環境に優しい製品で地球を守る!ゼロエミッション推進に向けた東京都の中小企業支援

助成金、補助金、公的融資、etc.
この記事は約9分で読めます。

地球環境や気候変動への懸念が高まる中、持続可能な社会の実現が不可欠となっています。本ブログでは、東京都が実施している「ゼロエミッション推進に向けた事業転換支援事業」について、その重要性とともに詳しく解説します。製品開発助成や販路拡大助成など、中小企業の皆さまが環境に配慮した製品や技術の開発に取り組む際の支援内容を紹介しますので、ぜひご覧ください。

ゼロエミッション推進の重要性

sustainability

現代社会では、地球環境や気候変動への懸念が高まっており、持続可能な社会の実現が求められています。ゼロエミッション推進は、そのような課題に対応するための重要な取り組みです。

ゼロエミッションとは、温室効果ガス(CO2)の排出ゼロを目指す活動のことを指します。これは、人間の活動が地球環境に与える影響を最小限に抑えることを意味しています。

ゼロエミッション推進の重要性は以下のようにまとめることができます。

地球温暖化の防止

温室効果ガスの排出が地球温暖化の原因となっています。ゼロエミッションの推進により、二酸化炭素などの温室効果ガスの排出を減らすことができます。これによって、地球温暖化を食い止め、持続可能な地球環境を守ることができます。

エネルギーの効率化

ゼロエミッションの推進には、エネルギーの効率化が欠かせません。エネルギーの無駄な使用を減らし、効率的なエネルギー利用を促進することで、持続可能な社会の実現につながります。

新たなビジネスの創出

ゼロエミッション推進には、製品や技術の開発が欠かせません。新たなエコフレンドリーな製品や技術の開発に取り組むことで、新たなビジネスの創出が可能となります。さらに、ゼロエミッションに貢献する企業は、社会的な信頼性や競争力を向上させることができます。

持続可能な社会の実現

ゼロエミッション推進は、持続可能な社会の実現に向けた重要なステップです。地球環境や気候変動への対策を講じることで、将来の世代に美しい地球を引き継ぐことができます。

以上のように、ゼロエミッション推進は、地球環境の保護や持続可能な社会の実現に向けた重要な取り組みであり、中小企業においても積極的に取り組むべき課題です。ゼロエミッション推進の重要性を理解し、今後の事業展開においてもその考え方を取り入れることが求められています。

事業転換支援事業の概要

environment

事業転換支援事業は、東京都中小企業振興公社が実施している取り組みであり、東京都独自の取り組みであるゼロエミッション推進に向けた支援事業です。この事業は、持続可能な社会の実現を目指しており、環境に配慮した製品や技術の開発を支援することを目的としています。

事業転換支援事業の目的

事業転換支援事業の主な目的は、持続可能な社会を実現するためにゼロエミッションの推進を促進することです。特に、製造業を対象とし、これらの企業がゼロエミッションに貢献する製品や技術を開発し、持続可能なビジネス展開を図ることを期待しています。

助成対象事業の内容

事業転換支援事業では、製品開発助成と販路拡大助成の2つの支援が提供されています。製品開発助成では、ゼロエミッションに貢献する製品や技術の開発に取り組む中小企業を対象に、開発に必要な経費の一部を助成します。助成率は2/3であり、助成限度額は1,500万円です。また、複数の企業が共同で製品開発を行う場合は、助成限度額が3,000万円まで拡大されます。

販路拡大助成では、製品開発助成とは別に、販路開拓に必要な経費の一部を助成します。助成限度額は150万円です。製品開発助成での助成が決定した場合、採択企業専用の販路拡大支援枠が用意されており、こちらにも申請することが可能です。

追加の支援内容

事業転換支援事業では、製品開発助成と販路拡大助成に加えて、普及啓発イベントの開催やビジネスマッチングの支援も行われています。普及啓発イベントでは、ゼロエミッションに関連する情報や取り組みについて提供されます。また、都内の中小企業がゼロエミッション関連産業への参入を支援するため、ビジネスマッチングの機会も提供されています。

以上が、事業転換支援事業の概要です。ゼロエミッション推進に向けた製品や技術の開発を行う中小企業は、この支援事業を活用することで持続可能なビジネス展開を実現することができます。

製品開発助成の詳細

sustainable

ゼロエミッション推進に向けた事業転換支援事業では、都内中小企業等がゼロエミッションに資する製品の開発、改良、規格等適合化に取り組む際に必要な経費の一部を助成します。以下に、製品開発助成の詳細をまとめます。

