東京の商店街で起業するなら若手・女性リーダー応援プログラム助成に挑戦!

助成金、補助金、公的融資、etc.
この記事は約8分で読めます。

東京都では、商店街の活性化を目的に「若手・女性リーダー応援プログラム助成事業」を実施しています。このプログラムでは、創業予定の若手や女性起業家に対して、開業経費の一部を助成します。助成金を受けるためには、申請資格を満たし、適切な申請書類の作成と審査に合格する必要があります。本ブログでは、このプログラムの概要から申請方法、採択のポイントまでを詳しく解説していきます。

1. 若手・女性リーダー応援プログラムの概要

business

「若手・女性リーダー応援プログラム助成事業」とは、若手の男性や女性が都内の商店街で実店舗を新たに開業する際に、一部の経費を助成する取り組みです。

このプログラムは、都内の商店街の活性化を促進するために、リーダーシップ力を持つ若手や女性の起業家を支援することを目的としています。

1.1 助成対象業種

プログラムでは、以下の業種が助成対象となります。

  • 卸売業・小売業
  • 不動産業・物品賃貸業
  • 宿泊業・飲食サービス業
  • 教育・学習支援業

1.2 助成金の具体的な内容と上限額

助成金は、以下の3つのカテゴリに分けられ、それぞれのプログラムによって上限額が定められています。

  1. 事業所整備費
  2. 実務研修受講費
  3. 店舗賃借料

1.3 申請方法と選考プロセス

プログラムへの申請方法は、以下のステップに沿って行われます。

  1. 事前エントリー
  2. 申請書類の提出
  3. 一次審査
  4. 二次審査
  5. 交付決定

申請者は、個人事業主や創業予定の個人であることが求められます。

1.4 期待される効果

若手・女性リーダー応援プログラム助成事業を通じて、新たな店舗やビジネスが誕生し、商店街の活性化が図られることが期待されています。地域の魅力が向上し、新たな活気がもたらされるでしょう。

このプログラムは、若手や女性の起業家に対して支援を提供し、地域経済の発展を促進する重要な役割を果たしています。

2. 申請資格と対象者

startup

以下の条件を満たす方が若手・女性リーダー応援プログラム助成事業の申請資格を持ちます。

対象者

  • 年齢制限なし
  • 創業予定者、個人事業主、法人のいずれか
  • 年度末時点で39歳以下の男性(女性は年齢制限なし)

申請区分

  • 開業のみが申請可能

ただし、商店街起業・承継支援事業とは異なり、対象者や申請区分に制限が少ないため、より多くの人がこの助成プログラムに申請することができます。助成限度額は844万円です。

助成対象の申請区分が限定的であるため、商店街の活性化に寄与する役割や期待値が高い事業を助成することが求められます。商店街起業・承継支援事業とは異なり、開業のみが申請可能であり、他の申請区分(多角化、事業承継)は対象外です。

年齢制限や申請区分によって、異なる要件が設けられています。具体的な申請要件や詳細は、公募要領を確認してください。

3. 助成金の内容と上限額

business

助成金の内容と上限額についてご説明します。

3.1 助成金の内容

助成事業では、以下の費用が助成されます。

  1. 事業所整備費
    – 店舗新装・改装工事費:店舗の新装や改装にかかる工事費用が助成されます。

  2. 設備・備品購入費
    – 店舗開業時に必要な設備や備品の購入費用が助成されます。

  3. 宣伝・広告費
    – 店舗開業に向けた広報活動や宣伝費用が助成されます。

  4. 店舗賃借料
    – 3年間の店舗賃借料が一部助成されます。

3.2 助成金の上限額

助成金の上限額は、助成対象経費ごとに異なります。具体的な上限額をご紹介します。

  1. 事業所整備費
    – 事業所整備費に対する上限額は400万円です。

  2. 設備・備品購入費
    – 購入する設備や備品には上限額がありませんが、1点あたりの価格は税込10万円以上である必要があります。

  3. 宣伝・広告費
    – WEBサイト制作・改修費の上限額は50万円(税抜き)です。

  4. 店舗賃借料
    – 1年目の店舗賃借料の上限額は180万円(月額15万円)です。
    – 2年目の店舗賃借料の上限額は144万円(月額12万円)です。
    – 3年目の店舗賃借料の上限額は120万円(月額10万円)です。

