東京の地域資源を活かせ!イノベーション創出事業で地域経済の活性化

助成金、補助金、公的融資、etc.
この記事は約8分で読めます。

東京都は、地域に根付いた貴重な資源を活用し、イノベーションを創出することで地域経済の活性化を目指しています。本ブログでは、東京都が実施している「TOKYO地域資源等を活用したイノベーション創出事業」について、地域資源の意義から具体的な助成金の申請方法まで詳しく解説します。地域資源を活かしたビジネスアイデアをお持ちの方は、ぜひ参考にしてみてください。

東京の地域資源とは

local

東京の地域資源は、地域の中小企業や個人が利用できる貴重な資源です。これらの資源は、以下のような特徴があります。

  • 生産量、品質、機能、そして歴史的・文化的な背景において他地域とは異なる特徴を持つ。
  • 消費者などにも一定程度認識されており、地域内外で愛されている。
  • 農林水産物や鉱工業品・生産技術など多岐に渡る。

これらの特徴を持つ地域資源は、東京の独自性や魅力を象徴しており、地域経済の活性化にも大きく寄与しています。

東京都は、「TOKYO地域資源等を活用したイノベーション創出事業」を通じて、地域資源を活用し、イノベーションの創出と地域経済の活性化を推進しています。この事業では、以下の取り組みが重要視されています。

  • 地域で愛されている地域資源の活用
  • 東京の都市課題の解決への取り組み

東京には多くの地域資源が存在しており、その多様性と魅力が地域活性化や都市の課題解決につながると考えられています。しかしながら、地域の住民などがその価値に気づいていない場合もあります。そのため、地域資源の発掘と共に、内外の人々にその魅力を伝えることが重要です。

東京都では、特定の地域資源を指定し公表していますが、これに限らず、前述の特徴を満たす地域資源であれば、申請が可能です。また、新製品や新サービスの開発・改良、そして東京の都市課題の解決に貢献する事業も助成対象となっています。

東京都の地域資源を活用したイノベーション創出事業は、東京の魅力や課題解決に関連する取り組みを支援し、地域から生まれる小さなイノベーションを生み出しています。詳しい事業内容や助成金の申請方法については、以下のセクションで詳しく説明します。

イノベーション創出事業の概要

innovation

イノベーション創出事業は、東京都が行っている補助金制度の一つです。この事業では、地域で親しまれている地域資源を活用したり、東京の課題を解決する新しい製品やサービスの開発を支援します。

助成限度額は最大で1,500万円であり、補助率は1/2です。ただし、環境・エネルギー分野の場合は助成率が2/3となります。助成期間は最大で2年間であり、対象経費品目の発注から支払いまでの完結が必要です。さらに、助成期間内に試作品などの成果物を完成させる必要もあります。

申請前には事前エントリーやGビズIDの取得が必要です。また、申請書の記入後には申請前相談会に参加することが必須です。この相談会では、事業計画のブラッシュアップや記載すべき事項の確認など、専門家がアドバイスを行います。

イノベーション創出事業では、助成金の経費助成だけでなく、ハンズオン支援も行われます。地域応援アドバイザーや中小企業診断士などの専門家が申請前のビジネスモデル相談や助成事業の進捗管理、販路開拓のサポートなどを行います。

この事業は、東京都内に本店または支店がある中小企業者や一般財団法人・一般社団法人・特定非営利活動法人などが対象となります。具体的な対象事業としては、地域資源を活用した新製品や新サービスの開発・改良事業、東京の都市課題を解決するための新製品や新サービスの開発・改良事業があります。

公募期間は令和6年度の5月10日から6月28日までです。ナビットでは、この補助金の相談や申請のサポートを行っています。興味のある方はぜひお申し込みください。

以上が「イノベーション創出事業」の概要です。次のセクションでは、助成金を受けるための要件について解説します。

助成金を受けるための要件

business

助成金を受けるためには、以下の要件を満たす必要があります。

対象事業

助成金の対象事業は、「地域資源を活用した新製品・新サービスの開発・改良事業」と「東京の都市課題解決を図る新製品・新サービスの開発・改良事業」のいずれかです。具体的には、以下の分野が対象となります。