助成内容

  • 助成率:2/3
  • 助成限度額:単独で1,500万円、共同申請では3,000万円まで助成
  • 助成対象経費:製品開発に要する経費の一部
  • 原材料・副資材費
  • 機械装置・工具器具費
  • 委託・外注費
  • 直接人件費
  • 不動産賃借料(実証実験等)

助成申請と手続き

  • 助成申請のエントリー期間:令和6年4月23日(火)~7月31日(水)
  • 電子申請期間:令和6年6月17日(月)~8月8日(木)17時00分まで
  • 書類審査/決定:8月~10月(予定)
  • 書類審査通過社には現地・面接審査があります。
  • 助成決定:令和7年2月予定

助成を受けるメリット

製品開発助成を受けると、企画構想から販売までの様々なフェーズにおいて、経費の一部が助成されます。具体的なメリットは以下の通りです。

  • 製品開発に必要な経費の2/3が助成される
  • 助成限度額は単独で1,500万円、共同申請では3,000万円まで
  • 製品開発助成決定者専用の販路開拓支援枠が利用可能
  • 販路拡大支援助成限度額は最大150万円

製品開発にかかる経費の一部を助成してもらうことで、中小企業はゼロエミッションに貢献する製品や技術を開発し、持続可能なビジネス展開を図ることができます。是非、ゼロエミッション推進に向けた事業転換支援事業での製品開発助成を検討してみてください。

販路拡大助成について

business

販路拡大助成は、ゼロエミッション推進の一環として提供される支援策です。採択された企業が販路を広げるためのサポートを受けることができます。

販路拡大助成とは

販路拡大助成は、企業の製品の販路拡大に関連する経費を補助する制度です。具体的には、展示会などの出展費用の一部が助成されます。

助成限度額

販路拡大助成の限度額は最大150万円です。ただし、製品開発助成も受けている場合にのみ適用されます。製品開発助成の採択者には、販路開拓支援のための特別枠があります。

販路拡大助成の申請方法

販路拡大助成を申請するには、まず製品開発助成が決定しなければなりません。製品開発助成が採択された後、別途申請手続きが必要です。申請は審査を経て採択され、助成金が支給されます。申請方法や必要書類の詳細については、公益財団法人東京都中小企業振興公社のウェブサイトを参照してください。

注意事項

販路拡大助成の助成金は、費用の2/3が助成されます。助成金の限度額は150万円までです。申請時には、助成対象となる経費の詳細な計画や予算書の提出が必要です。

以上が販路拡大助成の概要です。製品開発助成と併せて申請することで、販路拡大のサポートを効果的に受けることができます。詳細や申請方法については、東京都中小企業振興公社のウェブサイトを参考にしてください。

事例紹介

renewable energy

申請企業とテーマ

以下は、ゼロエミッション推進に向けた事業転換支援事業に申請した企業とそのテーマの一部です。

  1. Upside合同会社 – 洋上風力発電沿岸の海底地形アプリの開発
  2. エンネット株式会社 – 使用蓄電池の健全度及び再利用の新判定方法の開発
  3. 株式会社カワイチ・テック – バイオマス海洋生分解性プラスチック製品の開発
  4. 株式会社The MOT Company – 水素タンク外周部の軽量化量産技術の開発
  5. ニシハラ理工株式会社 – 次世代電池集電体の表面処理技術の開発
  6. 山下電装株式会社 – 太陽電池モジュール用ソーラシミュレータの開発

事例紹介

以下は、ゼロエミッション推進の一環として行われた事業転換支援事業の事例です。

  1. 洋上風力発電沿岸の海底地形アプリの開発(Upside合同会社)
    – Upside合同会社は、洋上風力発電の効率的な設置場所を見つけるための海底地形アプリの開発に取り組みました。このアプリは、海底地形データを分析し、風力発電設備の設置に最適な場所を特定することができます。

  2. 使用蓄電池の健全度及び再利用の新判定方法の開発(エンネット株式会社)
    – エンネット株式会社は、使用蓄電池の健全度と再利用可能性を判定する新しい方法を開発しました。この方法は、蓄電池の内部状態を分析し、適切な再利用方法を判断することができます。

  3. バイオマス海洋生分解性プラスチック製品の開発(株式会社カワイチ・テック)
    – 株式会社カワイチ・テックは、環境に優しいバイオマス海洋生分解性プラスチック製品の開発に取り組みました。これにより、プラスチック製品の廃棄物問題を解決し、循環型社会の構築に寄与しています。

  4. 水素タンク外周部の軽量化量産技術の開発(株式会社The MOT Company)
    – 株式会社The MOT Companyは、水素タンクの外周部の軽量化に関する量産技術の開発に成功しました。これにより、水素自動車の軽量化が進み、燃料効率の向上と環境負荷の削減が図られます。