助成金の上限額は、助成対象経費ごとに異なるため、事業計画の立案時には注意が必要です。また、助成金の上限額を超える場合は、超過分は自己負担となります。

4. 申請方法と選考プロセスの手続き

business

本章では、若手・女性リーダー応援プログラムの申請方法と選考プロセスについて説明します。

4.1 申請方法

申請は、書類を郵送または電子データで提出することができます。申請書類の提出期限は、各回ごとに設定されているため、必ず注意してください。

令和6年度の申請書類スケジュールは、第1回 4月15日(月)~5月8日(水)、第2回 6月24日(月)~7月17日(水)、第3回 9月20日(金)~10月11日(金)です。

申請書類は、公社WEBサイトからダウンロードすることができます。具体的な書類には、商店街出店に関する確認書、申請書、月次資金繰り表などがあります。詳細な書類のリストは公募要領をご確認ください。

申請書類は、一次審査と二次審査のために必要なので、注意深く作成し提出してください。

4.2 選考プロセス

申請書類の審査は、一次審査と二次審査の2つの段階で行われます。

まず、一次審査では、資格や書類の審査が行われます。申請書類を基に、一次審査が行われます。一次審査を通過した申請者には、二次審査が行われます。二次審査では、面接審査や現地調査が必要に応じて行われることもあります。

審査の視点は、事業の実現性や妥当性、効果、経営者の適格性、独創性、商店街におけるリーダーシップなどです。これらの視点に基づいて審査が行われ、助成対象者が選ばれます。

審査結果は書面で通知されますので、注意して確認してください。また、申請額と実際の助成金額が異なる場合もありますので、注意が必要です。

申請するには、エントリーフォームへの登録が必要です。登録には「ネットクラブ会員サービス」への登録が必要ですので、事前に登録手続きを行っておきましょう。

以上が申請方法と選考プロセスの手続きの概要です。詳細な内容は公募要領やホームページをご確認ください。必要な書類を適切に準備し、審査の視点に合致する申請書類を作成しましょう。

5. 採択のためのポイントと審査基準

business

申請書類や面接審査での採択基準は以下のポイントによって評価されます。助成金を獲得するためには、これらの要素を適切に取り入れ、申請書を作成することが重要です。

申請書類のポイント

申請書類には、具体的な事業計画、資金計画、スケジュール、経営者の経験や資質、事業のオリジナリティなどの情報が含まれます。以下の項目に特に注意しましょう。

  1. 実現性: 提案される事業が実現可能かどうかを明確に示すことが求められます。具体的な計画を示し、資金繰りやスケジュールなどの詳細を示すことが重要です。
  2. 事業効果: 提案される事業が商店街の活性化にどの程度貢献できるかを評価します。商店街の波及効果や販促活動への貢献度などを具体的に示すと良いでしょう。
  3. 経営者の適格性: 経営者としての資質や意欲、事業の経験や知識、人脈などが評価されます。自身の経歴やスキルをアピールしましょう。
  4. 独創性: 提案される事業がオリジナリティを持っているかどうかが評価されます。他と差別化されたアイデアや創意工夫を示すと良いでしょう。
  5. 商店街におけるリーダーシップ: 商店街におけるリーダーとしての資質や意欲、今後の展望などが評価されます。自身のリーダーシップ能力や将来のビジョンを示しましょう。