地域資源活用事業の分野

  • 農林水産物(例:奥多摩やまめ、こまつな、てんぐさ、東京しゃも等)
  • 鉱工業品・生産技術(例:産業用機械部品、皮革製品、江戸切子、多摩産材等)

東京の都市課題解決事業の分野

  • 防災
  • まちづくり
  • スポーツ振興
  • 子育て・高齢者・障害者支援
  • 医療・健康
  • 環境・エネルギー

助成対象者

助成金の対象者は、以下の条件を満たすことが必要です。

  • 都内に本店又は支店を有する中小企業者(会社・個人事業者)、中小企業団体等、一般財団法人、一般社団法人、特定非営利活動法人
  • 引き続き1年以上事業を営んでいる(休業期間がある場合は除く)

助成対象経費

助成金の対象経費は、以下の項目が含まれます。

開発費

  • 原材料・副資材費
  • 機械装置・工具器具費
  • 委託・外注費
  • 専門家指導費
  • 賃借費
  • 産業財産権出願・導入費
  • 直接人件費

試作品広報費

  • 広告費
  • 展示会等参加費
  • イベント開催費

助成金の制限

助成金には以下の制限があります。

  • 助成限度額は1,500万円で、申請下限額は100万円です。
  • 助成率は1/2以内ですが、「環境・エネルギー」分野の場合は2/3以内となります。
  • 助成対象期間は交付決定日(令和6年11月上旬を予定)から最長2年です。

以上が助成金を受けるための要件です。応募に際しては、詳細な条件や申請方法を確認し、必要な書類や期限に注意して準備しましょう。助成金を活用して、新製品・新サービスの開発・改良に取り組むチャンスです。

申請方法と審査プロセス

business

申請方法と審査プロセスについて説明します。

申請エントリー

助成金を申請するには、まず申請エントリーが必要です。申請エントリーは公社ホームページから行うことができます。事前に用意された事業説明用動画を視聴することをおすすめします。

申請前相談会またはイノベーション創出相談会

申請前相談会またはイノベーション創出相談会に参加することも必要です。申請前相談会では、ビジネスモデルや申請書への落とし込みについて相談することができます。イノベーション創出相談会では、地域資源の活用や都市課題の解決について相談することができます。相談会への参加には事前に予約が必要です。

申請書類の提出

申請書類の提出は、「Jグランツ」という国が提供するウェブサイトを通じて行います。提出期間は指定された期間内であり、電子申請のみが受け付けられます。申請書類の提出には、申請エントリーまたは相談会への参加が必要です。

審査プロセス

申請書類の提出後、審査プロセスが行われます。審査の内容や期間は公社の判断によって決定されます。審査結果は指定された時期に通知されます。

以上が、助成金の申請方法と審査プロセスの概要です。申請する際には、手続きや期限に注意しながら進めてください。詳細な情報や注意事項は、公社ホームページをご覧ください。

過去の採択事例

entrepreneurship

過去に採択された事業の一部を紹介します。これらの事業は、東京都が提供する助成金によって支援されました。

地域資源活用事業の過去の採択事例

以下は、過去に採択された地域資源活用事業の一部です。

  1. 申請企業名:株式会社〇〇
    申請テーマ:東京都内の地域資源を活用した食品商品の開発
    事業内容:伝統的な東京の地域食材を使用した新しい食品商品の開発を行いました。商品は地元農家との協力のもと、地域ブランドとして認知されるようになりました。

  2. 申請企業名:有限会社△△
    申請テーマ:東京の地域工芸品の再生と普及
    事業内容:地元の工芸品作りを継承するためのワークショップを開催し、若い世代に技術を伝える活動を行いました。また、東京都内のイベントや展示会に出展し、地域の工芸品の魅力を広めることに成功しました。

