AIが変えられない世界、セールスの価値とその優位性

セールス(営業/ライティング)
この記事は約3分で読めます。

From ky

はじめに
世の中にはさまざまな職業がありますが、その中でも特に価値のある職業として「セールス」を挙げることができます。今回は、なぜセールスが価値を持ち続け、なぜそれがAIによって置き換えられないのかについて考察します。


商品が自動的に売れるわけではない
まず始めに理解すべきは、多くの商品やサービスが「ほっといても売れたらセールスは要らない」という事実です。しかし、実際はそうは問屋が卸してくれません。商品やサービスの価値を適切に伝え、顧客の購買を促進するためには、セールスの力が不可欠です。

例えば、新たに開発した革新的なソフトウェアがあるとしましょう。このソフトウェアは業界を変える可能性を秘めているかもしれませんが、それが自動的に売れるとは限りません。その価値を顧客に理解してもらうためには、セールスがその橋渡し役を果たすのです。


セールスに対する報酬
そして、商品やサービスを顧客に届け、企業の利益を上げるセールスに対しては、相応の報酬が支払われます。「リスクなく利益を出してくれる人がいれば会社は相応の報酬を払える」- これは、セールスの専門家が持っているスキルと専門知識に対する評価とも言えます。


セールスの困難性
しかし、セールスは決して容易な職業ではありません。「セールスは断られることが多く、辛い」- このような認識があるのも事実です。断られることは常に心に重くのしかかり、それを乗り越えて成功へと導く力が必要となります。


AIでは代替できないセールスの価値
それでは、なぜAIではこのセールスの役割を代替できないのでしょうか?その答えは、セールスが単に商品やサービスを売るだけでなく、人間と人間の間に存在する信頼関係を構築する役割を果たしているからです。AIは情報を伝達する手段としては優れていますが、感情や共感を通じた深い信頼関係を構築する能力は、現時点では人間にしか持っていません。


なぜセールスは儲かるのか
最後に、「なぜセールスは儲かるのか」について考えてみましょう。その理由は、上記のすべての要素が結合した結果、セールスが企業にとって価値のある職業となるからです。商品の価値を伝え、顧客との信頼関係を築き、結果的に企業の利益を上げる。この一連の流れを実現するのがセールスであり、その結果として儲かるのです。


まとめ
● 商品やサービスが自動的に売れるわけではない
● リスクなく利益を生み出すセールスには相応の報酬が支払われる
● セールスは断られることが多く、その困難性を乗り越える必要がある
● AIは情報伝達には優れているが、人間との深い信頼関係を築くことはできない
● セールスが儲かる理由は、これら全ての要素が一体となった結果、価値を生み出すからである
セールスは、企業と顧客との間に存在する価値ある橋渡し役として、その存在価値を確立しています。それはAIが代替できない人間の能力であり、そのために儲かるのです。


メール通知の配信を停止したい場合は、以下から解除手続きを行っていただけますと幸いです。


 


スタッフ大募集しています⇩
アフィリエイター
営業スタッフ
ウェビナー講師
テレアポスタッフ
営業事務
社会保険労務士
中小企業診断士


コメント欄でやりとりしよう!

質問/相談/実例/感想/など何でもok!
グループで討論すれば定着率10倍!
人に教えると18倍!
(わかった)を(できた)に変えよう。
圧倒的な手数で圧倒的な成果を!

この記事で少しでもお役に立てたなら幸いです。
ご意見、ご感想など、ぜひお聞かせください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事を書いた人

ハイタッチ・マーケティングブログ編集責任者
AIマーケティングイノベーター
毎日4時間の勉強を続けるマーケティングオタク
趣味は東南アジア節約旅行

=============================================================
発行責任者:ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合
発行者住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿1-36-2 新宿第七葉山ビル3F
運営事務局:050-5536-6444
E-mail :info@hmllp.org
HP :https://www.hmllp.org/
取扱サービス
公式X(旧Twitter)
公式Facebookページ
公式Instagram
公式YouTubeチャンネル
公式TikTok
=============================================================


Copyright(C) ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合