  5. 次世代電池集電体の表面処理技術の開発(ニシハラ理工株式会社)
    – ニシハラ理工株式会社は、次世代電池の性能向上を目指して、集電体の表面処理技術の開発に取り組んでいます。この技術により、電池の充放電効率が向上し、エネルギー効率の高い電池の実現が期待されます。

  6. 太陽電池モジュール用ソーラシミュレータの開発(山下電装株式会社)
    – 山下電装株式会社は、太陽電池モジュールの性能測定を可能にするソーラシミュレータの開発に成功しました。これにより、太陽光発電の効率を向上させることができます。

これらの事例は、中小企業がゼロエミッション推進に向けた製品開発に取り組んでいる様子を示しています。これらの取り組みは、東京都のゼロエミッション東京戦略の実現に向けた重要な一歩となっています。

以上が、ゼロエミッション推進に向けた事業転換支援事業における事例紹介です。これらの事例からもわかるように、中小企業がゼロエミッションに貢献するためには、製品開発や技術の改良が欠かせません。東京都の支援を受けながら、更なる取り組みが進められることを期待しましょう。

まとめ

ゼロエミッション推進は、地球環境保護と持続可能な社会の実現に向けた重要な取り組みです。東京都の事業転換支援事業は、中小企業がこの課題に取り組むための有効なツールとなっています。製品開発や技術の改良、販路拡大に対する支援が用意されており、企業は製品開発助成と販路拡大助成を活用することで、ゼロエミッションに貢献するビジネスを展開できます。事例紹介からは、中小企業が自社の強みを活かし、革新的なソリューションを生み出していることがわかります。これからも、企業の取り組みと東京都の支援が相まって、持続可能な社会の実現につながることが期待されます。

よくある質問

ゼロエミッションとはどのようなことですか?

ゼロエミッションとは、温室効果ガス(CO2)の排出ゼロを目指す取り組みのことを指します。人間の活動が地球環境に与える影響を最小限に抑えることを意味しています。ゼロエミッションの推進により、二酸化炭素などの温室効果ガスの排出を減らし、地球温暖化を防ぐことができます。

事業転換支援事業の目的は何ですか?

事業転換支援事業の主な目的は、持続可能な社会を実現するためにゼロエミッションの推進を促進することです。特に製造業を対象として、ゼロエミッションに貢献する製品や技術の開発を支援し、中小企業の持続可能なビジネス展開を図ることを期待しています。

製品開発助成にはどのような特徴がありますか?

製品開発助成の主な特徴は以下の通りです。助成率は2/3であり、助成限度額は単独で1,500万円、共同申請では3,000万円まで拡大されます。助成対象となる経費には、原材料費や機械装置費、人件費などが含まれています。また、製品開発助成の採択企業には販路拡大支援の特別枠が用意されています。

販路拡大助成とはどのような支援ですか?

販路拡大助成は、製品開発助成を受けた企業を対象に、展示会出展などの販路拡大に関連する経費の一部を助成する制度です。助成限度額は最大150万円で、費用の2/3が助成されます。製品開発助成の採択企業は、この販路拡大助成を別途申請することができます。

出典元:ゼロエミッション推進に向けた事業転換支援事業(製品開発助成) | 事業 | 東京都中小企業振興公社 (tokyo-kosha.or.jp)


スタッフ大募集しています⇩
アフィリエイター
営業スタッフ
ウェビナー講師
テレアポスタッフ
営業事務
社会保険労務士
中小企業診断士


コメント欄でやりとりしよう!

質問/相談/実例/感想/など何でもok!
グループで討論すれば定着率10倍!
人に教えると18倍!
(わかった)を(できた)に変えよう。
圧倒的な手数で圧倒的な成果を!

この記事で少しでもお役に立てたなら幸いです。
ご意見、ご感想など、ぜひお聞かせください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事を書いた人

ハイタッチ・マーケティングブログ編集責任者
AIマーケティングイノベーター
毎日4時間の勉強を続けるマーケティングオタク
趣味は東南アジア節約旅行

=============================================================
発行責任者:ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合
発行者住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿1-36-2 新宿第七葉山ビル3F
運営事務局:050-5536-6444
E-mail :info@hmllp.org
HP :https://www.hmllp.org/
取扱サービス
公式X(旧Twitter)
公式Facebookページ
公式Instagram
公式YouTubeチャンネル
公式TikTok
=============================================================


Copyright(C) ハイタッチ・マーケティング有限責任事業組合