【必見!】「年収130万円の壁」突破のための助成金50万円、受付開始予定!

助成金、補助金、公的融資、etc.
この記事は約2分で読めます。

From ky

皆さん、こんにちは!今日は大変注目すべきニュースをお届けします。一部の労働者にとって厳しい**「年収130万円の壁」**を乗り越えるための支援策が始まるそうです。これはあなたの収入状況を大きく変える可能性がありますよ。

あなたが会社員や公務員の扶養家族として生活していて、年収が130万円を越えると社会保険料の負担が発生します。つまり、あなたが受け取る額が減ってしまうことになるのです。

そんな皆さんの悩みを解決するための新たな支援策が登場します。その名も、「年収の壁」穴埋め助成金。この助成金は、社会保険料を従業員の代わりに支払う企業に対して、従業員一人あたり最大50万円が支給されるのです。

🔹 助成金の詳細

  • 対象者:企業
  • 支給条件:従業員の社会保険料を負担
  • 助成額:従業員1人あたり最大50万円
  • 開始時期:2023年内に実施予定

では、「年収130万円の壁」について詳しく見てみましょう。

🔹 「年収130万円の壁」って何? 「扶養家族」とは、会社員や公務員が健康保険料や厚生年金保険料を負担している際に、その配偶者や子供等の家族のことを指します。扶養家族は、健康保険に加入せず、その保険料を支払う必要はありません。

しかし、「130万円の壁」は、パートやフリーランス等の収入が130万円を越えると、扶養家族とは見做されなくなり、社会保険への加入義務とその保険料の支払い義務が発生するという状況を指します。

年収が130万円を越えると、収入に応じた保険料の支払いが必要になり、一般的には収入の15%程度が社会保険料となります。

🔹 注意点 「130万円の壁」には、交通費も含まれます。例えば、年間給料が120万円でも、交通費が年間12万円あれば、社会保険料の支払い義務が発生します。

また、独身世帯は「扶養家族」にならないため、年収130万円以下でも社会保険料を払う必要があります。

以上、「年収130万円の壁」とそれを克服するための新しい支援策「年収の壁」穴埋め助成金について詳しく解説しました。今後の進展にも注目していきましょう。あなたの生活がより良くなることを心から願っています!


無料診断をご希望の方はこちらから!

こちらをクリック!

※申込が多数のため、締切が早まる可能性があります。お早めにご応募ください。


メール通知の配信を停止したい場合は、以下から解除手続きを行っていただけますと幸いです。


 


スタッフ大募集しています⇩
アフィリエイター
営業スタッフ
ウェビナー講師
テレアポスタッフ
営業事務
社会保険労務士
中小企業診断士


コメント欄でやりとりしよう!

質問/相談/実例/感想/など何でもok!
グループで討論すれば定着率10倍!
人に教えると18倍!
(わかった)を(できた)に変えよう。
圧倒的な手数で圧倒的な成果を!

この記事で少しでもお役に立てたなら幸いです。
ご意見、ご感想など、ぜひお聞かせください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事を書いた人

ハイタッチ・マーケティングブログ編集責任者
AIマーケティングイノベーター
毎日4時間の勉強を続けるマーケティングオタク
趣味は東南アジア節約旅行

=============================================================
発行責任者:ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合
発行者住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿1-36-2 新宿第七葉山ビル3F
運営事務局:050-5536-6444
E-mail :info@hmllp.org
HP :https://www.hmllp.org/
取扱サービス
公式X(旧Twitter)
公式Facebookページ
公式Instagram
公式YouTubeチャンネル
公式TikTok
=============================================================


Copyright(C) ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合