇用保険適用事業所の事業主であれば申請が可能です。ただし、正社員を雇用している企業に限定されます。

Q2. 教育訓練休暇付与コースの申請条件は何ですか?

A2. 教育訓練休暇付与コースを申請するには、以下の条件を満たす必要があります。
1. 雇用保険適用事業所の事業主であること
2. 教育訓練休暇制度または長期教育訓練休暇制度を導入し、被保険者に休暇を付与する事業主であること
3. 労働組合などの意見を聴いて事業内職業能力開発計画を作成し、雇用する労働者に周知している事業主であること
4. 職業能力開発推進者を選任している事業主であること
5. 最近6カ月間に被保険者を解雇などで離職させた事業主以外であること

Q3. 教育訓練休暇の取得には制限はありますか?

A3. 教育訓練休暇付与コースでは、企業の規模に応じて休暇取得の制限が設けられています。
– 正社員100人未満の企業では、3年間で5日以上の教育訓練休暇を少なくとも1人が取得しなければなりません。
– 正社員100人以上の企業では、3年間で5日以上の教育訓練休暇を少なくとも5人が取得しなければなりません。

Q4. 助成金の申請手続きはどのように行いますか?

A4. 助成金の申請手続きは以下の手順で行います。
1. 制度導入・適用計画の提出
2. 就業規則の作成・改定
3. 取り組みの実施
4. 支給申請

詳細な手続きは、申請前に厚生労働省の公式ページや労働局の指示を確認することをおすすめします。


スタッフ大募集しています⇩
アフィリエイター
営業スタッフ
ウェビナー講師
テレアポスタッフ
営業事務
社会保険労務士
中小企業診断士


コメント欄でやりとりしよう!

質問/相談/実例/感想/など何でもok!
グループで討論すれば定着率10倍!
人に教えると18倍!
(わかった)を(できた)に変えよう。
圧倒的な手数で圧倒的な成果を!

この記事で少しでもお役に立てたなら幸いです。
ご意見、ご感想など、ぜひお聞かせください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事を書いた人

ハイタッチ・マーケティングブログ編集責任者
AIマーケティングイノベーター
毎日4時間の勉強を続けるマーケティングオタク
趣味は東南アジア節約旅行

=============================================================
発行責任者:ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合
発行者住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿1-36-2 新宿第七葉山ビル3F
運営事務局:050-5536-6444
E-mail :info@hmllp.org
HP :https://www.hmllp.org/
取扱サービス
公式X(旧Twitter)
公式Facebookページ
公式Instagram
公式YouTubeチャンネル
公式TikTok
=============================================================


Copyright(C) ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合