千葉県の業務用設備等脱炭素化促進事業補助金が公募開始!中小企業者必見の省エネ設備投資サポート

助成金、補助金、公的融資、etc.
この記事は約3分で読めます。

はじめに

こんにちは、千葉県で事業を行っている中小企業の皆様に朗報です!千葉県は「業務用設備等脱炭素化促進事業補助金」の公募を開始しました。省エネルギー設備への投資を考えている企業にとって、この補助金は大きな支援となるでしょう。本記事では、この補助金の詳細と申請方法について詳しく解説します。

千葉県の脱炭素化促進事業補助金とは?

千葉県の「業務用設備等脱炭素化促進事業補助金」は、県内で事業を行う中小企業者等を対象に、省エネ設備の導入を支援するための補助金です。環境に優しい事業運営を推進し、企業の脱炭素化を図ることを目的としています。

補助金の公募期間とスケジュール

補助金の公募期間は令和6年5月17日(金)から令和6年10月31日(木)までとなっています。この期間内に申請を行うことで、省エネ設備への投資に対して最大1000万円の補助を受けることができます。

補助金の対象者と条件

補助金の対象となるのは、千葉県内で事業を行う中小企業者、個人事業者、NPO法人、組合などです。申請の際には、以下の条件を満たす必要があります:

  • 交付申請日までに「CO2CO2(コツコツ)スマート宣言事業所登録制度」に登録申請していること。
  • 交付申請日までに募集要領で指定する「省エネルギー診断」を受診、または「簡易自己診断」を実施していること。

補助対象事業と具体的な設備例

補助金の対象となる事業は、省エネルギー診断等の結果に基づき、省エネルギーの促進に資する設備導入であり、事業所で削減されるエネルギー起源の二酸化炭素排出量が年間3トン以上であることが求められます。

具体的な対象設備の例として、以下のようなものが挙げられます:

  • 蓄電池
  • LED照明設備
  • 高効率空調設備
  • エネルギー管理システム
  • 遮熱・断熱工事
  • 工場廃熱等利用設備
  • フロン類を使用しない自然冷媒機器
  • 太陽熱利用システム
  • 風力発電設備

補助金の上限額と補助率

補助金の上限額は以下の通りです:

  • 【省エネルギー診断あり】1事業者当たり1,000万円
  • 【簡易自己診断のみ】1事業者当たり500万円

また、補助率は以下のようになっています:

  • 【省エネルギー診断あり】補助対象経費の2分の1
  • 【簡易自己診断のみ】補助対象経費の4分の1

申請手続きと必要書類

申請手続きは以下のステップで行います:

  1. 「CO2CO2(コツコツ)スマート宣言事業所登録制度」に登録申請。
  2. 省エネルギー診断または簡易自己診断を実施。
  3. 必要書類を揃えて交付申請を行う。

必要書類としては、申請書、事業計画書、見積書、省エネルギー診断結果などが含まれます。

省エネルギー診断の重要性

省エネルギー診断は、事業所のエネルギー使用状況を詳しく分析し、効率化のための具体的な提案を行うものです。この診断を受けることで、どのような設備投資が最も効果的かを知ることができ、補助金申請の際にも有利に働きます。

補助金申請の成功事例

過去には、LED照明の導入による電力削減や、高効率空調設備の導入で冷暖房費を大幅に削減した事例などがあります。これらの成功事例からも、補助金を活用した省エネ設備の導入がどれほど効果的であるかが分かります。

まとめと今後の展望

千葉県の業務用設備等脱炭素化促進事業補助金は、中小企業の省エネ設備投資を強力にサポートします。環境に優しい事業運営を目指し、経費削減を図るためにも、この機会を逃さず補助金を活用してください。今後も、千葉県の持続可能な発展に向けて、企業と自治体が一丸となって取り組んでいくことが期待されます。


このように、千葉県の補助金制度を利用して、エコでコスト効率の高い事業運営を実現しましょう。申請期限が迫っていますので、早めの準備をお勧めします。

出典元:令和6年度千葉県業務用設備等脱炭素化促進事業補助金/千葉県 (chiba.lg.jp)

※この記事を作成した『東大スタートアップ提供・ブログ記事作成用プロンプト』はコチラ


メール通知の配信を停止したい場合は、以下から解除手続きを行っていただけますと幸いです。


 


スタッフ大募集しています⇩
アフィリエイター
営業スタッフ
ウェビナー講師
テレアポスタッフ
営業事務
社会保険労務士
中小企業診断士


コメント欄でやりとりしよう!

質問/相談/実例/感想/など何でもok!
グループで討論すれば定着率10倍!
人に教えると18倍!
(わかった)を(できた)に変えよう。
圧倒的な手数で圧倒的な成果を!

この記事で少しでもお役に立てたなら幸いです。
ご意見、ご感想など、ぜひお聞かせください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事を書いた人

ハイタッチ・マーケティングブログ編集責任者
AIマーケティングイノベーター
毎日4時間の勉強を続けるマーケティングオタク
趣味は東南アジア節約旅行

=============================================================
発行責任者:ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合
発行者住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿1-36-2 新宿第七葉山ビル3F
運営事務局:050-5536-6444
E-mail :info@hmllp.org
HP :https://www.hmllp.org/
取扱サービス
公式X(旧Twitter)
公式YouTubeチャンネル
公式TikTok
=============================================================


Copyright(C) ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合