面接審査のポイント

面接審査では、審査員との対話を通じて詳細な情報や意図を伝えることができます。以下のポイントに注意しながら面接に臨みましょう。

  1. 経営者の意欲と情熱: 経営者としての意欲や情熱をしっかりと伝えることが重要です。自身の事業に対する熱意やビジョンを語りましょう。
  2. 提案事業の具体性: 提案される事業の具体性や実現可能性を詳しく説明することが求められます。質問に対して具体的な回答をすることを心がけましょう。
  3. コミュニケーション能力: 商店街のリーダーとしては、コミュニケーション能力が重要です。審査員とのコミュニケーションを通じて自身の能力をアピールしましょう。
  4. 商店街への貢献度: 提案事業が商店街の活性化や発展にどのように貢献するかを具体的に説明することが重要です。商店街のニーズに合わせた提案をしましょう。
  5. 継続性と成果の持続性: 提案事業の継続性や持続的な成果を示すことが求められます。助成金を受けた後も事業を継続する意思や計画を示しましょう。

以上のポイントを踏まえたうえで、申請書類や面接審査に臨むことが大切です。助成金を受けるためには、自身の強みや提案事業の魅力をアピールし、審査基準をクリアする必要があります。

まとめ

若手・女性リーダー応援プログラムは、都内の商店街の活性化を促進するためのきめ細かな支援策です。申請資格や助成内容、申請方法など、プログラムの詳細を理解し、適切に応募することが重要です。応募にあたっては、事業の実現性や独創性、商店街におけるリーダーシップなどが審査の重要なポイントとなります。このプログラムを活用し、意欲と熱意を持った若手や女性の起業家が、地域経済の発展に寄与することが期待されています。

よくある質問

若手・女性リーダー応援プログラムにはどのような業種が対象になりますか?

プログラムでは、卸売業・小売業、不動産業・物品賃貸業、宿泊業・飲食サービス業、教育・学習支援業などが助成対象の業種となります。対象業種は比較的幅広く設定されており、商店街の活性化に寄与する事業が助成の対象となります。

助成金の内容と上限額は具体的にどのようなものですか?

助成金の内容は、事業所整備費、設備・備品購入費、宣伝・広告費、店舗賃借料などが対象となります。それぞれの上限額は、事業所整備費が400万円、WEBサイト制作・改修費が50万円、店舗賃借料が1年目180万円、2年目144万円、3年目120万円となっています。

申請方法と選考プロセスはどのようになっていますか?

申請は書類の郵送または電子データ提出で行われ、一次審査と二次審査の2段階の選考プロセスを経て助成対象者が決定されます。審査の視点は、事業の実現性、商店街への貢献度、経営者の資質などが重点的に評価されます。

採択のためのポイントと審査基準はどのようなものですか?

申請書類では事業の実現性、事業効果、経営者の適格性、独創性、商店街におけるリーダーシップなどが重要な評価ポイントとなります。面接審査では、経営者の意欲と情熱、提案事業の具体性、コミュニケーション能力、商店街への貢献度、継続性と成果の持続性などが審査の基準となります。


出典元:東京都中小企業振興公社 若手・女性リーダー応援プログラム助成事業


スタッフ大募集しています⇩
アフィリエイター
営業スタッフ
ウェビナー講師
テレアポスタッフ
営業事務
社会保険労務士
中小企業診断士


コメント欄でやりとりしよう!

質問/相談/実例/感想/など何でもok!
グループで討論すれば定着率10倍!
人に教えると18倍!
(わかった)を(できた)に変えよう。
圧倒的な手数で圧倒的な成果を!

この記事で少しでもお役に立てたなら幸いです。
ご意見、ご感想など、ぜひお聞かせください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事を書いた人

ハイタッチ・マーケティングブログ編集責任者
AIマーケティングイノベーター
毎日4時間の勉強を続けるマーケティングオタク
趣味は東南アジア節約旅行

=============================================================
発行責任者:ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合
発行者住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿1-36-2 新宿第七葉山ビル3F
運営事務局:050-5536-6444
E-mail :info@hmllp.org
HP :https://www.hmllp.org/
取扱サービス
公式X(旧Twitter)
公式Facebookページ
公式Instagram
公式YouTubeチャンネル
公式TikTok
=============================================================


Copyright(C) ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合