東京の都市課題解決事業の過去の採択事例

以下は、過去に採択された東京の都市課題解決事業の一部です。

  1. 申請企業名:株式会社××
    申請テーマ:新型コロナウイルス感染症対策に貢献する商品開発
    事業内容:新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、マスクの性能を向上させるための開発を行いました。その結果、高いフィルタリング効果と快適な装着感を実現するマスクが生産され、多くの人々に利用されるようになりました。

  2. 申請企業名:有限会社□□
    申請テーマ:高齢者の生活支援に関する新製品の開発
    事業内容:高齢者の生活支援を目的とした新製品の開発を行いました。開発された製品は、高齢者の日常生活の安全と便利さを向上させることに成功し、多くの高齢者に利用されるようになりました。

これらの事例は、助成金を活用して新しい商品やサービスを開発し、地域や社会の課題解決に貢献した事業です。今後もさまざまなテーマに取り組む事業者が増えることを期待しています。

まとめ

東京の地域資源を活用したイノベーション創出事業は、地域の特徴的な資源を活かし、新しい製品やサービスの開発を支援することで、東京の魅力や課題解決に寄与しています。過去の採択事例に見られるように、この事業は生産者と消費者を結びつけ、地域経済の活性化にもつながっています。これからも、さまざまな分野で新しい取り組みが生み出されることが期待されます。東京都はこの事業を通じて、地域の強みを生かしたイノベーションの創出を後押ししていきます。

よくある質問

地域資源とはどのようなものですか?

地域資源は、地域の中小企業や個人が利用できる貴重な資源で、生産量、品質、機能、そして歴史的・文化的な背景において他地域とは異なる特徴を持ちます。また、消費者などにも一定程度認識されており、地域内外で愛されています。農林水産物や鉱工業品・生産技術など多岐にわたります。

助成金の対象となる事業はどのようなものですか?

助成金の対象事業は、「地域資源を活用した新製品・新サービスの開発・改良事業」と「東京の都市課題解決を図る新製品・新サービスの開発・改良事業」の2つです。前者は農林水産物や鉱工業品などの地域資源を活用した事業で、後者は防災、まちづくり、スポーツ振興など東京の課題解決に寄与する事業です。

助成金の要件はどのようなものですか?

助成金の対象者は、都内に本店または支店を有する中小企業者、中小企業団体、一般財団法人、一般社団法人、特定非営利活動法人です。助成限度額は1,500万円で、補助率は1/2以内です。ただし、「環境・エネルギー」分野は2/3以内となります。助成期間は最大2年間です。

申請方法と審査プロセスはどのようになっていますか?

申請には事前エントリーと申請前相談会への参加が必要です。申請書類は「Jグランツ」というウェブサイトから電子申請で提出します。審査は公社の判断で行われ、審査結果は指定された時期に通知されます。

出典元:TOKYO地域資源等を活用したイノベーション創出事業 | 事業 | 東京都中小企業振興公社 (tokyo-kosha.or.jp)


メール通知の配信を停止したい場合は、以下から解除手続きを行っていただけますと幸いです。


 


スタッフ大募集しています⇩
アフィリエイター
営業スタッフ
ウェビナー講師
テレアポスタッフ
営業事務
社会保険労務士
中小企業診断士


コメント欄でやりとりしよう!

質問/相談/実例/感想/など何でもok!
グループで討論すれば定着率10倍!
人に教えると18倍!
(わかった)を(できた)に変えよう。
圧倒的な手数で圧倒的な成果を!

この記事で少しでもお役に立てたなら幸いです。
ご意見、ご感想など、ぜひお聞かせください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事を書いた人

ハイタッチ・マーケティングブログ編集責任者
AIマーケティングイノベーター
毎日4時間の勉強を続けるマーケティングオタク
趣味は東南アジア節約旅行

=============================================================
発行責任者:ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合
発行者住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿1-36-2 新宿第七葉山ビル3F
運営事務局:050-5536-6444
E-mail :info@hmllp.org
HP :https://www.hmllp.org/
取扱サービス
公式X(旧Twitter)
公式YouTubeチャンネル
公式TikTok
=============================================================


Copyright(C) ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合