再配達率削減に向けた新たな取り組み!国土交通省の「再配達率削減緊急対策事業」とは?

助成金、補助金、公的融資、etc.
この記事は約3分で読めます。

はじめに

再配達は、物流業界における大きな課題の一つです。消費者が不在で荷物を受け取れないことが多く、結果として再配達の回数が増え、物流業者にとっての負担が増加しています。この問題に対処するため、国土交通省が新たに「再配達率削減緊急対策事業」を開始しました。本記事では、この対策事業の概要と詳細について詳しく解説します。

再配達の現状と課題

再配達は物流業者にとって大きなコスト負担となっています。消費者の都合に合わせた柔軟な配達が求められる一方で、再配達に伴う燃料費や人件費は増加の一途をたどっています。さらに、環境負荷の観点からも再配達の削減は急務です。

「再配達率削減緊急対策事業」の概要

国土交通省は、再配達率を削減するための実証事業に対して最大1.5億円の支援を行います。この事業では、消費者が荷物の受取方法を自ら選択できる仕組みを構築し、協力的な消費者にはインセンティブを付与することで、再配達の削減を目指します。

補助対象事業者

  • EC事業者
  • 物流事業者

補助対象事業の種類

  1. 再配達率削減システム改修事業
  2. 再配達率削減ポイント付与実証事業
  3. 物流負荷軽減アプリ実証事業

補助対象事業の詳細

再配達率削減システム改修事業

この事業では、再配達を減少させるためのシステム改修に対して最大1/2(最大1.5億円まで)の補助が提供されます。例えば、消費者が配送日時や受取場所を指定できる機能を強化するシステムの改修が該当します。

再配達率削減ポイント付与実証事業

再配達の削減に協力する消費者に対してポイントを付与する実証事業です。1配送あたり最大5円までの補助が支給され、消費者が自発的に再配達を避ける行動を促します。

物流負荷軽減アプリ実証事業

物流負荷を軽減するためのアプリ開発や改良に対して最大1/2(最大0.4億円まで)の補助が提供されます。このアプリは、消費者が受取方法を選択しやすくするための機能を含むものが対象となります。

インセンティブの仕組みと効果

再配達率削減に向けたインセンティブの導入は、消費者の行動変容を促す効果が期待されています。具体的には、再配達を避けることで得られるポイントや割引が、消費者の受取方法の選択に影響を与えます。これにより、再配達率の低減とともに、物流業者のコスト削減や環境負荷の軽減が実現されるでしょう。

スケジュールと重要な日程

この対策事業の公募期間は、令和6年5月31日(金)から6月28日(金)16時までとなっています。補助対象事業者の認定(交付決定)は7月中旬に行われ、事業期間は交付決定日から令和7年1月14日(火)までです。

再配達率削減の成功事例

過去に実施された再配達率削減の取り組みの成功事例を紹介します。例えば、ある物流会社では、受取場所を指定できるサービスを導入した結果、再配達率が大幅に減少しました。こうした成功事例は、今回の対策事業においても参考になるでしょう。

まとめ

再配達率削減は、物流業界全体にとって重要な課題です。国土交通省の「再配達率削減緊急対策事業」は、消費者の協力を得ることで再配達の減少を目指す画期的な取り組みです。EC事業者や物流事業者は、この補助金制度を活用し、効率的な物流システムの構築に向けて積極的に取り組むことが求められます。

これにより、再配達によるコスト削減や環境負荷の軽減が実現され、持続可能な物流の未来が切り開かれることでしょう。

※この記事を作成した『東大スタートアップ提供・ブログ記事作成用プロンプト』はコチラ


メール通知の配信を停止したい場合は、以下から解除手続きを行っていただけますと幸いです。


 


スタッフ大募集しています⇩
アフィリエイター
営業スタッフ
ウェビナー講師
テレアポスタッフ
営業事務
社会保険労務士
中小企業診断士


コメント欄でやりとりしよう!

質問/相談/実例/感想/など何でもok!
グループで討論すれば定着率10倍!
人に教えると18倍!
(わかった)を(できた)に変えよう。
圧倒的な手数で圧倒的な成果を!

この記事で少しでもお役に立てたなら幸いです。
ご意見、ご感想など、ぜひお聞かせください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事を書いた人

ハイタッチ・マーケティングブログ編集責任者
AIマーケティングイノベーター
毎日4時間の勉強を続けるマーケティングオタク
趣味は東南アジア節約旅行

=============================================================
発行責任者:ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合
発行者住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿1-36-2 新宿第七葉山ビル3F
運営事務局:050-5536-6444
E-mail :info@hmllp.org
HP :https://www.hmllp.org/
取扱サービス
公式X(旧Twitter)
公式YouTubeチャンネル
公式TikTok
=============================================================


Copyright(C) ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合